アニコム防災PROJECT

2011年に発生した東日本大震災は、災害に対する私たちの知識や心構えを根底からくつがえすほどの爪痕を残しました。多くの方々が被災したと同時に、犬・猫をはじめとするどうぶつたちもまた、多数犠牲となりました。どうぶつの災害対策はもはや健康管理やしつけと同様に、飼い主が向き合わねばならない課題のひとつです。

愛する彼らを守るために、いったい何ができるのか。どうぶつと生きる企業の一員として、そしていち飼い主、いちどうぶつ好きとして、私たちは「どうぶつの防災」に向き合っていきたいと思います。正解が出せる簡単な問題ではありませんが、考えて、考え抜くことが、大切なわが子を救うことにつながると信じています。


どうぶつの防災 種類別ポイント

ひとくちにどうぶつの防災といっても、人と共に行動する可能性が高いワンちゃんと、カゴの中で暮らしている鳥さんでは、おそらく防災を考える上でのポイントが異なるでしょう。そこで、アニコム有志によるどうぶつ研究グループ「スピーシーズ」の各どうぶつ種別チームに、それぞれのどうぶつのための災害対策について考えてもらいました。

アニコム オリジナル防災手帳、作りました

同行避難が叶わない場合や、万が一はぐれてしまった時、わが子のプロフィールや健康状態を記したものがあると、預け先への申し渡しや迷子捜索の初動がスムーズにいくはず。そのときに便利な、どうぶつ種別「アニコム オリジナル防災手帳」を作りました。必要事項を記入し、ぜひ防災用品に加えてください。
下記の各どうぶつ種別コラムのダウンロードボタンからご利用いただけます。

犬の場合

災害時を意識したしつけの見直しを

おそらく犬は同行避難をする可能性がもっとも高いどうぶつでしょう。それだけに、不特定多数のなかでもトラブルなく過ごすためのしつけとマナーが求められます。防災用品の準備などと同時に、愛犬をしっかりコントロールできるか、見直してみてください。

犬の災害対策はこちら

犬用 防災手帳

猫の場合

日ごろからキャリーバッグに慣らしておこう

外に出る機会が少ない猫は、キャリーバッグでの移動自体がストレスに。健康診断がてら定期的に通院してみるなど、できる範囲で慣らしましょう。また、もうひとつ怖いのが、パニック。窓や扉から飛び出して迷子にならないよう、脱走防止策もお忘れなく。

猫の災害対策はこちら

猫用 防災手帳

鳥の場合

ケージごと倒れてケガをしたり、カゴから逃げてしまうような事態に陥らないためにも、鳥のケージはしっかりと転倒防止策を施しましょう。また、猫と同様、パニックでケガをしないようご注意を。

鳥の災害対策はこちら

鳥用 防災手帳

うさぎの場合

常に食べてお腹を動かしていないと1~2日で具合が悪くなってしまううさぎ。食欲が落ちてきたときに備え、流動食やスポーツドリンクなどの経口保水液を準備するなど、食事対策をしておくと安心です。

うさぎの災害対策はこちら

うさぎ用 防災手帳

フェレットの場合

危険が迫っているとき、スムーズに避難ができるよう、キャリーやケージに、フェレットが愛用しているハンモックやトイレをあらかじめ設置しておくと便利。速やかな避難が可能になるでしょう。

フェレットの災害対策はこちら

フェレット用 防災手帳

小動物の場合

犬猫に比べ、救援物資から生活必需品を確保することが難しいであろう小動物。食餌類や床材など、必要最低限のものをご自身でしっかり準備しておくことが、より重要になるでしょう。また、温度管理や移動が難しいどうぶつ種もいるので、同行避難だけでなく、在宅避難、車中避難なども視野に入れておく必要があるかもしれません。

小動物の災害対策はこちら


災害時に愛犬とあなたを守るしつけ

前段の通り、人と過ごす機会が多い犬の場合、災害対策の一環としてしつけがされていることは、とても重要です。そこで、アニコムのドッグトレーナーとともに、「災害時に必要なしつけ」について考えてみました。
なじみ深いしつけや号令ばかりかもしれませんが、今一度しっかり身につけておくことが、いざというとき、愛犬とあなたの命を守るはずです。

記事詳細はこちら


どうぶつの防災 アニコムの取り組み

災害用どうぶつ診療車導入 災害支援の拠点に

2015年6月、2台の災害用診療車を導入しました。機能できなくなった被災地の動物診療施設に代わり、被災地でのどうぶつの診療・救護活動の拠点として活用されています。2016年4月の熊本地震では熊本に、2018年7月の西日本豪雨の際には岡山に派遣され、災害支援を行っています。平常時には、広報活動の一環として、各種イベントでの健康診断といった健康啓発活動に使用しています。

どうぶつ用災害診療車の車窓から

【西日本豪雨災害】どうぶつ用災害診療車と見た被災地

迷子捜索サポート 被災地域の迷子どうぶつ捜索を支援

平常時はアニコム損保のご契約者、およびご家族を対象にご提供している「迷子捜索サポート」サービス。災害発生時は特別措置として、被害が大きかった対象地域に限り、すべての方にご利用いただけるよう解放しています。
2018年6月の大阪北部地震、7月の西日本豪雨、9月の北海道地震発生時などにサービス提供を行いました。

迷子捜索サポート

飼い主向け防災セミナーの開催

ご契約者を対象に、どうぶつの災害対策についてのセミナーを開催しています。専門家による講演や、どうぶつ診療車で行った災害支援に関する活動報告、災害時に役立つグッズ作りのワークショップなど、さまざまな角度から防災について考えることにより、ペットの防災に関する意識向上に貢献しています。犬、猫のほか、うさぎの飼い主を対象としたイベントなどもあります。

『ペットも自分も守る!防災教室』開催しました!

ペット保険は、シェアNo.1
アニコム損保にお任せください!

※シェアは、各社の2017年の契約件数から算出しています。(株)富士経済発行「2018年ペット関連市場マーケティング総覧」調査