獣医師紹介

松田 みなみ イメージ

松田 みなみ

2018年入社

アニコム先進医療研究所(株)
病院運営部 東日本どうぶつ病院運営課

松田 みなみ イメージ

飼い主様と二人三脚でどうぶつに寄り添う

2018年10月に入社し、アニコムグループの動物病院で臨床獣医師として日々どうぶつを診ています。周辺地域での予防普及のため、日常ケア、しつけやごはんの相談の対応をしていると、初めてどうぶつを迎える方、日頃のケアにお悩みの方、年に数回の健康診断にいらっしゃる方など様々な飼い主様にお会いします。一様に感じることは、家族であるどうぶつに普段から精一杯のことをしてあげたいという気持ち。その気持ちに応えられるよう、愛情を持ってどうぶつたちに接しています。獣医師としての知識や技術も大切にすべきですが、飼い主様との会話を大事にし、二人三脚でどうぶつへの治療や予防に取り組んでいます。

松田 みなみ イメージ

「病気になる前に病院へ」を当たり前に

予防に取り組むアニコムでの目標は、どうぶつが病気になる前に病院へ連れてきてもらうことです。状態が悪くなってから来院する前にその兆候を見つけることができれば治療期間を減らすことに繋がり、どうぶつへの負担も最小限に抑えることができます。そのためにも、まずは来院していただけるような相談しやすい病院を作りたいと考えています。
大好きなどうぶつを通して人の助けになる仕事として、臨床獣医師は大変やりがいがあります。またアニコムでは私たちの臨床現場にも、常にグループの取組みや目標がリアルタイムで伝わるので、企業人の自覚や誇りを持って仕事ができるのも魅力です。