忍び歩きをする猫

近頃テレビで関節保護のサプリメントのCMをよく見かけます。私たちは日々、足腰を使って生活をしていますが、その要となる関節に不調があれば、生活の様々な面に影響が及ぶのは想像に難くありません。人間の悩みの種の一つである関節炎ですが、実は猫も関節炎になってしまうことがあります。しかも決して珍しい病気ではなく、高齢の猫ではよく見かけるものであるというのは意外と知られていません。今回は猫の関節炎について、お話しします。

「関節炎」とは?

伸びをする猫

関節炎の話をする前に、まず関節について説明します。関節とは、骨と骨との継ぎ目の部分のことを指します。関節は骨の屈曲や回転といったさまざまな動きを可能にしています。関節部分では直接、骨と骨とが接触することはありません。関節の周りは、靱帯で構成された「関節包」と呼ばれるカバーで覆われています。これによって骨同士のズレを防止しているのです。この関節包の内部に軟骨で構成された組織や「滑膜(かつまく)」があり、クッションの役割を果たします。さらに「滑液(かつえき)」と呼ばれる液体が内部を満たしていて、関節の動きをスムーズにするために作用します。歯車の動きをよくするために、潤滑油を使用するのと同じような作用です。

このような構造を持った関節は、膝や肘といった四肢だけでなく全身に存在します。この関節の構造が、猫自身の問題あるいは外部の問題によって正常でなくなってしまうと、関節炎と呼ばれる状態になります。ちょうど、機械に定期的なメンテナンスとして油をささないでいると、動きがぎこちなくなったり異音したりするのと同じです。ヒトは二足歩行で生活しているので膝や股関節などに症状が多くみられますが、四足歩行の犬や猫では後肢だけでなく、前肢の肘や肩、手根(手首のこと)にも関節炎の症状が見られます。猫は関節炎の発症が比較的多いのですが、普段の生活の中ではなかなか気づきにくいのが特徴といえます。

「関節炎」の原因は?

スコ座りするスコティッシュ

猫の関節炎で最も多く見られるのは、変形性関節症と呼ばれるものです。その字の通り、関節やそのまわりにある組織が変形することによって、本来の関節の機能に不具合が生じてしまいます。
この変形性関節症は「一次性変形性関節症」と呼ばれるものと、「二次性変形性関節症」とに分類されます。

・一次性変形性関節症
一次性(=原発性)の変形性関節症は、その多くが年齢を重ねることによって関節に物理的な負担が蓄積した結果、関節内部にある軟骨をはじめ骨の関節面に摩耗や変形を起こしたものを指します。TVCMなどでも「軟骨がすり減ると痛みや違和感が…」のような紹介がされますが、これは猫も同様です。軽度な関節軟骨の疲労や損傷であれば自己修復ができますが、重度の関節負担や、加齢によって関節保護を十分に行えず負担が多くかかってしまうと、その周囲にある滑膜と呼ばれる部分に炎症が起きます。

また、関節内にある滑液の性状も変化します。滑液には軟骨を保護するヒアルロン酸という成分が含まれますが、関節炎になるとこの成分が酵素によって分解され、軟骨の代謝を悪化させます。一次性変形性関節症は、品種に関係なく発生するリスクがあります。

関節に過剰な負担がかかる要素として、肥満が挙げられます。室内飼育で不妊手術を行っている猫の場合、肥満になりやすいと言えます。運動不足や体重増加によって、関節そのものに損傷を与えてしまうことがあるのです。

・二次性変形性関節症

一方、二次性変形性関節症は、何か他の原因が影響して関節に問題が生じてしまうものを指します。代表的なものとして、スコティッシュ・フォールドの「骨軟骨異形成症」という遺伝が関連した疾患があります。これは関節に過剰な負担がかかったことで生じたものではなく、成長段階で関節の構造に異常が生じてしまうものです。そのほか、特定の猫の品種によって関節に問題が生じるものがあります。シャム種では股関節の異形成、デボン・レックスでは膝蓋骨(しつがいこつ)が脱臼することで膝の関節に異常をきたすことがあります。

どんな症状になる?

窓辺で寝ている猫

では、猫が関節炎になった場合にどのような症状が現れるのでしょうか? 冒頭で触れた通り、多くの猫がこの症状に悩んでいます。いくつかの統計的な報告がありますが、およそ半分程度は何らかの関節炎を持ち合わせていると言われています。
しかしながら、関節炎と診断されることは少ないのが現実です。それはなぜでしょうか? いくつか理由がありますが、症状が徐々に進行していくことと、発症していてもなかなか気づきにくいという点が挙げられます。これこそが猫の関節炎の特徴となのです。

猫の場合、気づきにくい?

猫が高齢になった時、日々の生活をどのように送っているか想像してみてください。多くの方が、寝る時間が増えた、動きが緩慢になった、好奇心が低下したといったことを連想するのではないでしょうか。実際、猫が関節炎を患っているかもしれない兆候には以下のようなものがあります。
・階段や段差の昇り降りをしなくなった、あるいはおっくうな様子を見せる
・毛づくろいや爪研ぎをしなくなった、回数が減った
・ジャンプしくなった
・寝ている時間が増えた
・身体を触られることを嫌がる
・遊ぶ時間や頻度が減った
・トイレの使用が以前よりスムーズでない

これらを見たときに「これって年を取ったせいだよね?」と考えがちだと思います。いわゆる「年のせい」という先入観が、猫の関節炎の存在をわかりにくくしているのです。本来猫は柔軟性の高い動物です。ジャンプ力や瞬発力が高いのは、必要十分な筋肉と関節が持つ能力を活かして得られるものです。関節炎になってしまうと、関節を動かせる範囲(可動域)が狭まります。また関節を動かすたび痛みが生じることが想定されます。痛みによって柔軟性もなくなってしまうと、上記のような症状につながっていくのも頷けるのではないでしょうか?
猫の場合、見た目ですぐに関節炎だとわかる症状があまりないので、つい見逃してしまい、気が付いた時にはかなり進行していることが少なくないのです。

関節炎の診断方法

猫の関節炎を診断するためには、家族の方から上記のような様子が見られるかどうかを伺います。そして、実際に触って関節の動き方に問題がないかをチェックし、レントゲン検査を行います。ごく初期の場合は判別が難しい場合がありますが、症状が進行してくると、本来滑らかなはずの関節面に細かな凹凸が発生することがあります。また、骨棘(こつきょく)と呼ばれる部分的な骨の出っ張りや軟骨の変性が生じることもあります。重度の場合は、関節の腫れも見られます。重度になるほど痛みが持続的に生じ、活動性がさらに低下し、排泄するのも困難になるなど生活の質(QOL)が下がりますので、早めに診察や検査を受けましょう。

「関節炎」になってしまったら…

飼い主に抱かれて撫でられる猫

猫で多く見られる関節炎は、変形性関節症です。つまり、関節の構造そのものが変形するため、持続的な関節の違和感があったり、運動を嫌がったりするようになります。つまり、これらと長期にわたってうまく付き合っていく必要がある、ということです。そのためにやるべきことは、できるだけ現状で発生している関節炎を悪化させることを防ぎ、その上で猫が極力痛みや生活に支障が生じないような環境を整えていくことです。関節炎に対する治療の詳細は下記で紹介しますが、これらは比較的長期にわたって行っていく必要があること、また関節に負担をかけないような身体作りも心がけていきたいところです。

治療法は?治療費は?

関節炎の具体的な治療は、内科治療です。靱帯の断裂や半月板の重大な損傷が認められる場合には外科手術による治療が必要となりますが、関節の変形や関節面を整えるというのは、外科的治療では困難な部分です。
大原則として、関節から生じる痛みをできるだけ緩和していきます。一般に痛み止めと呼ばれるものとして「非ステロイド系抗炎症薬」が有効です。このタイプの薬はヒトや犬では頻繁に用いられていますが、猫の場合は特有の薬物代謝の仕方が影響して、副反応の発生や長期使用には適さないことがこれまで課題となっていました。しかしながら近年、猫にも安全に使用できる非ステロイド系の薬が開発され、治療に使われるようになりました。
これによって猫への痛みの管理がしやすくなり、生活の質向上に寄与しています。使用に当たっては、獣医師から指示のあった用法と用量をきちんと守るようにしましょう。安全性は向上しましたが、消化器や血小板の機能に影響が生じることがありますので、定期的な検診が必要です。

一方、関節保護目的のサプリメントを併用するケースもあります。
鎮痛剤は症状に対する治療となり、関節炎の原因に対するアプローチではありません。適正体重をオーバーしている場合は、関節に余計な負荷がかかることになるので、減量も重要な治療のひとつとなります。食事の内容や摂取量などを見直し、関節をいたわることが重要です。
関節炎があると動きが鈍くなりがちですが、適度に身体を動かすことが関節炎の改善につながります。関節の周りには筋肉組織が存在します。筋肉は、関節にかかる負担の一部をカバーします。身体に負担がかからない程度の運動を続けることで、関節の機能を悪化させずに維持することが期待できます。

その他、炎症部位やその周辺に対する理学療法を行うことがあり、レーザー治療や鍼灸が有効な場合があります。適度に身体を動かして体力低下を招かないようにしつつ、関節の悪化を防ぎ、できるだけ良いコンディションを保ちます。

外科手術が必要でない場合であっても、内服やサプリメント、理学療法などを続けることが多いため、1ヶ月のコストは数千円~となることが多いようです。

予防方法はある?

関節炎の予防には、適正な体重を維持し適度な運動を行うことが重要です。予防に対する特効薬はないため、いかに関節に過剰な負荷をかけないかがポイントとなります。また、特定の品種では関節炎になりやすいことが知られているので、該当する場合は普段から猫の動きをよく観察しておくことをおすすめします。

まとめ

猫の関節炎は、かなり高い頻度で発生しているにもかかわらず、加齢によって動きが鈍くなったものとほぼ同様であるため、案外見逃してしまっているケースが多いというところが特徴です。確かに年を取れば動きが緩慢になるほか、寝ている時間も長くなります。見分けがつきにくい部分が多いため、家族による観察に加え、専門的なチェックを受けることが重要です。軽度の関節炎であれば、日常生活に重大な支障が出る前に対策を取ることができます。シニア期になったら、健康診断として関節チェックを受けてみてはいかがでしょうか?

病気やケガをする前に…

病気やケガは、いつわが子の身にふりかかるかわかりません。万が一、病気になってしまったり、ケガをしてしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。

病気になる前に…

病気はいつわが子の身にふりかかるかわかりません。万が一、病気になってしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

【どうぶつの病気に関するデータを公開

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

増田国充

増田国充

北里大学を卒業し、2001年に獣医師免許取得。愛知県、静岡県内の動物病院勤務を経て、2007年にますだ動物クリニック開業。現在は、コンパニオンアニマルの診療に加え、鍼灸をはじめとした東洋医療科を重点的に行う。専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー非常勤講師、国際中獣医学院日本校事務局長、日本ペット中医学研究会学術委員、日本ペットマッサージ協会理事など。趣味は旅行、目標は気象予報ができる獣医師。