ぱっちりと丸くてとてもかわいいうさぎさんのお目目。

そのチャームポイントである目から涙や目やにがたくさん出て、目頭あたりがポッコリ腫れていたら、涙嚢炎(るいのうえん)になっているかもしれません。

うさぎの涙嚢炎は、涙嚢という涙をためる袋が炎症を起こす病気です。

治療は長期にわたることが多いため、予防や早期発見が重要になります。

今回は涙嚢炎について詳しく解説したいと思います。

うさぎの涙嚢炎ってどんな病気?

うさぎの目

眼の表面は、常に涙で覆われています。

涙は、眼の表面を潤わせることで外界の刺激から眼を守る、酸素や栄養を眼に供給するなど、様々な役割を果たしています。

涙腺というところから分泌され、眼の表面を潤した後、涙点というまぶたにある穴から吸い込まれて涙小管→涙嚢(涙を一時的に溜める袋)→鼻涙管と通り、最後は鼻腔に流れていきます。

うさぎの涙嚢炎は、涙嚢とその周囲の組織が炎症や細菌感染を起こす病気です。

うさぎの涙嚢炎はどんな症状が出る?

白~黄色っぽい、膿んだようなドロッとした目やにが目頭に付着します。

また、涙嚢のある部分(目頭のやや鼻より)が腫れてボコッとふくらみます。炎症が強い場合には、痛みを伴うこともあります。

涙が鼻にうまく流れていかないことで涙が眼からあふれる状態になります(流涙症といいます)。うさぎの涙は、犬や猫と比べて涙に含まれる油分が多いため、乾燥すると目のまわりが白くガビガビな状態になります。そのため、眼回りの皮膚がジュクジュクと炎症を起こして、毛が抜けてしまうこともあります。

結膜や角膜に炎症が広がると、白目が赤くなったり、眼の表面が白くなったりすることもあります。

うさぎの涙嚢炎の原因は?関連する病気はある?

鼻涙管の炎症や細菌感染から波及して発症することが多いです。うさぎの鼻涙管の炎症や細菌感染の原因でよく見られるのは、歯の咬み合わせが悪くなる不正咬合によるものです。不正咬合になると、歯の根元が伸びることで鼻涙管を物理的に圧迫し炎症を起こします。また、鼻涙管が閉塞されることで涙が涙嚢に過剰にたまり、二次的に細菌感染を起こしやすくなります。

その他に、うさぎのスナッフル(鼻性呼吸)の原因として有名なパスツレラ菌や、常在菌であるブドウ球菌などが鼻涙管や涙嚢で増殖し、化膿、炎症を起こすことで発症するケースもあります。

うさぎの涙嚢炎の診断方法は?

膿んだ目やにがあり、涙嚢がはれ、そこを押すと涙点から白い膿んだ粘液が出てくる場合、涙嚢炎と診断します。

粘液を採取し、増えている菌の性状や効果のある抗生剤の種類を検査し、治療に役立てます。

うさぎの涙嚢炎はどんな治療をするの?

うさぎの写真

鼻涙管洗浄を行います。うさぎの涙点は下まぶたのみにありますが、そこから細い管を入れて、生理食塩水を流し込んで洗浄します。涙嚢にたまった膿んだ粘液が逆流して涙点からあふれ出たり、押し流されて鼻から出てきたりします。

また、細菌感染の治療として抗生剤を使用します。目薬や内服薬があります。

治療は長期にわたるケースが多く、繰り返しの鼻涙管洗浄と、長期的な抗生剤の投与が必要になります。

歯の不正咬合が原因の場合、涙嚢炎の治療のみでは再発する可能性が高いため、歯に対しても同時に治療を行います。

うさぎの涙嚢炎の予防法は?

鼻涙管の炎症や閉塞から波及することが多いため、流涙や涙目、涙やけが認められたら早めに病院に行きましょう。

また、鼻涙管の炎症の主な原因である不正咬合を起こさないように、歯の伸びすぎを防ぐこともとても大切です。

ペレットや野菜など柔らかいものばかり食べていると、歯がうまく削られず伸びてしまうため、牧草などの硬いものをしっかり食べさせるようにしましょう。

また、うさぎのスナッフル(鼻性呼吸)から涙嚢炎につながることもあるため、くしゃみや鼻水などの呼吸器症状にも注意が必要です。

涙で皮膚が濡れていると、気にして前足でこすってしまい皮膚や眼を傷つけてしまうことがあります。こまめに涙を拭いてあげるといいでしょう。

まとめ

うさぎの涙嚢炎は、発症すると長期的な治療が必要になるため、予防や早期発見が重要になります。気になる症状があれば早めに病院に相談するようにしましょう。

また、眼の異常に早めに気付くために、日常的に眼をチェックしたり、眼周囲を拭いて清潔にしたりすることも大切です。眼周囲を触れるようにしておくと、点眼治療が必要になった場合にもスムーズに行うことができます。

監修獣医師

石川美衣

石川美衣

日本獣医生命科学大学卒業。2008年、獣医師免許取得。卒業後は横浜市の動物病院で診察に従事、また東京農工大学で皮膚科研修医をしていました。2016年に日本獣医皮膚科認定医取得。現在は川崎市の動物病院で一次診療に従事。小さいころからずっと犬と生活しており、実家には今もポメラニアンがいて、帰省のたびにお腹の毛をモフモフするのが楽しみ。診察で出会う犬猫やウサギなどの可愛さに日々癒されています。そろそろ我が家にも新しい子を迎えたいと思案中。