脳腫瘍<犬>

概要

Overview

脳腫瘍とは脳に発生する腫瘍を総称したもので、最初に腫瘍ができた部位が脳であるもの(原発性の腫瘍)と、他の部位にできた腫瘍が脳に転移したもの(続発性の腫瘍)とに大別されます。原発性の脳腫瘍は、頭蓋内の組織を構成している細胞に由来します。

その中でも、脳実質(※)から発生するものと、脳実質以外から発生するものがあります。

続発性の脳腫瘍は、神経系以外に発生した腫瘍が転移する脳腫瘍と頭蓋組織周囲に発生した腫瘍が頭蓋内に浸み込むように広がってきたもの(浸潤)とがあります。いずれも、どうぶつは発作などの神経症状を示します。

※脳そのものが機能するために働く支持組織と区別して、脳そのものを脳実質といいます。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

原発性の脳腫瘍のはっきりとした原因は分かっていません。犬種、性別、年齢を問わず発生しますが、高齢での発生が多い傾向がみられます。

ボクサー、ゴールデン・レトリーバー、ボストンテリア、フレンチブルドックなどは好発犬種といわれています。

症状

脳腫瘍で最も多い症状は「発作」です。また、「意味もなくグルグルと一定の方向に回る行動を繰り返す(旋回運動)」、「体の平衡や姿勢 が保てない(運動失調)」、「首がねじれた状態になって姿勢をうまく制御できなくなる(捻転斜頸)」、「頸部知覚過敏」など、腫瘍がある部位により様々な神経症状がみられます。例えば、脳幹に腫瘍ができると平衡感覚の異常が見られますし、大脳の後頭葉に腫瘍ができると視覚異常を示したりします。また、腫瘍が大きい、あるいは急速に大きくなるような場合には、行動変化や旋回運動、頭部を押しつけるような行動、無目的な歩行や運動失調などの症状がみられます。 腫瘍が小さいうちは特段の症状がみられないことも多く、飼い主さんが犬の異常に気づいて来院した時には、既に腫瘍が大きくなっていることもありま す。

治療

脳腫瘍の治療は二つに大別されます。一つ目は腫瘍そのものを除去、あるいは減量する方法で、外科的な手術や放射線療法、化学療法などを行います。二つ目は支持療法といわれるもので、直接腫瘍にアプローチするのではなく、脳腫瘍により脳圧が亢進したり、脳の浮腫が起こっている場合に、薬を使って症状を軽減する治療法です。また、発作などの神経症状が見られる場合には抗てんかん薬などを用いて症状をコントロールします。

予防

原因がはっきりわかっていない病気であるため、予防をすることは困難です。

早期発見、早期治療が重要になりますので、上述のような症状がみられた場合には早めに動物病院を受診しましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
エルごん
2023-10-01 09:38:01
14歳のビーグルを先日、「おそらく」脳腫瘍で亡くしました。
今年に入った頃から、まれに、暑くもないのにパンティングと震えがあることがありました。
6歳前に頚椎ヘルニアを患い、手術をしており、当時の症状にも似ていましたが、今回はレントゲン異常もなく、痛み止めを使いながら経過観察としていました。
↓続く
エルごん
2023-10-01 09:42:59
7月中旬になりあきらかに歩様に異常がみられ、また、ほぼ24時間パンティングを続けるようになりました。
震えもあり、また、食べているのに体重の低下がみられました。
ヘルニアの再発もやはり考慮され、ステロイド剤を少し投与しましたが、状態は変わらず、また、色々と総合的に判断して脳腫瘍が濃厚かもしれない、でも正確な診断としてはMRIを撮らないと分からないとのことでした。続く↓
エルごん
2023-10-01 09:49:11
14歳という年齢もあり、また、もう切ったりはったり、痛い思いはさせたくない事、苦しい状況を長引かせたくない事から画像診断はせず、我が家は、点滴もしない、強制給餌もしない、薬も飲まない、「治療をしない」という選択をしました。
本犬が食べたいだけ。飲みたいだけ。
頑張りたい所まで、とことん一緒に付き合う。

エルごん
2023-10-01 09:53:25
8月中旬からは四肢が完全に動かなくなり、後肢は脱力状態、前脚は硬直状態。
9月中旬頃には全身が完全に脱力状態となり、顔面も麻痺しているようで瞬きも出来ず、結膜炎で目やにが出るようになりました。
食欲は、9月に入った頃から徐々に落ち始め、亡くなる11日前から全く受け付けず、水のみ(水分、ではなく文字通り水しか受け入れず)の生活でした。
続く↓
エルごん
2023-10-01 09:58:32
亡くなる3日前までは嘔吐も下痢も全くありませんでしたが、
3日前に、一度、血液混じり(茶色)の嘔吐、2日前にも同様の嘔吐を2度。
亡くなる日も日中一度、同様の嘔吐。
夜にお水を欲しがり、軽く飲ませた直後にまた同様の嘔吐をして家族全員が見守る中、そのまま旅立ちました。
嘔吐以外は、悲鳴をあげるわけでもなく、硬直するわけでもなく、穏やかな、穏やかな最期でした。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。