脳腫瘍<犬>

概要

Overview

脳腫瘍とは脳に発生する腫瘍を総称したもので、最初に腫瘍ができた部位が脳であるもの(原発性の腫瘍)と、他の部位にできた腫瘍が脳に転移したもの(続発性の腫瘍)とに大別されます。原発性の脳腫瘍は、頭蓋内の組織を構成している細胞に由来します。

その中でも、脳実質(※)から発生するものと、脳実質以外から発生するものがあります。

続発性の脳腫瘍は、神経系以外に発生した腫瘍が転移する脳腫瘍と頭蓋組織周囲に発生した腫瘍が頭蓋内に浸み込むように広がってきたもの(浸潤)とがあります。いずれも、どうぶつは発作などの神経症状を示します。

※脳そのものが機能するために働く支持組織と区別して、脳そのものを脳実質といいます。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

原発性の脳腫瘍のはっきりとした原因は分かっていません。犬種、性別、年齢を問わず発生しますが、高齢での発生が多い傾向がみられます。

ボクサー、ゴールデン・レトリーバー、ボストンテリア、フレンチブルドックなどは好発犬種といわれています。

症状

脳腫瘍で最も多い症状は「発作」です。また、「意味もなくグルグルと一定の方向に回る行動を繰り返す(旋回運動)」、「体の平衡や姿勢 が保てない(運動失調)」、「首がねじれた状態になって姿勢をうまく制御できなくなる(捻転斜頸)」、「頸部知覚過敏」など、腫瘍がある部位により様々な神経症状がみられます。例えば、脳幹に腫瘍ができると平衡感覚の異常が見られますし、大脳の後頭葉に腫瘍ができると視覚異常を示したりします。また、腫瘍が大きい、あるいは急速に大きくなるような場合には、行動変化や旋回運動、頭部を押しつけるような行動、無目的な歩行や運動失調などの症状がみられます。 腫瘍が小さいうちは特段の症状がみられないことも多く、飼い主さんが犬の異常に気づいて来院した時には、既に腫瘍が大きくなっていることもありま す。

治療

脳腫瘍の治療は二つに大別されます。一つ目は腫瘍そのものを除去、あるいは減量する方法で、外科的な手術や放射線療法、化学療法などを行います。二つ目は支持療法といわれるもので、直接腫瘍にアプローチするのではなく、脳腫瘍により脳圧が亢進したり、脳の浮腫が起こっている場合に、薬を使って症状を軽減する治療法です。また、発作などの神経症状が見られる場合には抗てんかん薬などを用いて症状をコントロールします。

予防

原因がはっきりわかっていない病気であるため、予防をすることは困難です。

早期発見、早期治療が重要になりますので、上述のような症状がみられた場合には早めに動物病院を受診しましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-10-21 09:38:50
>アニュウ様
口からの食事が難しい場合、1週間程度の短期間であれば経鼻食道カテーテルや栄養点滴、それ以上の長期間であれば咽頭瘻チューブ、食道瘻チューブ、胃瘻チューブ等の設置を行うことがございます。
チューブの種類によっては麻酔や切開を伴うものがあり、どのような栄養管理を行うかは全身状態や症状によって異なりますので、担当の先生と相談されることをおすすめします。
アニュウ
2021-10-18 17:06:52
12歳のトイプードルです
炎症性腸症、肝不全、胆嚢粘液嚢腫(先月切除)などの既往歴ありです、やっと胆嚢の切除手術も無事におやったと思ったら、術後3週間で、立てなくなり、ご飯食べれず診察の結果は血液検査では特に分からず、おそらく小脳が浮腫か血栓かと言われ普段飲んでいるステロイドを倍に増やして様子を見る事になってます、食事をさせたくても首の傾きや口も開けてくれず何かアドバイスいただけないでしょうか?
アニコム獣医師
2021-06-03 11:17:01
>らぶ様
ワンちゃんの歩き方や立ち方の様子が急におかしくなった場合、脳腫瘍などの脳神経疾患によるてんかん、脊髄疾患などが原因として考えられます。
原因をはっきりさせるにはMRIが有効ですが、麻酔のリスクもございます。
他に対症療法として、まず薬により症状を軽減させる方法もあり、薬による反応を見ながら治療をすすめていく方針もございますので、かかりつけの先生とも再度ご相談なさってください。
らぶ
2021-05-31 20:05:13
16歳のトイプードルです。
3日前に急に後ろ足がおかしくなり
息もあれすぐ病院に行きました。到着した時は症状は出ておらず癲癇持ちなのでそれでないかと言われ帰ってきましたが昨日同じ症状がでて動画をとり病院に行ったら脳腫瘍かもしれないがMRIでみてみないとわからないと言われました。年齢も高齢なので全身麻酔でそのまま目を覚まさない可能性もあると言われました。いい方法はありますか
アニコム獣医師
2021-03-10 10:29:04
>ハリルー様
腫瘍細胞はグルコースを主な栄養源としているため炭水化物を多く含む食事を避け、高品質なタンパク質と脂質を含んだ食事を与える事が良いとされています。オメガ3脂肪酸(EPAやDHAなど)や抗酸化物質などは炎症を抑えたり、腫瘍細胞の成長を抑える効果が期待できますが、法律上こちらから特定のサプリや漢方のご紹介はできかねるため、かかりつけの先生にご相談なさってください。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。