トイレにいる子猫

猫を迎えたときに気を付けるべき病気のひとつに、回虫症があります。猫の回虫症は、重症になることはまれですが、子猫の成長に影響が出たり、消化器症状を起こしたりすることがあります。また、人に感染する可能性もあるため注意が必要です。今回は猫の回虫症について、感染経路や症状、対処法をお話しします。

猫の回虫症とは?

眠る子猫
猫回虫(Toxocaracati)もしくは犬小回虫(toxascarisleonina)が感染することで起こる寄生虫症です。成虫は長さ5~10㎝くらいの白い糸状の虫です。小腸に寄生し、雌はたくさんの卵を産みます。

卵は球形から類球形で、便に排泄されますが、とても小さく肉眼では見えません。そのため便を顕微鏡で観察し、卵の存在を確認することで診断します。猫回虫の卵は表面が不規則にへこんでいて、犬小回虫の卵は表面が滑らかです。

便の中に出た卵は未熟な状態で感染力はありませんが、その後、砂場などの環境下で成熟し卵の中に幼虫がいる状態になると感染力が備わります。成熟までの期間は猫回虫で2~4週間、犬小回虫で3~6日くらいです。成熟した卵は環境中での抵抗性が強く、1年以上感染力を維持することもあります。

回虫の卵が猫の体内に入るとどうなる?

猫回虫の成熟卵を猫が食べると胃で孵化します。孵化した幼虫が胃壁に入り込み、血液やリンパにのって肝臓、さらに肺へと移行します。その後、気管から喉を通って食道に入り込み、胃から小腸に到着し、成虫になって、卵を産みます。感染してから6~7週間で便に卵が排泄されるようになります。

犬小回虫の成熟卵は十二指腸で孵化し、幼虫は体内を移行することなく腸粘膜に侵入して発育し、成虫となります。感染して約2ヶ月で便に卵が排泄されるようになります。

ちなみにげっ歯類などが成熟した卵を食べると、幼虫がさまざまな組織に移行しとどまります。これを待機宿主といいます。

猫が回虫症に感染する経路は?

猫の親子

猫はどのようにして回虫に感染するのでしょうか。主に3つの感染経路があります。

回虫卵

便の中に出た未熟な卵が砂場などの環境下で成熟し、卵の中に幼虫がいる状態になり、その状態の卵を猫が口にすることで感染します。

母子感染

猫回虫は、大人の猫が感染すると幼虫が肺などの組織の中にとどまることがあります。その猫が妊娠、出産すると、母乳の中に幼虫が出てきて子猫に感染します。

待機宿主

体内に幼虫を持っているネズミなどの待機宿主を猫が捕食することによって感染します。

どんな症状になる?

成虫は小腸に寄生しますが、少量だと症状がないことがほとんどです。大量に寄生すると嘔吐、下痢、太鼓腹、食欲の低下や発育不良などが起こることがあります。便に虫が排泄されたり、胃に迷いこんだ虫が吐き出されたりすることもめずらしくありません。

幼虫は移行した組織を傷つけますが、基本的には少数なので症状はありません。大量の幼虫が肺に移行すると肺炎を起こすことがあります。また、のどを通る際に幼虫が吐き出されたり、咳をしたりすることもあります。
【関連記事】
猫の下痢は何で起こる? 飼い主が知っておきたい原因と対策

猫の回虫症の治療法は?

猫に薬を与える
回虫症は、便の中の虫卵を確認することで診断します。回虫症と診断されたら、どうしたらいいのでしょうか。

駆除薬を投与

回虫を駆除するために、駆虫薬を投与します。駆虫薬には錠剤や背中に垂らすスポット剤などさまざまなものがあります。若い子や妊娠中などには使えないものもあるため、病院で相談し、処方してもらいましょう。

下痢や嘔吐などの症状があれば、そちらに対しての治療を一緒に行います。ほかにも猫がいる場合は、感染している可能性があるため飼育している猫すべてに駆虫薬を投与することが大切です。

投薬のスケジュールは?

子猫の場合は、生後6週目から3ヶ月齢まで、2週に1回駆虫薬を与えます。その後は6ヶ月齢まで月に1回駆虫を行います。

成猫も定期的に糞便検査を行い、感染が認められたら駆虫薬を投与します。定期的な検査を行わない場合には3ヶ月ごと、年に4回の治療により寄生虫症のリスクが大幅に減ると言われています。

猫の回虫症は人にも感染する?

人の膝の上に手をのせる猫
猫の回虫症は人に感染する可能性がある人獣共通感染症として重要な病気です。特に子供は公園の砂場などから感染することがあるため、注意が必要です。また、鶏肉のレバーの生食などから感染することもあります。

人が感染した場合の症状は?

人に感染した場合には、幼虫がいろいろな臓器を移行することで「幼虫移行症」を引き起こすことがあります。肝炎や肺炎、脳であればてんかん発作、眼であれば失明など、重大な症状が現れます。

猫の回虫症の予防方法は?

子猫は母子感染の可能性があるため、糞便検査や予防的な駆虫が重要です。成猫も定期的に糞便検査を行い、駆虫薬を適切に投与しましょう。また、ネズミなどを捕食して再感染したりしないように、室内飼育にして外に出さないことも非常に大切です。

猫の便の中の回虫卵が感染力を持つまでには一定の時間がかかるため、便が排泄されたらすぐに処理するようにすると感染のリスクは低くなります。また、人が砂場で遊んだ後や、庭で土を触った後にはしっかり手を洗うことが大切です。感染源になり得るレバーの生食などは控えるようにしましょう。

まとめ

猫の回虫症は、子猫でもっとも多くみられる寄生虫症で、なおかつ人にも感染することがあるため注意が必要です。新しく猫を迎えた際には、早めに検査や治療を行うようにし、安心して愛猫との生活を送れるようにしましょう。

病気やケガをする前に…

病気やケガは、いつわが子の身にふりかかるかわかりません。万が一、病気になってしまったり、ケガをしてしまっても、納得のいく治療をしてあげるために、ペット保険への加入を検討してみるのもよいかもしれません。

猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ
猫ちゃんの保険ならアニコム損保におまかせ

猫専用ダイヤル、好評運用中です!

猫大好きオペレーターがお電話を承ります!
【ニャンともあんしんサービスセンター】0800-777-5625(ゴロニャーゴ)

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※しつけカウンセラーや獣医師によるしつけ・健康相談はご契約者向けのサービスとなります。
受付時間:平日9:30~17:30 / 土日・祝日9:30~15:30
アニコム損保のペット保険

【どうぶつの病気に関するデータを公開

みんなのどうぶつ病気大百科
アニコム損保が保有する世界最大規模の診療データをもとに、品種別・年齢別・性別のかかりやすい病気や、診療費の目安、平均通院回数などの統計データを調べることができるサイトです。犬・猫だけでなく、鳥・うさぎ・フェレットのデータも公開しています(※)。

(※)鳥・うさぎ・フェレットは年齢別・性別のみ検索可能

監修獣医師

石川美衣

石川美衣

日本獣医生命科学大学卒業。2008年、獣医師免許取得。卒業後は横浜市の動物病院で診察に従事、また東京農工大学で皮膚科研修医をしていました。2016年に日本獣医皮膚科認定医取得。現在は川崎市の動物病院で一次診療に従事。小さいころからずっと犬と生活しており、実家には今もポメラニアンがいて、帰省のたびにお腹の毛をモフモフするのが楽しみ。診察で出会う犬猫やウサギなどの可愛さに日々癒されています。そろそろ我が家にも新しい子を迎えたいと思案中。