チョコレートは世界中で老若男女に愛される食べ物ですが、犬にとっては有害です。人間の生活に深く根付いている食べ物なだけに、飼い主は、うっかり犬がチョコを食べてしまったなどということがないよう、注意を払う必要があります。本記事では、犬にチョコレートが危険な理由や、万が一食べてしまったときの対処法について解説します。

犬にチョコレートを与えてはいけない理由

食卓の前でお座りする2頭のキャバリア

チョコレートを食べるとき、袋がたてるカサカサという音やチョコレートが含むバターの香りなどに誘われて、人間におねだりをする犬は少なくありません。愛犬がどんなに可愛くおねだりをしてきても、チョコレートは絶対に与えてはなりません。

そもそも人間の食べ物は、犬の身体にとっては糖分や塩分量が高すぎたり、消化できない成分、中毒性のある成分を含んでいたりと、犬にはよくない影響を与えるものが多いです。犬の健康を害し、場合によっては死に至るほど危険な食べ物もあります。チョコレートだけでなく、人間用の食材や味付けされた料理は与えないようにしましょう。

チョコレートに含まれている成分

チョコレート

チョコレートに含まれているテオブロミンという成分が中毒症状を引き起こします。このテオブロミンはチョコレートに使われているカカオに含まれる成分で、人間にはいい作用をもたらします。例えば血管を拡張させて血流量を上げるため、体温をあげる効果があったり、脳内物質のセロトニンに働きかけるため、リラックス効果をもたらしたりします。

しかし、これらのいい作用は犬にはもたらされません。犬はテオブロミンを分解、排出することができないので、体内に蓄積されて毒となります。そうすると神経や心臓に異常をきたしてしまうのです。

もちろん、テオブロミンだけでなく、チョコレートにわずかに含まれるカフェインや、多すぎる糖分なども犬には悪い影響を与える成分です。さらチョコレートがレーズンやナッツを含んでいる場合、中毒症状を発症する可能性のある食材が組み合わさることになります。万が一のことが起きて動物病院へかかる際には、チョコレートの商品名や含まれているものを伝えられるとより適切な処置を受けることができるでしょう。

犬がチョコレートを食べてしまったら…? どんな中毒症状が出る?

不安そうな犬

中毒症状とは、神経症状をはじめとする突発的な病状が見られることをいいます。

犬のチョコレート中毒の症状

チョコレート中毒にかかったときの症状には、さまざまなものがあります。落ち着きをなくし、うろうろし始める、歩き方がフラフラとする、興奮状態になる、ハアハアと呼吸が荒くなるといったものから、震え、不整脈や麻痺、嘔吐や下痢といったものまで…。犬や摂取量によっても、症状は異なります。中には、水をたくさん飲むようになったり、尿の量が増えたりといった、一見気付きにくい症状から始まることも。

摂取後、すぐに症状が見られることはあまりなく、早くてもだいたい2時間〜6時間ほどで異変が現われ始めます。中には数日後に症状が出るケースもあるので、犬がチョコレートを食べてしまった場合は、たとえ病院へ連れて行ったとしても、しばらくは注意深く観察する必要があります。

水の摂取や排泄量については、普段からそれぞれの時間や回数をメモしておくなど把握しておくことで、愛犬の変化がわかりやすくなります。

犬がチョコレートを食べてしまったときの応急処置は?

首をかしげるブルドッグ

飼い主にできることは多くはありません。もちろん、まだチョコレートを口に含んでいる場合は、すぐに取り出します。そのあとは、チョコレートのパッケージを持ってすぐに病院に連れていくようにしましょう。素人判断で間違った処置はしないようにしてください。

犬がチョコレートを食べたときの致死量は?

小型犬と大型犬とでは、同じ量を摂取しても身体にかかる負担は変わってきます。身体の大きい犬の方が、毒の量の許容値が多いです。また、チョコレートのタイプによっても出てくる影響は異なります。あまりカカオが使われていないチョコレートの方が毒性は低く、カカオ濃度が高いチョコレートの方が中毒症状の危険性が高くなります。ダークチョコレートの場合はたった数10gであっても大型犬に影響を及ぼすので、食べた量が少ないから大丈夫と安心する前に、犬のサイズやカカオの含有量から相対的に、そして冷静に判断しましょう。

動物病院での治療について

診察台の上のジャックラッセルテリア

動物病院では、対処療法が施されます。解毒薬などはありません。大抵の場合は胃に残っているものを吐かせる処置をしますが、それでも十分でない場合は胃洗浄を施すことがあります。場合によっては、下剤を飲ませることもあります。

犬がチョコレートを食べないようにする対策

食卓の下の犬

万が一の対処法などについてご紹介しましたが、まずは犬が食べないようにすることが何よりも大切です。犬と暮らしているからといってチョコレートを我慢する必要はありません。正しく対策を講じましょう。

保管場所について

犬が届かない場所に置きます。届くか届かないかは体高のみで判断せず、犬の身体能力や力の強さなども考慮します。パワーのある犬はジャンプしたり、棚を倒したりすることもありえます。しっかりと固定された棚の扉が閉まるところに置くようにしましょう。

また、嗅覚も聴覚も優れた犬は、バッグの中のチョコレートの存在にも気がつきます。出かけ先などで買ったチョコレートは鞄の中に入れたままにせず、すぐに安全な場所で保管してください。

人間の食べ物は与えない!

チョコレートだけでなく、人間用に調理されたすべての食べ物に共通して言えることですが、基本的に犬には犬用の食べ物を与えるのが一番安心で、犬の健康寿命を延ばすことにつながります。

チョコレートに焦点を当てると、チョコレート菓子として売られている食品以外にもさまざまな形状でチョコレートが使われている食べ物がたくさんあるので、注意してください。チョコチップクッキーやアイスクリーム、ホイップクリームのほか、ときにはドレッシングなどに使われていることもあります。犬を迎えたときから人間の食べ物は与えないことを徹底すると、思わぬ事故を未然に防ぐことができます

さいごに

お座りするジャックラッセルテリア

人間にとっては良い効果のある食べ物も、犬にとっては毒となる食べ物は、たくさんあります。チョコレートはその代表例です。犬は食べ物を与えると喜んで食べるかもしれませんが、だからといって必ずしも味わって美味しく食べていたり、身体にいい食べ物だったりするとは限りません。近くにいる飼い主が正しい知識を持って接することが大切です。

ライター

犬百科編集部

犬百科編集部

犬の飼い主歴10年以上の編集者が集い、毎日、犬の「あるある話」に花を咲かせ、情報交換している。編集部員の面々は、犬との暮らしがより健やかに、よりハッピーになるよう正確な情報をお届けするため、自己研磨の毎日である。