うさぎに呼吸の異常を感じたら、心臓病を患っている可能性があります。また、無症状であっても心臓病が隠れている場合があり、ストレスが加わることで突然死を起こすこともあるため注意が必要です。うさぎの心臓病には心筋症、弁膜症、先天性心疾患などがありますが、今回は心筋症についてお話ししたいと思います。

うさぎの心筋症ってどんな病気?

心臓は、全身に血液を送るポンプの働きをしている臓器です。左心房、左心室、右心房、右心室の4つの部屋に分かれています。

心臓の壁は、心筋という筋肉で構成されています。心筋が収縮したり拡張したりすることで、血液を全身に循環させています。

心筋症は、心筋の異常により、心臓の機能が低下した状態のことをいいます。

拡張型心筋症、肥大型心筋症、拘束型心筋症に分類されます。

・拡張型心筋症:心筋が薄くなり、収縮する力が弱くなって、心室の容積が拡大する病気。

・肥大型心筋症:心室の心筋が異常に分厚くなる病気。

・拘束型心筋症:心室の壁が硬くなり、うまく心臓が拡張できなくなる病気。

心筋症になると、血液が心臓から全身にうまく送り出せなくなります。そうすると、心臓に血液が溜まり、心臓のサイズが大きくなります。心臓が大きくなると、他の臓器にも影響を及ぼします。

例えば、心臓の周囲にある肺に水がしみ出てくる肺水腫や、肺の周囲に水が漏れ出てくる胸水が認められるようになります。それらによりうまく肺で酸素交換ができなくなると、呼吸器症状が現れます。

うさぎの心筋症は、高齢のうさぎで認められることがあり、特に大型のうさぎで報告が多いとされています。拡張型心筋症が一般的で、肥大型心筋症もまれに認められます。

うさぎの心筋症はどんな症状が出る?

心筋症は、初期では特に症状を認めないことが多いです。運動を嫌がる、運動するとすぐに疲れてしまうなどの症状(運動不耐性)が出ることがあります。

進行して肺水腫や胸水が認められるようになると、浅く、早い呼吸になります。うさぎの心臓病では、咳がみられることはほとんどありません。

また、循環が悪くなることで、おなかに水がたまる腹水が認められることもあります。そうすると、おなかが張るなどの症状が現れます。

食欲が低下して痩せてくるといった症状もよく見られます。

失神や呼吸困難を起こしたり、突然死したりすることもあるため、注意が必要です。普段の生活の中で、食欲が急に落ちたり、へやんぽ中に疲れやすくなったり、ぼーっとする時間が増えたなどの変化があれば、動物病院に行くようにしましょう。

うさぎの心筋症はどんな治療をするの?

投薬治療が基本となります。心臓の拡大を防ぐ薬や、心臓の動きをサポートする薬を投与します。

肺水腫や胸水がある場合には利尿剤を使用します。これは、尿をたくさん出すことで肺から水分を除去することを目的として使用します。胸水に対しては、胸に直接針を刺して、注射器で水を抜く処置を行うこともあります。

呼吸困難の症状がある場合には、酸素を満たしたケージに入れる酸素療法を行います。

食欲の低下が認められる場合には、強制給餌(シリンジなどで直接うさぎの口にふやかしたフードなどを入れること)が必要となります。

ただし、心筋症は薬で完治させることは難しい病気です。そのため、生涯にわたって投薬が必要となります。

うさぎの心筋症の予防法は?

座るうさぎ

心筋症は、予防することが難しい病気です。

ただ、症状が出ていない段階で治療を開始することで、病気の進行を遅らせることができます。

そのため、定期的に健康診断をして、心筋症になっていないか確認してもらうことが大切です。具体的には、レントゲン検査や超音波検査を行いますが、うさぎの性格によっては難しいこともあります。

また、うさぎはストレスに弱く、心筋症を持っているうさぎに強いストレスを加えると突然死につながることがあるため、かかりつけの動物病院でよく相談しましょう。

まとめ

近年、うさぎも高齢化が進み、心臓病を認めるケースが増えてきました。

病気が進行してからでないと症状がみられないことも多いため、早期発見が難しい病気ですが、定期的な健康診断を習慣づけることで、適切な治療をなるべく早く行うことができます。うさぎのためにも、定期的な健康診断を心がけると共に、日ごろから変化がないかをよく観察するようにしましょう。

監修獣医師

石川美衣

石川美衣

日本獣医生命科学大学卒業。2008年、獣医師免許取得。卒業後は横浜市の動物病院で診察に従事、また東京農工大学で皮膚科研修医をしていました。2016年に日本獣医皮膚科認定医取得。現在は川崎市の動物病院で一次診療に従事。小さいころからずっと犬と生活しており、実家には今もポメラニアンがいて、帰省のたびにお腹の毛をモフモフするのが楽しみ。診察で出会う犬猫やウサギなどの可愛さに日々癒されています。そろそろ我が家にも新しい子を迎えたいと思案中。