金桶に入ったうさぎ

うさぎの温度管理は1年中気をつける必要がありますが、特に注意したいのが夏場の暑さ対策。人にも熱中症の危険があるような辛い夏の暑さを、どう乗り切ればいいのでしょうか。うさぎのためにできる暑さ対策と注意点をお伝えします。

夏はうさぎにとって危険な暑さ

うさぎの画像

毛に覆われて汗をかくことがないうさぎは人よりも暑がりです。うさぎも熱中症にかかると命の危険があります。もし大事に至らなかったとしても、熱中症による脱水から腎不全を起こすと、腎臓のダメージは回復しません。熱中症にならなくても、暑さによるストレスから夏バテのようになり、食欲がなくなってしまうことも。そのまま胃腸うっ滞になって悪化すると、命に関わることもあります。うさぎが暑さで体調を崩してしまう前に対策をすることが大切です。

うさぎの飼育に適した温度は18~24℃、湿度は40~60%といわれています。暑いときでも室温は25℃以下が理想です。とはいえ、真夏の気温は35度を超えることもある昨今、うさぎがいる室内を25℃にしていると、飼い主が温度差で体調を崩してしまうこともあるでしょう。うさぎは25度を超えるとすぐに体調が悪くなるわけではありません。28~29℃を超えると体温調節が難しくなり、30℃度を超えると熱中症の危険が高まります。そこで室温は27℃以下、湿度は70%以下を徹底して、下で紹介する暑さ対策を併用し、できるだけ涼しい環境を作りましょう。

また、初夏の気温差にも注意が必要です。人間でも、同じ25℃であっても突然気温が上がったときはとても暑く、逆に気温が下がって25℃なら涼しく感じるものです。春になって気温が上がり始めた時期から暑さ対策を始めましょう。

うさぎが暑いときのサイン

うさぎ

次のような様子が見られたらうさぎが暑いと思っているサインです。

・冷たい床などに体を伸ばして横になっている

・呼吸が荒い

・水を飲む量が増える

・走って頭を揺らし、耳を振る 

このような様子が見られたら、すぐに室温を見直し、暑さ対策をしてあげましょう。急に気温が上がったときは、適温の範囲であっても暑く感じていることもあります。

うさぎの耳は体を冷やす役割があり、暑くなると耳の血管にたくさんの血が流れて血管が目立つようになります。これ自体は生理的な反応ですが、暑すぎて毛細血管まで充血して耳が赤く見えるのは熱中症のサインのひとつ。すぐに涼しい場所に移し、体調に異変がないかチェックしましょう。大量のよだれで鼻や口の周りが濡れている、ふらつく、立てなくなる、ぐったりしているといった様子も見られたら、冷たいタオルなどで冷やす応急処置をして、早急に動物病院を受診してください。

暑さ対策①エアコンで温度調節

暑さ対策の基本はエアコンで室温を調整することです。温度設定は25~28℃にして、夜間も28℃を超える場合はつけたままにしておきます。うさぎだけを残して外出するときもエアコンを使用します。電気代が気になるかもしれませんが、うさぎを飼ううえで夏の電気代は仕方がない出費です。こまめにつけたり消したりするよりも、つけっぱなしの方が電力の消費を抑えられるので、一度つけたらできるだけ長く使い続ける方が良いでしょう。またカーテンを遮光や断熱機能があるものに変えるなどして、冷気を逃さない工夫をしましょう。

なお、扇風機はエアコンの代わりにはなりません。人間は扇風機の風が当たれば汗が蒸散して涼しく感じますが、うさぎは全身が毛で覆われているうえ、汗をかかないので涼しくはなりません。耳に風をあてて体を冷やす仕組みはありますが、暑いときにそれだけでは不十分です。扇風機だけをつけてうさぎに留守番をさせるのはやめてください。

暑さ対策②冷感マットやプレートを置く

ケージの中に冷たいマットやプレートを置くことも定番の暑さ対策です。うさぎ用の暑さ対策アイテムとして、冷感接触生地で作られたマットやさまざまな素材のプレートが販売されています。プレートの素材は天然石やアルミ、セラミックやテラコッタなど。横になるとひんやりするので、夏場はうさぎのお気に入りの場所となることが多いようです。

暑さ対策③風通しをよくすることも忘れずに

うさぎは湿度が高い状態も苦手なので、ケージに湿気がこもらないよう、風通しにも気をつけましょう。またエアコンを使っていても、室内で温度差が生じることもあります。うさぎのケージのうえにも温湿度計を置いて、その場所がうさぎにとって快適な温度になるように調節してください。必要があれば扇風機やサーキュレーターでエアコンの冷気を送るようにします。

暑さ対策④ケージは直射日光が当たらない場所に置く

夏に限ったことではありませんが、うさぎのケージは直射日光が当たらない場所に置いてください。留守番中に日光が当たっていないかどうかもチェックを。窓の外にすだれやグリーンカーテンを設置するのもおすすめです。

停電にも慌てないよう防災準備を

地震や落雷などによる停電、突然の故障などでエアコンが使えなくなることも考えられます。万一に備えて、冷凍庫に水を入れて凍らせたペットボトルや保冷剤を常備しておきましょう。使うときはタオルなどに包み、ケージの中や近くに置いておけば、それで涼をとることができます。ビニールで覆われた保冷剤はうさぎがかじって中身を誤食することがあるので、ケースに入れてケージに入れるか、ケージの外で使用します。日頃は日当たりのいいリビングで過ごしている場合、北側の涼しい部屋や風通しが良い廊下に移動するなど、避難場所も考えておきましょう。

まとめ

うさぎの暑さ対策を紹介しました。特に子うさぎや高齢のうさぎ、長毛のうさぎ、病気や肥満気味のうさぎは暑さに弱いので、気温にとらわれず、うさぎの様子をよく見て調節するようにしてください。うさぎを飼って初めて迎える夏は心配かもしれませんが、「備えあれば憂いなし」を胸に、充分に準備をしておきましょう。

かわいいうさぎとの出会いをお探しなら

末永く一緒に暮らせる、大切な家族と幸せな出会いをしたいものですね。そんな出会いをお探しなら、ハローべいびぃを活用してみては?全国のペットショップからかわいいうさぎを探すことができる情報サイトです。エリアや品種などの条件から簡単に検索できるので、ぜひご覧ください!

ライター

佐藤華奈子

佐藤華奈子

大学の動物系学科を卒業後、教育情報誌、ライフスタイル誌の編集プロダクション勤務を経て、2009年よりフリーランスの動物ライターに。「動物を飼うことは動物と暮らすこと」をテーマに活動中。おもにペット、動物園、牧場の動物関連の雑誌、書籍などで執筆。2011年よりうさぎ(ネザーランドドワーフ)と暮らしているうさぎ愛好家。