キャベツの上に乗る子猫の画像

キャベツをバリバリ食べる猫の動画を見た時や、飼っている猫が目を離した隙にキャベツを食べてしまった時、猫はキャベツを食べても大丈夫なの? と心配になりますね。そこで、猫はキャベツを食べてもいいのか、メリット・デメリットと合わせてご紹介します。

猫にキャベツをあげるのはいいこと?

猫とキャベツ

キャベツは体に良さそうだし、猫草を食べるくらいだから、キャベツをあげるのはいいことでは? と考える方も少なくないでしょう。確かにキャベツには猫にとって直ちに毒になるような成分は含まれていないので、食べること自体に問題はありません。ですが、猫にとっての適正量や影響について、詳しいことはわかっていません。あげすぎることで消化不良を起こす可能性もあります。現時点では、積極的にキャベツをあげることは推奨できません。メリットとデメリットを把握し、注意点も踏まえて慎重にあげるようにしましょう。

キャベツの栄養素について

キャベツは、ブロッコリーやダイコンと同じアブラナ科の野菜。その可食部には、さまざまなビタミンやミネラルが含まれています。ビタミンで特に豊富なのは、ビタミンCとK、葉酸。ビタミンCには抗酸化作用があります。ビタミンKには酵素の働きを助ける、骨を強くする作用が。葉酸は貧血予防の効果があるほか、妊娠中に積極的に摂りたいビタミンです。

そして、「キャベジン」と呼ばれる成分の「ビタミンU」も見逃せません。抗潰瘍作用があり、胃や十二指腸の潰瘍の予防や治療に効果があるといわれています。さらに、消化を助けてくれるデンプン分解酵素ジアスターゼも、ダイコンより多く含まれています。キャベツには食物繊維が多いように思われることがありますが、野菜の中では含有量は少ない方です。

メリットは?

キャベツの健康効果について、人間に対してはさまざまなことが唱えられていますが、猫の場合はどうでしょうか。食べられる量が限られているので、メリットは栄養効果よりも水分補給ができることと、ダイエット効果が期待できること、といえるでしょう。猫はあまり水分を摂ってくれないので、茹でキャベツを食べてもらえれば、水分摂取量を増やすことができます。また、ダイエット中だけれど食欲旺盛という場合は、フードに加えてごはんの量をかさ増しすることができます。おやつをキャベツに変えることもダイエットになりそうです。

デメリットは?

大前提として、猫に必要な栄養素は、猫用のフードに含まれています。キャベツはあくまで「副菜」程度に考えて下さい。そもそも、猫は肉食です。ダイエットの一助として与えるくらいなら問題ありませんが、キャベツを食べ過ぎで、必要な食事が摂れなくならないように注意しましょう。また、消化不良を起こして下痢をする可能性もあります。キャベツをあげる時は、量や調理上の注意点を守る必要があります。

猫にキャベツをあげるときの注意点

食事中の猫

猫が好む、猫にあげても問題がないといっても、やみくもにあげるわけにはいきません。猫にあげるときの注意点を見ていきましょう。

キャベツの調理方法は?

生のキャベツは猫にとって食感が良いようですが、固くて消化によくないので、茹でてからあげることをおすすめします。柔らかく茹でたうえで、細かくちぎったり刻んだりして、食べやすい大きさにして与えてください。外葉や芯の部分は避けて調理しましょう。

キャベツをあげる量や回数は?

1回に与える量の目安は、茹でて細かく切った状態で小さじ1杯程度といわれています。わりと少なめですね。たとえ猫が気に入っていても、キャベツでお腹いっぱいになってしまい、本来必要な栄養が摂れなくなってしまっては本末転倒ですし、この程度に留めておくのが良さそうです。

回数について明確な基準はありませんが、あげすぎを避けるためにも、特別なおやつまたはフードのトッピングとして、たまにあげるくらいがいいでしょう。

猫にキャベツをあげすぎると引き起こす症状・病気は?

毛布の上で横になる猫

人には体にいいイメージのキャベツですが、猫にあげすぎてしまうと病気にかかる可能性があるのか気になりますね。

下痢の原因に?

キャベツは猫にとっては消化しにくい食材。大きな葉をそのまま食べることや、たくさん食べてしまうことで消化不良を起こし、下痢の原因となってしまいます。そもそも、猫は肉食なので野菜や穀物を消化することは苦手。消化しやすいように調理して、少量に留めて下さい。
【関連記事】
猫の下痢は何で起こる? 飼い主が知っておきたい原因と対策

尿結石の原因に?

尿結石の原因物質のひとつ、シュウ酸がキャベツに含まれることから、尿結石を起こすのではないかと心配されています。それでも猫が食べる量からすると、たとえ食べ過ぎてしまったとしても、結石を招くほどの量ではないと考えられています。ただ、猫は尿結石になりやすいので、予防のために日頃から水をできるだけ飲んでもらうことは、キャベツをあげる・あげないに関わらず日常的に続け、膀胱炎になったり、結石ができたことのある猫は、摂取を控えた方がいいでしょう。
【関連リンク】
尿石症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

まとめ

まな板の上のキャベツ

意外にも猫が好んで食べるキャベツ。食べること自体に問題はなく、目を離した隙に食べてしまったとしても、心配して動物病院に駆け込む必要はありません。でも多量にあげてしまうと、お腹を下す原因に。必ず量と調理法を守ってあげましょう。少量をおやつやフードのトッピングにして、毎日の食生活の彩りにしてあげてください。

【関連記事】
猫の下痢は何で起こる? 飼い主が知っておきたい原因と対策
【関連リンク】
尿石症 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科
ネコちゃんの食事(4) <注意が必要な食材>|みんなのどうぶつ病気大百科

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

猫大好きオペレーターがお電話を承ります!
【ニャンともあんしんサービスセンター】0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※しつけカウンセラーや獣医師によるしつけ・健康相談はご契約者向けのサービスとなります。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険

どうぶつの病気に関するデータを公開

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

入江翠

入江翠

2015年、北里大学獣医学部獣医学科卒業。2015年4月~2017年2月まで、エルザ動物医療センター勤務。2017年4月アニコム入社。在学中から臨床研究室に所属し、卒業後は大規模な動物病院で臨床に従事し、犬猫の一般診療に携わる。現在はその経験を活かし、小動物の健康相談やセカンドオピニオンを担当。猫をこよなく愛しており、幼少の頃より猫にまみれた生活を送っている。