チーズは、人はもちろん、犬も大好物。チーズ入りのドッグフードがあるくらいですので、基本的に犬が食べても問題ありませんが、あげすぎには要注意!

そこで、チーズってそもそも体に良いの?どれくらい食べていいの?など、ポイントをご紹介します。

チーズに含まれている成分とその特徴

チーズの主な栄養分は、たんぱく質・脂肪・ミネラル(カルシウム)・ビタミン・塩分と、愛犬の体調維持に必要な栄養素が多く含まれています。

なかでも骨を作り、神経・血圧のバランスを調節しているカルシウムがとても豊富であることが特徴です。また、チーズは製造過程で「乳」に含まれる乳糖の大半が取り除かれるため、牛乳に比べて下痢をしにくいというメリットもあります。

たくさん食べてもいいの?

ゴールデンレトリーバー

栄養があるからといって、あげすぎには要注意!過剰にあたえてしまうと、健康になるどころか、肥満や骨・関節に異常が生じる可能性があります。

また市販されているドッグフードは「総合栄養食」という「愛犬がそのフードと水だけで健康維持できる栄養素的にバランスのとれた製品」です。つまり、チーズで栄養を補わないと!などと考えなくても大丈夫。犬の体重や体調に気を付けてあげてください。

犬の食事は手作りごはん、という方はチーズを材料のひとつとして検討してみるのもよいですね。

チーズには塩分が入っているけど大丈夫?

大丈夫です!犬用に市販されているチーズは、人間用に比べ塩分も少なめに作られています。

ただ人間用のチーズは要注意。食べても問題はありませんが、人間用は塩分が多く含まれている場合があり、犬の健康を阻害する恐れがあります。あげる場合は塩分の少ないモッツァレラチーズ、リコッタチーズ、カッテージチーズを選びましょう。

アレルギー症状には注意

犬によっては、チーズをあげた後に下痢、嘔吐、かゆみや脱毛などの症状が起きる場合があります。

また、最初のうちは大丈夫だったのに、たくさんあげていたら発症してしまったということも。あげる量はもちろん、普段から犬の行動に気を配り、異常が見られた場合は速やかに獣医師に相談してください。

まとめ

ラブラドールレトリーバー

いかがでしたか?チーズを欲しがり目を輝かせる愛犬に見つめられると、ついついあげてしまいがち。ただあげすぎには注意してください。

また嗜好性の高いチーズだからこそ、ご褒美効果は抜群です。普段のしつけや薬が苦手な子の場合は、一緒にあげることで上手にしつけができたり、薬を飲んでくれるかもしれませんよ。

監修獣医師

小川篤志

小川篤志

日本獣医生命科学大学を卒業し、2008年獣医師免許を取得。救急医療を専門に経験を積み、救急病院長などを歴任。2013年アニコムホールディングス株式会社に入社。獣医師や飼い主向けのセミナー講演、メディア取材などの実績多数。2020年より首輪型の猫見守りデバイス「Catlog(キャトログ)」(https://rabo.cat/catlog)を開発するRABO社に所属し、猫専門で活躍中。