ペット保険の加入率はどのぐらい?入っておくべき理由について解説

日本の「ペット保険加入率」は、ヨーロッパに比べて低いのが現状です。しかし最近はペットの家族化やペット保険市場の拡大などに伴い、加入率は年々上がっています。

ここでは、海外と日本のペット保険加入率に加え、ペット保険加入率が上昇している要因、入っておくべき理由などについて解説します。

ペット保険の加入率はどのくらい?

飼育環境の改善・動物医療の発展により、近年はペットの長寿化が目立ちます。そんな背景もありペット保険の需要は拡大していますが、実際に加入している人はどれぐらいいるのでしょうか。

まずは各国のペット保険加入率についてみていきましょう。

海外のペット保険加入率

海外でのペット保険の加入率は30%~40%ほどと比較的高い水準です。とりわけペットの飼育に対して責任意識の強いスウェーデンにおいては50%以上もの飼い主が保険に加入しているとされています。(※1)

(※1)出典:株式会社富士経済「2021年ペット関連市場マーケティング総覧」

日本のペット保険加入率

続いて日本のペット保険加入率についてみていきましょう。

国名 ペット保険加入率
日本 12.2%(※2)

ヨーロッパなどの先進国に比べると加入率は低いのが現状です。海外に比べ、日本のペット保険加入率が低いのはなぜなのでしょうか。

(※2)出典:株式会社富士経済「2021年ペット関連市場マーケティング総覧」、一般社団法人ペットフード協会「令和2年(2020年)全国犬猫飼育実態調査」

その原因には、ペット保険の必要性がまだ充分に浸透していないことが考えられます。

日本では、ペット保険の認知度はまだそれほど高くありません。ペットショップなどでペットを迎えた際に、ペット保険の説明は受けるものの「高齢になってから加入すれば大丈夫」と思ってしまう方は少なくありません。

また、日本は人の健康保険制度が整っており、診療費は自己負担分のみの支払いで済むため、高額だと感じるケースはそう多くはないと思います。
しかし、ペットには公的な健康保険の制度はありません。また、動物病院は自由診療であるため、診療費が動物病院によっても異なります。人間の診療費の感覚のままペットの診療費を想定してしまうために、診療費の出費も「それほど高額ではないだろう」と考えてしまっている可能性があります。

ペット保険の加入率が上昇している理由

他国に比べると市場が小さく、加入率もそれほど高くはない日本のペット保険。
しかし、近年は少しずつ加入率が上昇してきています。その理由はどこにあるのでしょうか。

ペット保険の認知向上

理由の一つは、ペット保険の認知度が向上してきているためです。現在日本でペット保険を取り扱っている会社は「損害保険会社」「少額短期保険会社」を合わせ16社(2021年3月時点)。
最近ではテレビやインターネットなどの媒体で広告を目にすることも多くなり、さらなるペット保険の認知向上が期待されます。

ペットの家族化

近年、ペットも一緒に連れて行くことのできる飲食店や宿泊施設が増えてきています。
また、葬儀などペットに対するサービスも増加傾向にあり、「ペットの家族化」が進んでいます。

さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大により、自宅で過ごす時間が増えたことからペットの存在がより身近なものとなり、家族の一員として飼う人が増えているのではないかと考えられます。

ペット保険に入っておくべき理由とは

ペット保険加入率の上昇は飼い主の意識の変容ばかりが理由ではなく、加入することによるメリットが大きいためでもあります。ここでは、ペット保険に入っておくべき理由を3つの視点から解説します。

ペットの診療費用は全額自己負担

ペットは年齢を重ねるにつれて年間診療費が高くなる傾向にあり、アニコム損保による調査(2019年度)では、12歳の犬では平均で149,757円の診療費がかかっています。さらに、高額なケースだと、長期の入院や手術が必要となり診療費が100万円近くに及ぶこともあります。

人間の場合、健康保険によって診療費は原則3割の自己負担となりますが、ペットの場合は全額自己負担となります。そんな時、ペット保険に加入していれば、保険会社が診療費の一部を補償割合に応じて負担してくれます。

治療の選択肢が広がる

時に高額になるペットの診療費。費用面が課題となって、最善の治療を受けさせてあげられなかったり、費用を工面することができず治療を諦めてしまう飼い主もいないわけではありません。

ペット保険に加入しておくことで、経済面での負担が少なくなり、幅広い選択肢の中から治療方針を決めることが可能になります。

また、通院、入院、手術に対する補償だけではなく、ペット保険会社によっては下記のような特約を付けることができます。

  • 車イス費用特約
  • ペット賠償責任特約
  • 火葬費用特約

特にガンの診療費は高額になるケースが多くありますが、ペット保険に加入していればより効果的な治療を受けさせることができるかもしれません。

補償があることで病院へのハードルが下がる

動物病院を受診しなければならないにも関わらず、診療費が心配で躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。一回の診察で3,000円以上の診療費がかかることも多く、薬代を含めると10,000円近くになることも少なくありません。

診療費が高いからといって診察を受けさせてあげられないのは飼い主としても忍びないものですが、ペット保険に加入していれば費用面での負担が軽減されるため、病院へ行くハードルを下げることができます。

ペットの病気も人間同様、早期発見が第一です。いかに早く動物病院を受診できるかが、その後の治療の鍵となります。

愛するペットのために正しいペット保険の選択を

ペット市場の拡大やペットの家族化に伴い、ペット保険の加入率は増加傾向にあります。まわりがペット保険に加入しているから、何となく加入しようと単純に考えるのではなく、愛するペットの未来のために最も適したプランを慎重に精査し、選ぶようにしましょう。

関連記事

ペット保険に入るときの審査とは?審査方法や基準について解説

ペット保険を選ぶ際のギモンとなる加入審査についてご紹介。ペットの安心を守る大事なペット保険の審査だからこそ、方法や基準を理解した上で受けることが大切です。

ペット保険はいつから入るべき?加入の最適なタイミングについて解説!

ペット保険はいつから加入するべきなのかご紹介。早いうちから入っておけばよかったと後悔がないよう、いつから保険に入れば良いのかしっかり判断することが大切です。

持病があったらペット保険は入れない?知っておきたい加入条件について

ペット保険を選ぶ際の補償内容で気をつけたい免責についてご紹介します。正確に理解しないと思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があるため、しっかりと理解することが大切です。

アニコム損保が取り扱っている保険商品についてご案内いたします。

ペット保険は、シェアNo.1
アニコム損保にお任せください!

※シェアは、各社の2011~2020年の契約件数から算出しています。
(株)富士経済発行「ペット関連市場マーケティング総覧」調査