蛋白漏出性腸症 <犬>

概要

Overview

蛋白漏出性腸症(たんぱくろうしゅつせい ちょうしょう)とは、腸管内部から多量の蛋白が漏れ出てしまうことによって、血液中のタンパク質が少なくなる低たんぱく血症となる病気です。原因も様々で、性別や年齢を問わず発症します。

タンパク喪失性(漏出)腸症

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

腸のリンパ腫や腸リンパ管拡張症、リンパ球性?形質細胞性腸炎などの慢性の炎症性腸疾患が原因となり、腸粘膜からタンパクが喪失してしまうため、低蛋白血症が起こり、そのためにさまざまな症状がみられます。

症状

症状として慢性的な下痢が見られることが多いですが、見られないこともあります。その他栄養が十分吸収されないため、体重減少や元気消失、嘔吐、脱水がみられます。また、低蛋白血症のために血液中に水分を保持する力が低下し、浮腫や腹水の症状が起こります。

治療

原因に応じた治療を行います。慢性の炎症性腸疾患がある場合には消炎剤などの投与を行い、腸リンパ腫などが原因の場合は抗がん剤の投与などを行います。併せて、脱水や嘔吐、下痢などの症状に対する対処療法を行ないます。腸に負担の少ない処方食を用いた食餌療法を同時に行なうこともあります。また、近年、再生医療、細胞治療の研究がさかんになされており、病院によっては有効な治療方法の一つとして実用化されています。

予防

発症を予防することは難しいため、上記の症状が現れたり、下痢が続いているときなどには、早めに動物病院での診察を受けましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ののすけののすけ
2024-03-01 07:32:39
ポメラニアンが4歳の時に診断されました。
10歳までの6年間ステロイド服用。
1ヶ月前から食欲不振、下痢、血と胃液を2回嘔吐。
血液検査で肝炎・膵炎・リパーゼ1000超え。
エコー検査では腸が開きっぱなし。
入院し点滴でも効果なく抗がん剤等の追加。
膵炎は改善し肝炎は変わらず。
貧血も起こり、8日間の入院で亡くなりました。
寿命と思いますか?まだ改善の見込みはあったでしょうか?
びびぼう
2023-12-17 19:24:21
うちの子はボルゾイてすが、6ヶ月の時に成長板早期閉鎖不全で手術、2週間後から下痢、嘔吐が続き腸重積で手術。その際に蛋白漏出性腸症と診断されました。パピーで発症は珍しく今7ヶ月なので経過観察中です。成長中なので栄養状態が心配です。今はローファットのドライフードだけです。他に食べさせていいのがありますか?
アニコム獣医師
2023-12-20 10:46:08
>びびぼう様
蛋白漏出性腸症の場合、一般的には消化によい良質なたんぱく質を十分に含んだ低脂肪のお食事などの食事療法を実施することがあります。療法食や疾患の治療のために特定のお食事を食べている場合、それ以外のものを食べてしまうと効果が薄れてしまうこともあるため、お食事についてはかかりつけの先生にもご相談されることをお勧めいたします。
びびぼう
2023-12-23 11:54:41
返信ありがとうございます。
まだ子犬なので、栄養面で心配でした。かかりつけの先生に質問したところ、栄養に関してあまり得意ではなさそうでしたので…。再度相談してみます。
ありがとうございました。
も。
2023-11-09 22:35:52
4歳トイプードルの女の子ですが
蛋白漏出性腸症と診断されました。
薬を毎日飲みながら落ち着いたと思ってたの
ですが最近また腹水が溜まってしまいました。落ち着いたり悪化したりの繰り返しです。
本人は食欲もありとても元気です
この病気に完治はないとの事ですが
1番最適な治療はやはり食事でしょうか?
1.6キロの小さめプードルですが適切な
食事量などアドバイスいただけますと
嬉しいです

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。