上目遣いの猫

猫も関節炎になるということをご存知でしょうか。その中でも「免疫介在性関節炎」は、免疫に異常が生じて関節炎が起こります。日常でそう多く見かける疾患ではありません。また、猫の免疫介在性関節炎は他の関節炎との見極めが難しく、猫はよく「痛みを隠す動物」と言われるだけに、症状がとてもわかりにくい疾患です。ただし、治療法は他の関節炎と異なるので、早めに見つけて対処したい病気です。

免疫介在性関節炎はどんな病気?

「免疫」は、身体の中に入ってきたウイルスや細菌などの異物を攻撃して排除し、外界の異物から身体を守る機能です。「免疫疾患」は、免疫機能が何らかの原因で異常をきたし、猫自身の免疫(自己免疫)が自身の細胞や臓器を間違って異物と認識し、破壊してしまう状態をいいます。「免疫介在性関節炎」は、この異常な自己免疫が関節の組織を壊してしまい、関節炎を引き起こす状態のことをいいます。

複数の関節に炎症が起きる

猫の免疫介在性関節炎は多くの病型に分類されますが、いずれも1カ所の関節に限定することはなく、手首や足首、膝や肘などの複数の関節に炎症を起こすことが知られています。免疫介在性関節炎を詳しく分類すると、炎症の起こり方によって、関節にびらんを示す「びらん性関節炎」、びらんを起こさない「非びらん性関節炎」に分かれ、さらに「びらん性関節炎」は人や犬の関節リウマチに似た関節炎と骨膜増殖性多発性関節炎という2種類に分かれます。また、「非びらん性関節炎」は特発性多発性関節炎や、反応性の多発性関節炎、全身性エリテマトーデスなどに分類されます。
いずれも、猫の関節炎のなかでは免疫介在性関節炎はめずらしく、ウイルスや細菌、真菌などによる感染性関節炎よりも少ない疾患とされています。

免疫介在性関節炎の原因は?

猫の免疫介在性関節炎は、「免疫複合体(免疫の抗体と、異物と認識された抗原がくっついたもの)」が、関節の滑膜(かつまく)などにたくさん付着して炎症を起こします。しかし、そもそもなぜ免疫異常が起きてしまうのかはわかっていません。身体の中の正常な物質が、何かに間接的に刺激を受けて構造が少し変化し、それを間違って異物と認識してしまうとも言われています。

また、猫の免疫介在性関節炎は、比較的高齢の猫で発症すると言われていますが、猫伝染性腹膜炎(FIP)や猫白血病ウイルス(FeLV)感染症などにより反応性関節炎が引き起こされることから、ウイルスの関与も考えられています。

免疫介在性関節炎の症状・治療法は?

横になっている猫

ひと昔前は、猫では関節の病気はあまり多くないと思われていました。しかし近年の研究で、実は高齢の猫の半数以上が関節に異常があるということがわかっています。これは、猫が関節に痛みがあってもなかなかはっきりとした症状を示さない動物であることや、関節疾患の多くはひとつの関節に限らず複数の関節におよぶため、異常に気づきにくいためと考えられます。猫の関節に異常があることや免疫異常であることを、飼い主がすぐに特定することはとても難しいかもしれません。だからこそ代表的な症状を参考に、少しでも早く猫の異変に気づいて動物病院で詳しく診てもらうことが、早期発見につながります。

さらに免疫介在性関節炎の治療は、高齢猫に多いとされる変性性関節症や、感染性の関節炎とは異なるため、しっかりとした診断を元に行う必要があります。

症状

典型的な症状としては、1カ所にとどまらない関節の腫れ、痛みが認められます。関節を触ると腫れて熱っぽかったり、猫が痛がる仕草を見せたりしたら要注意です。これらの症状は、手首(手根関節)や足首(足根関節)で見られることが多いとされています。

関節に異常があるとは感じられなくても、どこか痛そう、歩き方がぎこちない、抱っこした時にどこか痛がる、立ち上がりがおっくうそうといった様子が見られることもあります。症状は徐々に悪化していくことが多いので、すぐに気づくのは難しいかもしれません。また、全身の発熱やリンパ節の腫れを伴うこともあり、身体を触ると熱かったり、全身のだるさや元気のなさを感じた場合には、動物病院を受診して、異常がないか確認してもらいましょう。

治療法

免疫介在性関節炎は症状から特定するのが困難なので、関節に異常があるのか、また関節に異常があるとわかっても、他の主要な関節炎を検査で除外してから診断されることとなります。触診や血液検査、関節のレントゲン検査、関節液の検査など、場合によってはかかりつけの病院ではなく、専門性のある病院での診断や治療が必要になるかもしれません。したがって、病気が特定されるまでに時間がかかる場合が多いことを念頭においておきましょう。

猫の免疫介在性関節炎の治療方法はまだ確立されておらず、人のリウマチ治療で使われるような抗リウマチ薬といった特定の薬はありません。主要な治療は、過剰な免疫反応による炎症を抑えるためのステロイドといった免疫抑制剤を、内科的に投薬する方法になります。関節炎の程度や関節炎の型によって治療反応は異なり、すぐに治療効果が出る場合もありますが、治療反応が悪くて免疫抑制剤を変更したりと、長期にわたって治療が必要となる場合もあります。多くの場合、完治することは稀で、薬を増減しながら生涯治療が必要になることが多いとされます。

また、関節内の軟骨を保護するサプリメントや、痛みがひどい場合は痛み止めも治療として取り入れます。定期的に動物病院に通いながら、猫の全身状態をチェックし、個々に応じた治療方法を相談していきましょう。

「再生医療」という選択肢

「免疫介在性関節炎」の治療法のひとつとして、「再生医療」という選択肢もあります。「再生医療」とは「細胞」を用いて行う治療法です。方法は以下のとおり、とてもシンプルです。

再生医療の流れ

この治療法は、本来、身体が持っている「修復機能」や「自己治癒力」を利用して、病気を治していくものです。手術などに比べると身体への負担が少ないことも大きな特徴です。

免疫介在性関節炎に対する再生医療は現在まだ臨床研究段階ですが、あきらめないで済む日がくるかもしれません。ご興味のある方は、かかりつけの動物病院の先生に相談してみてください。

免疫介在性関節炎の治療費はどのくらい?

まず、猫の免疫介在性関節炎は診断に必要な検査がいくつかあるため、診断が付くまでの費用として数万円程度かかる可能性があります。治療は内服薬が主体となることが多いので、薬の種類によってかかる費用にバラツキがあります。治療を始める前に費用を確認しておくとよいでしょう。ひと月に数千円から、サプリメントなどを併せると1万円前後必要な場合があります。長期間治療が必要なことが多く、薬の副作用や状態把握の検査費用も定期的に必要になる可能性があります。

免疫介在性関節炎の予防法はある?

階段で座っている猫残念ながら、原因がわかっていないだけに、根本的に病気の発生を予防する方法は今のところありません。一部ウイルスが関与している型があるため、ウイルスに感染しないような室内での生活を心がけることで発症を防げる可能性があります。

気をつけたいこと

関節炎を早期の段階で発見することで、早期に治療し病気の進行を食い止めることができます。身体が柔らかく、器用に階段や高い所にジャンプできる猫ですが、関節に痛みが出ると、何かしら以前とは異なる変化が見られるようになります。たとえば、今まではスムーズに登っていた場所に躊躇しながら登る、毛づくろいが減る、あまり動かなくなる、爪研ぎの頻度が減る、といったちょっとした変化が現れることがあります。こういった変化に早く気づくことが、病気の早期発見の第一歩となります。

まとめ

免疫介在性関節炎は、猫では稀な疾患ですが、関節炎そのものがなかなか発見しにくい病気です。動物病院に来院した猫は、普段の猫らしい姿は見せてくれないので、歩き方やジャンプの様子を観察することはとても困難です。もともと痛みを隠す動物ですが、動物病院ではさらに痛みを隠してしまい、触診をしてもはっきりと痛みがわからないこともしばしばあります。おうちでの猫の様子をよく観察し、異常があれば動画を撮るなどして獣医師に見てもらうのもよいかもしれません。

病気になる前に…

病気はいつわが子の身にふりかかるかわかりません。万が一、病気になってしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

【どうぶつの病気に関するデータを公開】

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

溝口やよい

溝口やよい

日本獣医生命科学大学を卒業。2007年獣医師免許取得。埼玉県と東京都内の動物病院に勤務しながら大学で腫瘍の勉強をし、日本獣医がん学会腫瘍認定医2種取得。2016年より埼玉のワラビー動物病院に勤務。地域のホームドクターとして一次診療全般に従事。「ねこ医学会」に所属し、猫に優しく、より詳しい知識を育成する認定プログラム「CATvocate」を修了。毎年学会に参加し、猫が幸せに暮らせる勉強を続けている。2018年、長年連れ添った愛猫が闘病の末、天国へ旅立ち、現在猫ロス中。新たな出会いを待っている。