シベリアン・ハスキーは狼のようなかっこいい印象の犬種です。しかし、そんなかっこいい姿とは裏腹に、可愛らしい表情やしぐさを見せてくれるのもハスキーの魅力の一つ。気になるハスキーの性格や気を付けたい病気についてご紹介します。

シベリアン・ハスキーってどんな犬種?

シベリアン・ハスキーの子犬

シベリアン・ハスキーはその名の通り、ロシアのシベリア地方原産の犬です。雪深い地域の移動手段や、荷物運びとして使われていたソリを引く犬として活躍していました。遠吠えする声がハスキーボイスだったことから、シベリアン・ハスキーと名付けられたといわれています。

ソリを引く力と長距離を走り続ける忍耐強さがあるので、お散歩のしつけは子犬のうちからしておかないといけません。また、一日1~2時間はお散歩に連れていくなど、運動はしっかりさせるようにしましょう。

また、極寒の地で生まれ育ったシベリアン・ハスキーは暑さにはとても弱いので、温度や湿度管理には気を付ける必要があります。

歴史

シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーの祖先は、シベリア地方に住んでいたチュクチ族が飼育していた犬だといわれています。その犬はそり犬として、スピード・耐久力ともに優れていました。

1909年、アラスカで開催されたそり犬レースに参加し、好成績を収めたことがきっかけで、シベリアン・ハスキーは世界中から注目されるようなりましたが、それ以上にシベリアン・ハスキーは大きな功績を残しています。

1925年、ジフテリアという病気がアラスカのノームの街で大流行したときに血清を運んだのがシベリアン・ハスキーの犬ぞりチームでした。

-50℃の猛吹雪で飛行機での輸送が困難だったため、アラスカの都市、アンカレッジからノームまでおよそ1000km近い距離をリレー方式で血清をつなぎ届けたといわれています。

シベリアン・ハスキーがAKC(アメリカンケネルクラブ)にて正式に犬種登録されたのは、それから5年後の1930年になってからのことです。

日本では、1980年代に「動物のお医者さん」というマンガをきっかけにハスキーブームが起こりましたが、前述したようにそり犬として活躍するくらい、とても体力がありパワフルな一面を持ってることから、飼育放棄の問題も高まりました。ハスキーの特性を理解したうえで、一緒にお出かけしたり、アクティブに遊びたい方におすすめな犬種です。

サイズ

シベリアン・ハスキーはJKC(ジャパンケネルクラブ)によると中型犬に分類される犬種です。

男の子では体高53cm〜60cm・体重20~27㎏ほど、女の子では体高50cm〜56cm・体重は16kg〜23kgになります。

性格は?

シベリアン・ハスキー

かっこいい見た目とは裏腹に、陽気で、人にはとても友好的で、飼い主に忠実です。

一方で、いたずら好きで、身体も大きくプライドが高い一面もあるためしつけで苦労することもあるかもしれません。成犬になったときに、きちんと言うことを聞いてもらえるように子犬のうちからしっかり根気強くしつけをすれば大丈夫です。賢く利口な犬種なので、飼い主次第で一緒に暮らしやすい子に育ってくれるでしょう。

被毛・毛色について

シベリアン・ハスキーの被毛はダブルコートで、極寒の地でも耐えられるよう密集したアンダーコートが特徴です。換毛期には大量の毛が抜けるので、ブラッシングは欠かせません。

毛色はホワイトベースにブラックからグレーの毛が全身に混じる色をイメージする方が多いのではないでしょうか。他にも、ブラックやグレーだけでなくブラウンの毛色もあります。頭部の模様は個体によりさまざまで、バリエーション豊かなところもハスキーの魅力です。

寿命はどれくらい?

AKCによると、シベリアン・ハスキーの平均寿命は12〜14年前後です。

犬の寿命は体の大きさによって変わり、小型犬に比べ大型犬の方が寿命は短くなります。

これは、心臓の大きさが小型犬も大型犬もほぼ同じ大きさのため、大型犬のほうがより負担が大きいからだといわれています。

しかし、ここ数年でフードも色々なものが出ていますし、医療も進んでいるので、寿命はあくまでも目安とし、飼育環境や運動など気を使ってあげて、愛犬と少しでも長く一緒にいられるといいですよね。

シベリアン・ハスキーの気を付けたい病気

シベリアン・ハスキーが気を付けたい病気は、「外耳炎」や「皮膚炎」の他、股関節が発育の段階で形態的な異常を起こすことによって、さまざまな症状を引き起こす「股関節形成不全」といった関節の疾患が挙げられます。

また、中・高齢になると「緑内障」や「白内障」にも気を付けましょう。

【関連リンク】

緑内障 <犬>|みんなのどうぶつ病気大百科
股関節形成不全 <犬>|みんなのどうぶつ病気大百科
白内障 <犬>|みんなのどうぶつ病気大百科

暑さにとても弱い犬種なので、暑さ対策は徹底しましょう。暑い時期には愛犬が過ごす部屋では必ずエアコンを使用して、温度や湿度の管理をしましょう。また、お散歩は、早朝や日が暮れた後などの涼しい時間に行くようにしましょう。

暑さには弱い反面、寒さには強い犬種なので、雪遊びなどを一緒に楽しむことができます。そ必要に応じて、犬用のシューズや雪用ウェア、肉球クリームなどを用意して、冬のアクティビティを楽しめるといいですね。

まとめ

シベリアン・ハスキーは、作業犬として古くから人々の生活を支えてくれていました。現在では家族の一員として、私たちを癒やしてくれる存在です。シベリアン・ハスキーの特徴をしっかり理解した上で、迎えるようにしてくださいね。

ライター

犬百科編集部

犬百科編集部

犬の飼い主歴10年以上の編集者が集い、毎日、犬の「あるある話」に花を咲かせ、情報交換している。編集部員の面々は、犬との暮らしがより健やかに、よりハッピーになるよう正確な情報をお届けするため、自己研磨の毎日である。