猫は犬と比べると泌尿器に関わる病気が多いと言えます。実際、泌尿器になんらかの症状が出て動物病院へ来る猫は多く、中でも「血尿が出た」というケースが大半です。血尿といっても原因は多岐にわたり、さらにその症状の程度もさまざまです。重症であれば、命にかかわることもあります。
今回は、そんな血尿について、原因や対応法・さらには予防方法について説明します。

「血尿」が出る原因は?

病院で嫌そうな表情をする猫
血尿とは、文字通り「血のような尿」あるいは「尿に血が混じったもの」です。尿管、膀胱、尿道のどこかで出血していることが考えられます。これらの粘膜にさまざまな原因で傷がつき出血が生じることが多いのです。原因としては、尿石症、尿道炎や膀胱炎、腫瘍などの病気が関係しています。

尿石症が原因になる場合

尿石症の場合、泌尿器のどこかに尿石が作られます。尿石と言っても、必ずしも石ころのようになるものを指すわけではありません。顕微鏡でしか見られないような結晶だったり、微細な砂のような形状をしていたりする状態の方がむしろ多い傾向にあります。こうした結晶や結石が排泄の際に膀胱や尿道内を移動し、その時に尿路の粘膜に刺激が加わって出血することで、血尿が発生することがあります。

尿道で結石、あるいは結晶が堆積したことで完全に尿路を塞いでしまうと、排尿姿勢はするものの尿が出なくなります。これを放置すると急性腎障害を起こし、死に至る場合があります。

尿中に結晶が作られてしまう原因には、尿の状態が大きく影響しています。たとえば、尿の酸性とアルカリ性のバランスが変化することもその原因のひとつです。正常な尿のpHは6.0~6.5といわれていますが、中性が7.0なので、ごくわずかに酸性寄りとなっています。ここからさらに尿が酸性になると、主に「シュウ酸」と呼ばれる結晶が形成されやすくなります。一方、pHがもっと増えて尿がアルカリ性に傾くと、一般に「ストルバイト」と呼ばれる結晶が見られるようになります。

尿道炎や膀胱炎が原因の場合

尿道炎や膀胱炎は、尿道あるいは膀胱で炎症が生じた症状全般を指します。膀胱炎には主に「特発性膀胱炎」と「細菌性膀胱炎」がありますが、いずれの場合も、血尿を招くことがあります。

「特発性膀胱炎」は、原因がはっきりとしていないことや、尿検査で血液細胞が確認されるものの細菌や結晶が確認されないといった特徴があります。血尿のほか、排尿痛や尿の切れの悪化、頻尿などが見られます。

「細菌性膀胱炎」は、主に尿道口から細菌が侵入し、尿道や膀胱で増殖することで尿路に刺激を加えます。膀胱内で細菌が増殖すると粘膜を傷つけ、血尿が発生する場合があります。また、一部の細菌は尿をアルカリ化する酵素のウレアーゼを作り出し、「ストルバイト」という結晶が作られやすい環境になることがあります。

【関連記事】
猫も膀胱炎になる!どんな病気?治療法は?

腫瘍が原因の場合

上記2つと比べるととても稀ですが、腫瘍によって血尿が発生することがあります。腫瘍は、細胞が過剰に増殖するので、本来持ち合わせている組織の機能や構造を壊してしまいます。この際、出血がみられる場合があります。

猫の場合、尿路に腫瘍ができるのは、犬と比べると少ないですが、まったくその可能性がないわけではありません。膀胱は「移行上皮」という伸縮性に富んだ特殊な上皮で構成されています。この部位が腫瘍化することで移行上皮癌を発症することがあります。また、リンパ腫が転移し血尿を発生させる場合があります。

その他の原因

交通事故や落下などにより腹部を強く打ったとき、尿路にダメージが加わる場合があります。その際に血尿が生じることがあります。

血尿が出たときの対処法は?

聴診器をあてられて不愉快そうな猫
血尿や血尿のようなもの、たとえば尿の色がいつもと違ったり、尿の中に赤いものが混じったりしていたら、飼い主としては心配でたまらなくなります。血尿の量や色合いなどに目が向きがちですが、身体から見て取れる「異常がある」というサインが重要で、重症度や緊急性を判断する材料となります。

しばらく様子を見てもよい場合

そもそも、尿に血液が混じっている場合、様子を見てよいケースはそれほど多くありません。たとえば、排尿の回数に変化がなく、1回の尿の量にも特段の差が生じていない場合、さらには元気や食欲が十分にある場合は、一過性の尿路の出血といった可能性もあります。ごくごく軽微なものであれば、様子を見ても良いと言えるかもしれません。

ただ、気を付けておきたいのは、その後も尿に血液が混じっている場合や、頻尿になったり、食欲に変化が現れてきたりするような場合は、問題が改善していない可能性が高いです。自己判断は難しいので、心配な場合は早めに動物病院を受診することをお勧めします。

元気がなかったらすぐに病院へ!

血尿について急激かつ重大な問題が生じやすいのは、尿路が何らかの原因で詰まっている場合です。完全に閉塞していれば尿は出ませんが、不完全閉塞の場合、わずかながら血尿が出ることがあります。多くの場合、尿路結石が関係していますが、特発性膀胱炎でも血液細胞が大量に尿に混じることによって尿路を塞いでしまう場合があります。この場合、頻繁にトイレに通う様子、おなかを痛がる様子が見られます。

さらに進行すると、元気や食欲がなくなります。また吐き気を伴うことがあります。このような場合は様子を見るのではなく、早めに動物病院で適切な治療を受ける必要があります。

また、食欲はあるものの血尿が改善しない場合や、食欲低下・体重減少が現れている場合も、大きな問題が潜んでいる可能性があるので、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

血尿の予防法はある?

子供に心配されている猫
尿石症や膀胱炎といった「猫下部尿路疾患」の場合、原因がよくわからない場合がありますが、まず普段生活している環境について再確認してみましょう。チェック項目として以下のものがあります

ストレスとなっていることはないか?

ストレスといっても、身体の痛みなどからくる身体的ストレスもあれば、家族構成・同居動物の変化、リフォームや周辺の工事など、過剰な緊張状態が続くことが原因となる精神的ストレスもあります。

通常、人間の感覚では気にならないことも、猫にとっては切実な問題かもしれません。例えば部屋の模様替えをして気分をリフレッシュ…と人間は考えても、家具の配置が変わることで不安になる場合もあります。
また、それまで1頭で生活していたところに新しい猫を迎え入れた場合も、警戒や緊張によってこれまでのような排泄を行うことを制限してしまう場合があります。

食事内容に変化はないか?

尿路結石や膀胱炎が疑われる猫に関しては、獣医師の指示のもと適切な食事をする必要があります。猫下部尿路疾患とは、膀胱炎や尿道炎・尿石症など、膀胱から尿道までの下部尿路と呼ばれる部分に生じるさまざまな病気の総称です。必ずしも尿中に結石や結晶が出るものばかりではなく、上述のストレスも要因となることがあります。現在、猫下部尿路疾患に対応した療法食は、結石あるいは結晶を作り出すことを抑えるように作られています。また、心身のストレスに考慮した成分が含まれているものもあります。猫の個体に合わせて選ぶ必要があるので、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

飲水量に変化はないか?

猫は犬と比べても飲水量が少ない動物です。そのため、尿が濃縮しやすく、それが一因となって膀胱に強い刺激を与えてしまうことがあります。飲水量が少ない場合は、ウェットフードや水分摂取補助サプリなどを活用することも一考です。

ただ、気温や環境の変化によって、飲水量が減ることもあります。クーラーを使い始める時季や冬の寒い日など、温度変化によって水を飲まなくなる猫もいるので、飼い主としては、わが子の習性を把握しておきましょう。

トイレは適正な数で清潔に保たれているか?

猫は犬と違って、トイレトレーニングを行わなくてもトイレで排泄をします。違った見方をすれば、猫自身の気に入った条件の場所でなら排泄をする、ということでもあります。そのトイレで気持ちよく排泄ができないと、その行動そのものを躊躇してしまい、泌尿器に負担をかけてしまうことがあります。

排泄行動に問題があるようであれば、トイレを清潔に保っているか、頭数以上のトイレを用意しているか、トイレの形状(フタ付きや砂の材質)が猫のニーズに合っているかなどを確認しましょう。猫によって好みがあるので、排泄の様子を見ながら調節しましょう。

まとめ

猫の血尿は、決して稀なことではありません。血尿の原因によって、すぐに改善が期待できる場合もあれば、長期にわたるケアが必要な場合、食餌療法が必要な場合、外科的な対策が必要な場合などがあります。
これらを正確に判断するにはさまざまな検査が必要となることが多いのですが、血尿がいつから発生しているのか、トイレに行く回数はどれくらいか、1回の尿量に変化があるか、それに加えて元気や食欲の様子はどうかなどを注意深く観察してみてください。

これらが血尿の原因や重症度を判断する貴重な情報となります。また、猫は排尿に関して繊細な動物であるという側面もあります。安心して排尿できる環境づくりに気を配っていきたいものです。

病気になる前に…

病気は、いつわが子の身にふりかかるかわかりません。万が一、病気になってしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

猫大好きオペレーターがお電話を承ります!
【ニャンともあんしんサービスセンター】0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※しつけカウンセラーや獣医師によるしつけ・健康相談はご契約者向けのサービスとなります。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険

【どうぶつの病気に関するデータを公開

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

増田国充

増田国充

北里大学を卒業し、2001年に獣医師免許取得。愛知県、静岡県内の動物病院勤務を経て、2007年にますだ動物クリニック開業。現在は、コンパニオンアニマルの診療に加え、鍼灸をはじめとした東洋医療科を重点的に行う。専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー非常勤講師、国際中獣医学院日本校事務局長、日本ペット中医学研究会学術委員、日本ペットマッサージ協会理事など。趣味は旅行、目標は気象予報ができる獣医師。