食べた後に吐いてしまう、吐こうとするのに何も出ない…猫が吐いているときに考えられること

概要

Overview

猫は日常的に「毛玉を吐く」ので、慣れてしまった飼い主もいるかもしれません。吐いたものが毛玉であれば、それほど深刻になる必要はありませんが、内容物によっては大きな病気が隠れているかもしれません。この「吐く」という症状について、どんな病気が考えられるか、その診断までの流れ、さらに自宅でできる対策方法についてご紹介します。

【「吐いている」の症状フローチャート】

猫 吐いている フロチャ

 

「症状フローチャート」では、動物病院に行った際、どのような検査をして診断を受けるかが一目でわかります。
わが子のいつもと異なる行動や状態に気づいたら、「主訴」から順に症状をたどってみてください。ごく軽度の場合はご自宅で様子を見ることもできますが、状態がひどかったり、軽度でも数日続くようなら動物病院での受診をお勧めします。

※「症状フローチャート」は、一般的な獣医療における診断を図式化しています。

 

それぞれの病気についてはこちらから

▶異物誤飲
▶腸閉塞
▶巨大食道症
▶腫瘍
▶子宮蓄膿症
▶膵炎
▶尿毒症
▶甲状腺機能亢進症

 

猫が吐いたときの主な内容物

猫 吐いてる

 

自宅でできるケアのポイント 

「吐く」のを防いであげるためには、毎日、あげている「ごはん」から考えたほうがよいかもしれません。ここでは、ごはんのチェックポイントや日々、注意したいポイントをご紹介します。

 

■ごはんのチェックポイント

・人の食べ物はあげない

人の食べ物は、塩分や脂肪分が多いのであげないようにしましょう。人にはおいしく、また健康に良い食べ物も、猫の健康を損ねる場合があります。

・ごはんのあげ方

一気食い、早食いは誤嚥(ごえん)やおなかにガスが溜まる原因となります。食後すぐに激しい運動をすることもよくありません。早食い防止用の食器を利用したり、食事のあとしばらくは落ちついて過ごせるよう、食事のタイミングを工夫しましょう。
また、フードを変更するときは、それまでのごはんに少しずつ新しいフードを混ぜ、徐々に量を増やし、時間をかけて変更するようにしましょう。
猫用のおやつもあげすぎると消化不良の原因になり、おなかに負担がかかります。メインのごはんの 1割程度の量を超えないよう心がけましょう。

 

■異物誤飲に注意

猫にしつけをすることは難しいので、整理整頓で誤飲を防ぎましょう。普段から、飲み込む可能性があるものはこまめに片付けたり、おもちゃに破損がないかなど確認しましょう。なんでも口に入れてしまう猫の場合は、留守番させる際はケージに入れておくというのもひとつの方法です。

 

■毛球症に注意

グルーミングをよくする猫は毛を飲み込んでしまいます。その毛が胃から腸へ行かず、胃の中で毛玉になると嘔吐や食欲不振、場合によっては便秘につながります。長毛、短毛にかかわらず、こまめなブラッシングで飲み込む毛の量を減らしてあげたり、毛玉を吐いたことがある猫には毛玉対策用のごはん、サプリメントなどを試してみるのもよいでしょう。

 

■吐いてしまったら、嘔吐物や嘔吐前後の様子をチェック

嘔吐物や吐く様子、タイミングによって考えられる病気が異なります。様子を見て、かかりつけの獣医師に相談をしてください。吐くと体力をとても消耗するので、吐き気が続く場合は様子を見ずにすぐに動物病院を受診するようにしましょう。余裕があれば吐く様子の動画や吐いたものの写真をとっておくのもよいでしょう。

 

飼い主さん自身も正しい知識を

いつどのタイミングで何を吐いたか、飼い主さん自身がしっかり把握しておくようにしましょう。そうすることで、適切な検査を行い、原因をしっかりとつきとめ、治療を進めることができます。

わが子のことを誰よりも分かっている飼い主の皆さまが、この流れを知ることで、病院の先生とわが子との『三人四脚』で最適な治療を選ぶ一助にしていただければ幸いです。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

 

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
うなぎ
2024-05-28 19:28:46
家に来て1週間未満のねこちゃん(3ヶ月)が、5日前から朝食の食べ始めに未消化物を吐き出します。
その後すぐにご飯を再開したり吐いたご飯を食べようとします。
家に来る前は実家で1週間預かってもらっていましたがその期間には一度も吐いていません。
食欲旺盛で沢山遊ぶし元気なので早食いが原因かと思いましたが、連日なのでやはり心配です。
ご飯は芯が無くなるまでふやかしたカリカリを与えています。
うなぎ
2024-05-28 19:30:45
考えられる原因は何でしょうか?
また早急に受診すべきでしょうか?
最寄りのかかりつけにと考えている動物病院が2日後までお休みなので、受診する場合は早くても病院のお休み明けになります。
アニコム獣医師
2024-05-31 11:00:22
>うなぎ様
子猫ちゃんが未消化物を嘔吐する場合、空腹による一気食い以外には、食道炎や胃炎、胃内に異物が存在する場合、寄生虫疾患、巨大食道症などの機能的な疾患が考えらえます。早食いが気になる場合は、ご飯を小分けにして与え、1日の食事回数を3回以上に増やす方法もあります。ただ、嘔吐が継続するとネコちゃんに大きな負担が掛かることもありますので、早期に病院で診ていただくことをお勧めします。
れおのおかあさん
2023-12-31 02:44:33
生後1ヶ月で保護したメス猫が1歳半になり初めて吐きました。透明で黄色く少し毛の混じった内容物でした。泡立ってはいません。その30分後、エサの時間になったのでささみのふりかけをトッピングしたいつものドライフード15gをあげると、完食するところを3分の1食べたところで止め嘔吐。計4回嘔吐。落ち着き、排便。その後部屋を見てみると小指の先くらいの透明な嘔吐物が5箇所に落ちていました。原因は何でしょうか。
アニコム獣医師
2024-01-09 16:29:00
>れおのおかあさん様
ねこちゃんの嘔吐の原因は、空腹の時間が長い、毛玉の影響、誤飲、胃腸炎などの消化器の異常、腎臓病など他の内臓の異常など様々です。原因を調べるには病院で検査が必要となることもあります。嘔吐が続く場合、体力を消耗したり脱水を起こしてしまい、治療が必要となることもあるため、お早めに受診されることをお勧めいたします。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。