こちらを見つめる猫

あなたのおうちの猫の眼はキラキラしているでしょうか?眼に潤いがなく眼を痛がる、あるいは眼を開けにくそうな様子が見られたら、角膜炎になっている可能性があります。眼のトラブルにはさまざまなものがありますが、今回は猫の角膜炎について原因や症状、治療法について紹介します。

猫の角膜炎ってどんな病気?

まず、眼の構造について説明しましょう。ひと口に眼といってもその部位によって細かく名称がついています。では、角膜とは具体的にどの部分のことを指すのでしょうか?

角膜は、外から見える目の表面部分を覆っている透明な膜の部分のことです。カメラのレンズに例えると、最も手前のガラス面に当たります。猫の角膜の厚さはおよそ0.5ミリ程度で、角膜上皮、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮と呼ばれる4層で構成されています。角膜はその特性上透明であるため、細胞が非常に規則正しく配置されています。

角膜は眼球内部の網膜に光の強弱や色彩などの情報を正しく伝えるための透明さを保ちながら、眼球そのものを外部の刺激から守る役割を担っています。この角膜が、さまざまな要因によって傷つき、炎症を起こしてしまった状態を角膜炎と呼びます。

猫の角膜炎の原因は?

見つめる白猫

角膜炎の原因はいくつか存在します。大きな分類として、外部からの刺激によって角膜が損傷するものと、猫自身の問題で角膜炎に至ってしまうものがあります。圧倒的に多いのは前者で、生活環境によってそのリスクも大幅に異なります。実際にどのような原因で猫の角膜が炎症を起こしてしまうのでしょうか?

負傷

猫が角膜炎になってしまう原因として、その多くを占めるのが、外傷によるものです。ケンカやじゃれている最中に、うっかり眼を傷つけてしまうケースが多いようです。飼い猫でも外に出て他の動物と接触する可能性がある場合は、より負傷しやすい環境にあると言えます。ケンカによって、爪が眼球に刺入するトラブルもよく見られます。そのとき角膜に大きなダメージが加わり、深刻な場合は爪が角膜を貫通し「角膜穿孔(かくまくせんこう)」と呼ばれる状態になることがあります。
このほか、眼球を刺激するようなものに触れることによって、角膜を傷つけることがあります。ゴミや異物の混入はそれ自体が角膜を傷つけるほか、眼を気にして猫自身がこすってしまうことで角膜を傷つける場合があります。一方で、化学的な刺激によって角膜炎を発症することもあります。刺激性のある気体や液体などがそれにあたりますが、シャンプー後にすすぎが不足していることが原因で角膜炎を起こしてしまう場合があります。

アレルギー

かつて、猫はアレルギーによる身体の不調はそれほど多くないと考えられていました。しかし実際は犬と同じように、多種多様なアレルギーによって、あらゆる箇所に、それに起因する不調や症状を起こしていることがわかってきました。猫のアトピー性皮膚炎は、ノミを代表とする外部寄生虫によるもの、食餌の原材料によるものなどから、発症することが多いです。これらは主に猫の皮膚に病変を作り出します。また、かゆみを生じる箇所が眼に近い場合、かゆいところを掻いた際に眼や眼の周辺組織にダメージを与えてしまうことがあります。ダメージを受ける箇所が、主に結膜や角膜となります。

感染症

猫の角膜炎で無視できないのが、感染症が由来しているものが多いという点です。ウイルスや細菌、真菌によるものなどいくつかありますが、いわゆる「猫カゼ」と呼ばれるものは眼に病変を生じます。主に結膜炎を生じそこに細菌感染も見られると、多量の目やにが現れます。結膜が腫れ、感染が十分にコントロールできず長期間経過すると、眼球に結膜が癒着する場合があります。これによって眼球やその周辺組織が本来の機能を発揮することができないばかりか、症状の悪化を加速させることがあります。このような状況で角膜炎を生じてしまいます。これらに関与する病原体には猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、猫クラミジアなどがあります。
また、クリプトコッカスという真菌が眼に病変を生じさせることがあります。クリプトコッカスは眼以外では主に呼吸器、特に鼻腔に病巣を作ることが多い病原体としても知られています。

その他

角膜炎は、他の眼の疾患の合併症として発症することがあります。先ほどの猫伝染性鼻気管炎(猫カゼ)のように結膜炎が派生したものや、緑内障やブドウ膜炎といった眼球内部の問題が角膜に及ぶこともあります。また、好酸球性角膜炎といって、角膜に強い炎症が引き起こされることがあります。上述のヘルペスウイルスを保有している猫での発症が多く、免疫異常が関係していると考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。この他、自発性慢性角膜上皮欠損症(SCCEDs)という角膜上皮の障害によって、難治性の角膜炎や角膜潰瘍が起こることもあります。

猫の角膜炎の症状・治療法は?

角膜と呼ばれる本来透き通った膜が炎症にさらされてしまうと、肉眼的にどのような変化が生じるのでしょうか。またそれによって角膜以外の部位や行動にどのような変化が生じるのか、そしてこれらの問題を解決するための治療の方法や注意点について解説します。

症状

角膜の表層部にある角膜上皮には、自由神経終末と呼ばれる角膜の知覚を感受するセンサーがあるので、角膜が何らかの原因で炎症を起こしたら、眼に強い痛みを感じることとなります。
また、健康な角膜は細胞の配列がきれいに揃っているため、よく観察すると表層に凹凸がまったくなく滑らかな状態となっています。角膜炎が生じた場合、この整った細胞分布が侵されることで、角膜表面がザラザラすることがあります。傷がより深い場合は「角膜潰瘍(かくまくかいよう)」と呼ばれる状態になります。傷の深さによって重症度も増していきます。角膜を完全に貫く傷ができた場合は「角膜穿孔(かくまくせんこう)」と呼ばれ、眼球内部の光彩が角膜に癒着するようになることもあります。

強い痛みによって目を開けにくそうにする様子が見られるほか、涙の量が増加します。炎症が強いと充血も現れます。もともと感染症が由来した角膜炎であれば、目やにが増えます。角膜炎によって細菌感染を誘発することもあるので、目やにが多く産生されます。
強い角膜の炎症が生じると、角膜自体が浮腫(むくみ)を生じるため、本来の透明さが失われて白く濁ったような状態になります。

また、角膜炎は時間が経過するにつれ患部に変化が現れることがあります。角膜炎が慢性化している場合、角膜に本来見られることのない血管が分布することがあります。これを「角膜パンヌス」と呼びます。角膜を修復させようとして栄養を供給するための対策として現れた変化です。一度形成された角膜パンヌスは、それに合わせたケアを行う必要があります。

外傷などによる角膜炎の場合は流涙量が増加する傾向にありますが、逆に涙が十分に生成されないことによって発症する「乾性角結膜炎」があります。ドライアイと呼ばれることもあり、本来潤っていなければならない角膜が乾燥することで、角膜の正常なバリア機能が発揮されず、傷がつきやすくなります。猫の乾性角結膜炎は犬ほど頻繁に見られるものではありませんが、流涙量が少ない場合は注意が必要です。

猫の場合は眼に痛みや違和感があると気にして眼をこする仕草をします。そしてそれが悪化要因となってしまうため、1日様子を見たことで眼の症状が大幅に進行してしまうことがあります。特に角膜穿孔を伴うような大きなダメージが生じている場合は、早期に治療ができなかった場合、失明に至ることもあります

治療法

猫の角膜炎の治療で重要なのは、早期に適切な診断をして治療につなげることです。治療の鉄則として、損傷を受けた角膜の修復を図ること、炎症を抑えること、感染のコントロールをすることが挙げられます。角膜のダメージが軽度であれば、点眼薬を使った治療が主となります。角膜の修復に必要な成分を補うことや、抗炎症剤、抗生物質などを用います。猫カゼのように他の疾患から角膜炎を併発した場合には、その原因となっている病気に対する治療も同時に行います。深部に及ぶ角膜潰瘍や角膜穿孔を起こしているような場合は、外科的な処置が必要となります。また、角膜保護を目的とした動物用のコンタクトレンズを一定期間装着する治療方法もあります。

乾性角結膜炎の場合は、自身で十分な涙を生成できないので、人工涙液を定期的に点眼する必要があります。

眼はその特殊な構造上、飲み薬や注射が十分に到達しにくいため、点眼薬による治療が最も重要なものとなります。しかも1日に何度も点眼する必要があるため、おうちでも定期的に処置をすることとなります。薬によって必要な点眼の回数が異なりますが、かかりつけの獣医師の指示のもといち早く回復できるために根気強く眼薬を使ってケアをしましょう。

猫の角膜炎の治療費は?

猫の角膜炎の治療費は、その炎症や損傷の程度によって大幅に異なります。ごくごく軽度の角膜炎であれば、診察と検査、そして点眼薬の処方を行い単回あるいは2~3回の通院で治癒し、1万円以下の治療費となることが一般的です。一方角膜の損傷が著しい場合は、外科手術を必要とするほか、場合によっては入院が必要になることもあるので、総額10万円を超えることも少なくありません。そのため、高額な医療費がかかるような重篤な状態になる前に、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

【関連サイト】
角膜炎 <猫>|みんなのどうぶつ病気大百科

猫の角膜炎の予防法はある?

目を細める猫

角膜炎を予防する方法として、角膜に刺激を与えかねないものを生活環境から除外することが理想的です。特に屋外は、他の動物や草木による角膜の損傷リスクが高まります。そのため、室内飼育を行うことで角膜炎となる可能性を低減できるといえます。また、猫カゼの症状からくる眼症状から角膜炎を誘発することがあります。これらはワクチン接種をしたりワクチン未接種の猫との接触を避けることで予防が可能です。
角膜炎を完全に防ぐ環境を整えるのは難しいかもしれませんが、猫にとって安全な生活環境を提供することで、予防につなげましょう。

まとめ

猫の角膜炎は外的な損傷によって角膜を傷つけた結果、眼が開けづらくなるほか痛みを生じます。細菌感染が生じると角膜はさらにダメージを拡大し、治療に時間を要するようになります。病変が小規模であれば適切な治療を行うことで元通りの状態に戻すことができますが、合併症や病変の大きさ、時間が経過している場合ではなかなか改善につなげられないこともあります。そのため、眼の異常を発見した際には早めに動物病院に連れていき、治療を受けるようにましょう。健康な眼を維持するために、眼にとっての危険因子を住環境からできるだけ排除して、健やかに過ごしていただきたいと思います。

監修獣医師

増田国充

増田国充

北里大学を卒業し、2001年に獣医師免許取得。愛知県、静岡県内の動物病院勤務を経て、2007年にますだ動物クリニック開業。現在は、コンパニオンアニマルの診療に加え、鍼灸をはじめとした東洋医療科を重点的に行う。専門学校ルネサンス・ペット・アカデミー非常勤講師、国際中獣医学院日本校事務局長、日本ペット中医学研究会学術委員、日本ペットマッサージ協会理事など。趣味は旅行、目標は気象予報ができる獣医師。