人間が健康のために食事に気をつけるように、かわいい愛猫にも健康のことを考えた食生活をさせたいものです。猫にもキャットフードだけではなく私たちが食べているヨーグルトや牛乳を与えたほうが良いという説がありますが、果たして本当なのでしょうか。

猫にヨーグルトは与えて大丈夫なの?牛乳は?

乳糖不耐性(乳糖の入った乳製品をうまく分解できないこと)のある子だと、消化不良や下痢を起こすことがあります。牛乳はこの乳糖が多く含まれており、乳糖不耐性の子には、こうした症状が出ることがあります。一方、ヨーグルトは、発酵の段階でこの乳糖の量が減少するため、生乳よりは症状が起こしにくいとされています。

ヨーグルトを与えるメリット

人間がヨーグルトを食べるメリットのひとつに「善玉菌の増加によって腸内環境を整える」ことが挙げられます。同様に、猫の場合にもヨーグルトを食べることで腸内環境を整える効果が期待できるでしょう。

便秘や下痢のとき

腸内環境の悪化によって引き起こされる一時的な便秘や下痢は、ヨーグルトを摂取させることで、ある程度改善する場合もあります。ただし、何らかの病気によって引き起こされている便秘や下痢の場合には効果は期待できません。また、場合によっては悪化させる可能性もあることに注意してください。

免疫力が上がる

乳酸菌によって腸内環境が整うと、免疫力をあげる効果があると言われています。ヨーグルトをあげつづけることで、病気そのもののリスクを減らす効果がある程度期待できるのかもしれません。

口内炎や歯周病のとき

人間と同じように口内炎や歯周病にかかる猫は少なくありません。乳酸菌の中には、口内炎や歯周病の原因となる細菌を減少させる効果があると言われているものがあり、ヨーグルトを食べさせることで口腔内環境が改善され、口臭の予防にもなる可能性があります。

結石の原因になるって本当?

そんなヨーグルトにも注意すべき点がいくつかあります。まず、ヨーグルトには、カルシウムなどのミネラル成分が多く含まれています。それらのミネラル成分が結石の原因となる場合があります。

ヨーグルト100g中に含まれるカルシウム量は120mg程度。この量が直接尿路結石の原因に結びつくかどうかは不明ですが、リスクがあるかも知れないことは頭に入れておきましょう。

猫の腎不全との関連性は?

腎不全にかかっている猫にヨーグルトを食べさせることで、どのような影響をおよぼすのか、はっきりとした結論は出ていません。ヨーグルトにも含まれるリンやカルシウムの代謝が腎不全にも影響するため、心配な場合は、まず、獣医さんに相談し、適切な治療を行いましょう。

猫にヨーグルトを与える方法、注意点は?

続いて猫にヨーグルトを与える場合の方法、注意点やデメリットについて解説しま

どんなヨーグルトを与えれば良い?

ヨーグルトは、製品の種類が豊富です。高カロリー・高脂肪のヨーグルトを与え続けてしまうことで、肥満の原因にもなるでしょう。もし、ヨーグルトをあげたい場合は、低脂肪で無糖タイプのヨーグルトを選んであげると良いでしょう。

与える分量と頻度

ヨーグルトを与える分量は、猫のサイズやその個体の健康状態などによって変わります。そのため、決まった分量はありません。猫の体調や、食べ具合を見ながら少量から試してみるようにしてください。

吐いたり下痢をしてしまったら?

猫がヨーグルトを吐いてしまったり下痢をするという場合には、乳糖が身体に合っていなかったり、アレルギーやその他の病気が関係しているかも知れません。なんらかの症状が出る場合には、すぐにやめて、動物病院に相談しましょう。

まとめ

ヨーグルトを与えることで、必ず体調がよくなるものでも、逆に与えないことで害があるものでもありません。あくまでも嗜好品のひとつとして、猫の好みに応じて試してみるのがよいでしょう。

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

【ニャンともあんしんサービスセンター】
0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険(http://www.anicom-sompo.co.jp/

監修獣医師

麻生拓也

麻生拓也

2012年、日本大学獣医学科卒業。在学中は繁殖学の研究室に在籍、卒業後は都内の動物病院で勤務、現在は予防、食事を中心にペットサービス事業の企画、運用に従事している。 猫アレルギー疑惑があるも新生活を機に保護ネコを迎えようと画策中…。犬も猫もストレスなく暮らせるライフスタイルを夢見る獣医。