子宮蓄膿症 <猫>

概要

Overview

女の子のネコちゃんの子宮が細菌感染によって炎症を起こし、子宮内部で膿がたまる病気をいいます。避妊手術を行なうことで予防できます。また、ワンちゃんに比べるとネコちゃんの発症は少ない病気です。

原因

子宮内に細菌感染することが原因となって引き起こされます。発情期や出産期は、子宮が緩み、細菌に対する抵抗力が弱くなるため子宮内で細菌が増殖しやすい環境となります。細菌が子宮内で増殖してしまい、炎症が起こり、膿がたまった状態で子宮頚が閉じてしまうと、子宮の中に膿がたまり子宮蓄膿症になります。

症状

水をたくさん飲むようになり、頻繁に尿をするようになります。この症状は、子宮蓄膿症のみならず、腎不全や糖尿病等の病気でもみられることがあります。また、元気や食欲が無くなり、時には嘔吐や下痢、発熱などが見られたりすることもあります。この病気になると、多くの場合子宮の内部に膿がたまり子宮が膨れますが、発情中には子宮頚部が開き、外陰部から膿が排出されるため、子宮に膿がたまらない場合もあります。

治療

治療には、外科的治療と投薬による内科的治療があります。一般的に子宮と卵巣を切除する外科的治療を行ないますが、ネコちゃんの状態によっては抗生物質等の内科的治療を行うこともあります。内科的治療では再発する可能性があります。

予防

避妊手術を行なうことで予防が出来ます。若い子ネコちゃんの時期に避妊手術を行なうことによって、子宮蓄膿症以外にも子宮や卵巣の腫瘍の予防にもなります。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。