白い布に埋もれて寝る子猫

猫は「寝る子」からついた名前だと言われるほど、よく寝る動物です。
しかし、一言に「寝る」と言っても、環境や猫の性格によっても寝るときの姿は違います。ツンデレな猫だったとしても、寝姿で「暑いのか、寒いのか」「リラックスしているのか」など、体調や気持ちを見て取ることができます。

猫の寝方は季節によって変わる?

猫の寝方が季節によって変わるのは、体温の調節に大きく関係があります。
私たち人間も寒いときには背中を丸めたり、無意識に手や身体をさすったりしますよね。暖かい日は、日光浴をしたり、タオルケットを掛けないでお昼寝してしまったりすると思いますが、猫も同じです。

猫の耳や足先には毛細血管が多くあり、暑いときには拡張して体内の熱を放出し、寒いときには収縮して熱を逃さないようにしています。
また冬は空気を直接取り込む鼻が冷たくなりやすいので、眠るときには鼻も覆っていることが多いです。

夏の暑い日はのびる

部屋で伸びて寝ている猫

暑い時には身体の中の熱を放出するために、手足を伸ばして寝たり、冷たい場所を選んで、効率よく身体を冷やすためにお腹を下にして寝たりします。

冬の寒い日は丸まる

猫のアンモニャイト

童謡「ゆき」の歌詞で「猫はこたつで丸くなる」とあるように、気温が低く寒い時には身体から熱が逃げないように丸くなって眠る姿がよく見られます。
その姿がアンモナイトの渦巻に似ていることから「アンモニャイト」と呼ばれたりもしています。また、多頭飼いなど複数匹いる場合には、身体をお互いにくっつけて寝る「猫団子」もよく見られます。

体調が悪い時の寝方は?

猫は体調が悪いことを隠す傾向があります。そのため、いつもとは違う場所で寝たり、飼い主から見えにくい狭い場所や高いところなどで寝ることが多くなります。
とはいえ、猫はもともと狭い場所や高いところが好きなので、寝方だけで体調不良を見極めるのは難しいです。食欲はあるか、下痢や嘔吐はしていないか、撫でようとすると怒るなどいつもと違ったことはないか、さまざまな視点から様子を見ることが大切です。

寝姿から気持ちを読み解く

動物は言葉が話せませんが、その代わりに行動から気持ちを読み取ることができます。
今回は猫の寝姿からわかる気持ちについて、ご紹介します。

顔を前足にうずめる(ごめん寝)

まるで土下座しているかのように見える寝姿からついた「ごめん寝」。うとうとしていてそのまま前に頭を倒して眠ってしまった、眩しいから目を隠しているなどさまざまな見解がありますが、考えられる理由のひとつとして、狭いところが好きという猫の習性が関わっているのではないでしょうか。床と前足と顔をキュッとうずめるのは、そのほうが安心するからかもしれません。また、寒い日の「ごめん寝」は、冷えやすい足先と鼻を覆って寝ているとも考えられます。

ただし、壁に頭をつけて寝ている(動かない)場合は「ヘッドプレッシング」という病気の可能性があるので、すぐに動物病院へ行って検査してもらいましょう。

香箱座りで寝ている

香箱座りとは、背中を丸め前足を胸の下に折り込んで座る姿のこと。
前足を折って座るとすぐに逃げることができないので、香箱座りが見られるのは猫が安心しリラックスしている時です。香箱座りのまま眠ってしまうというのは、とても居心地のよい証拠です。

お腹を見せる(ヘソ天)

「ヘソ天」とも言われるお腹を見せて寝ているときは、かなりリラックスしているときです。動物にとってお腹は急所にあたる部分なので、慣れない環境や緊張感のあるところでは絶対に見せない寝姿です。「お腹を見せているから触ってもいいのかな?」と不意に触るのはNG。とっても気持ちよく寝ているのに、突然急所であるお腹を触られたらびっくりしてしまい、落ち着いて寝られません。猫が驚いた拍子に噛んだり、引っかいたりすることもありますし、それがトラウマになって、以降ヘソ天で寝てくれなくなることも……。

猫の中には、お腹を撫でられることが好きな子もいますが、気持ちよく寝ているときに触るのは信頼関係ができてからにしましょう。

寝る場所からわかる猫の心理

猫は一日の大半を寝て過ごしていますが、寝る場所はどこでもいいわけではなく、その時の気温や気分で心地いい場所を探しています。時には「そんなところで?」と驚いてしまうようなところでも、わざわざ好んで寝ていたりもします。

高い場所

猫は冷蔵庫や棚の上など周りを良く見渡せる高い場所が好きです。遊びや習慣で上ることもありますが、高いところで寝る場合には、「ひとりになりたい」「涼しいor温かい」「安心できる」といった理由で高い場所を選んでいることもあります。

遊び盛りの子猫は、遊び疲れて途中で寝てしまうということもよくあります。
不安定な場所で寝てしまったときには、そっと抱いて安全な場所で寝かせてあげるようにしましょう。

狭い場所

鍋の中に入っている猫

これも多くの人が知っていると思いますが、猫は狭い場所が好きです。狭いところの方が安心できるという心理から鍋や段ボール箱など、とにかく入れるところがあればすっぽりと入って寝てしまいます。

そんな姿が注目され2017年「猫は個体かつ液体の両方になれるのか?」という研究がイグノーベル賞を取ったことでも話題になりました。

飼い主さんの近く

パソコンの上に寝てこちらを見る猫

猫はツンデレとよく言われますが、飼い主さんが新聞紙を広げたりパソコンを使って作業していると、わざわざ新聞紙の上に「でーん」と横たわったり、作業中のパソコンのキーボードの上に乗ってくるのは、やはり「かまってもらいたい」という気持ちの現れでしょう。

夜一緒に寝るというのは、飼い主さんのそばが安心するから。特に寒い季節は布団に入れてと潜りこんでくる子も多いのではないでしょうか。

猫の寝床を用意してあげよう

猫は自分で居心地のいい場所を見つけるのがとても上手です。1日の中で寝る場所を何度も変えて寝ることも珍しくありません。
しかし、猫が見つけた場所が必ずしも安全というわけではありません。例えばカーテンレール。最初の頃は平気でも何度も乗っているうちに突然落ちてしまうということもあります。

猫ベッドで丸まる猫

「猫は高いところから落ちても上手に着地できるから大丈夫」と思っていても、思いがけず床に物が置いてあったら、着地の時にケガをしてしまうことだってあります。

そのため、安全な場所で寝てくれるように、いくつかのタイプの寝場所を用意してあげると安心です。隠れられるドーム型のタイプや、窓に取り付けるハンモックタイプ、爪とぎもできるタイプなどさまざまなタイプがあります。また素材の質感によっても、温かいもの、ひんやりするものなどあるので、猫が自由に選べるようにしてあげるといいでしょう。

まとめ

猫は気持ちや気温、環境によってさまざまな寝方を見せてくれます。「かわいい寝姿」や「面白い寝方」など、見ているとほっこりしたり、思わず笑ってしまったり。でも実は、寝ている場所、寝方から猫の気持ちや体調を見てとることができます。

日常的なシーンでも「なぜあの場所で寝ているんだろう?」「なぜあんな寝方をしているんだろう?」と考えてみると、今よりももっと猫の気持ちがわかるようになるのではないでしょうか。

病気になる前に…

病気はいつわが子の身にふりかかるかわかりません。万が一、病気になってしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

猫大好きオペレーターがお電話を承ります!
【ニャンともあんしんサービスセンター】0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※しつけカウンセラーや獣医師によるしつけ・健康相談はご契約者向けのサービスとなります。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険

【どうぶつの病気に関するデータを公開

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

猫百科編集部

猫百科編集部

猫の飼い主歴10年以上の編集者が集い、毎日、猫の「あるある話」に花を咲かせ、情報交換している。編集部員の面々は、猫との暮らしがより健やかに、よりハッピーになるよう正確な情報をお届けするため、自己研磨の毎日である。