キャバリア

これまで「治らない」と言われていた病気に、慢性腸症、乾性角結膜炎、IMHAがあります。これらの病気を「治す」ための選択肢として、近年、動物の幹細胞を用いた「再生医療(細胞治療)」が注目されています。
本記事では、慢性腸症、乾性角結膜炎、IMHAに対して再生医療(細胞治療)を実施した結果、改善した症例をご紹介します。
※治療の効果については、その子の状態、対象の病気、投与方法などによって大きく異なります。

【関連記事】
▶「治らない」と諦めていたその病気に、「再生医療(細胞治療)」という新たな選択肢を
▶「再生医療(細胞治療)」による効果とは? ―実例をご紹介:椎間板ヘルニア①―
▶「再生医療(細胞治療)」による効果とは? ―実例をご紹介:椎間板ヘルニア②―

慢性腸症(12歳・ビーグルの場合)

慢性腸症とは、腸に原因不明の炎症がおこり、食欲不振、嘔吐、下痢といった症状が長く続く病気です。

慢性腸症で、すっかり痩せてしまった12歳のビーグルの子です。ごはんを食べても十分に栄養を吸収することができず、肋骨が浮き出ており、ウエストもほとんど肉が無い状態です。

■Before  再生医療(細胞治療)実施前
一般的な治療では効果がみられず、以前は10kg以上あった体重が5.8kgまで落ちてしまいました。

慢性腸症のビーグル

■After 再生医療(細胞治療)実施後
再生医療(細胞治療)実施から2年後の様子です。

慢性腸症を再生医療で治療した後のビーグル

腸から栄養を吸収できるようになり、5.8kgしかなかった体重も、11.0kgまで増やすことができました。

乾性角結膜炎(6歳・キャバリアの場合)

乾性角結膜炎とは、いわゆるドライアイで、涙が少なく目の表面に炎症を起こしてしまう病気です。

この6歳のキャバリアの子も、一般的な治療では改善することができず、目が赤くなり、濁ってきてしまいました。

■Before  再生医療(細胞治療)実施前

【幹細胞治療例】乾性角結膜炎の犬の眼

■After 再生医療(細胞治療)実施後
再生医療(細胞治療)実施から、わずか3週間後の様子です。涙の量が改善し、目の赤みや濁りがかなり改善したことが分かります。

乾性角結膜炎を再生医療で治療した後

IMHA(免疫介在性溶血性貧血)(8歳・トイマンチェスターテリアの場合)

IMHA(免疫介在性溶血性貧血)は、何かしらのきっかけによって体の免疫機能に異常がおこり、赤血球を破壊してしまい、貧血の症状が現れる病気です。酸素を運ぶ役割の赤血球が破壊されてしまうため、呼吸が苦しくなったり、食欲がなくなったりします。

この病気になってしまった8歳のトイマンチェスターテリアは、再生医療(細胞治療)実施前はぐったりとした様子であまり動けませんでした。 しかし、再生医療(細胞治療)実施19日目には、こんなに元気に動き回ることができるようになりました。

■After 再生医療(細胞治療)実施後

「動物再生医療技術研究組合」で行われる再生医療を受けた方に対して協力金のお支払い

アニコム損保では、2021年7月より、「動物再生医療技術研究組合」において対象となる臨床研究を受けた方に、『再生医療協力金』をお支払いしています。臨床研究をさらに進めることで、病気で苦しむ犬や猫を少しでも減らしたいという思いで取り組みをすすめています。ご興味のある方は、ぜひ下記をご確認ください。

協力金の概要や申請方法についてはこちらから▼
再生医療協力金詳細バナー

【関連記事】
▶「治らない」と諦めていたその病気に、「再生医療(細胞治療)」という新たな選択肢を
▶「再生医療(細胞治療)」による効果とは? ―実例をご紹介:椎間板ヘルニア①―
▶「再生医療(細胞治療)」による効果とは? ―実例をご紹介:椎間板ヘルニア②―

監修獣医師

河本光祐

河本光祐

岩手大学農学部獣医学科卒業後、岐阜大学大学院 連合獣医学研究科にて博士号を取得。2011年 アニコム損害保険株式会社に入社、保険金支払や経営企画、 獣医師としての臨床業務など幅広く従事。現在はアニコム先進医療研究所の代表取締役社長を務める他、再生医療の研究を行う動物再生医療技術研究組合の理事長も兼任する。 愛猫は病院保護猫のカキタロウ、ツブスケ。