コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
オトヤンダ
2023-01-22 15:39:09
2022年12月7日に前脚と後脚のイボ 尻尾の付け根にできた粉瘤を摘出する為にかかりつけの病院に行った際、腹部の張りに先生が気付きエコー検査をして脾臓と肝臓に腫瘍があるとのことで12月31日高度医療センターにてCTスキャンを受け血管肉腫が確定4日入院してもう吐き気を止める位の治療法しかなく退院して家に連れ帰り年明け1月15日に家族皆に看取られて虹の橋を渡りました。
ぱむこ
2023-01-07 20:40:18
18歳シーズー✖️ダックスです
10月終わりに脾臓に癌があるかもしれないと言われ経過観察を続けていました。
年齢的に手術は難しいとの判断です。
年を超えてから食欲が落ちてきたため急遽病院へ。
脾臓の癌が大きくなっている事と肝臓への転移が認められてあと1ヶ月もつかどうかと、脾臓破裂など、いつ何がおきてもおかしくないと言われました。
ステロイドなどもなく、このまま見守るしかないのでしょうか?
アニコム獣医師
2023-01-12 09:30:26
>ぱむこ様
手術などの根治的な治療が難しい場合には、痛み止めなどの対症療法的な治療を行いながらケアを行うことが多いです。わんちゃんの状態によっても必要な治療やケアが異なるため、かかりつけの先生にもご相談されてみてください。また、急にぐったりするなど脾臓破裂が疑われる様子が見られた場合の対応についても、あらかじめご相談されておくことをお勧めいたします。
レディー
2022-12-10 22:51:06
10月にかかりつけ医で検査をして大学病院を紹介され1日中検査しましたところ肝臓に腫瘍があるとのこと手術してもらいました腫瘍は三つ二つは良性ひとつが血管肉腫でした退院した日は徹夜で看病しましたが、入院中はご飯食べず元気なく居たようですが、看病のかいがあり翌朝にはご飯モリモリ食べて、日々免疫力を高める食事貧血の為に牛肉をあげてサプリメントも飲ませて今日で手術から2ヶ月以上経過してますが散歩も出来てます
ぱるる
2022-11-11 16:43:46
トイプードル13歳 激しい下痢で受診した際に脾臓の腫瘍が見つかりました。
5月終わりに摘出手術、抗がん剤治療はせずステロイド投与。
とても活発で食欲も旺盛、楽しそうにお散歩する姿が嬉しかったです。
3ヶ月後転移が見つかりましたが9月中旬までは体調は良さげでした。その後少しずつしんどそうになり11月10日に息を引き取りました。前日までお散歩もしました。好きなことをさせてあげられて良かったです。

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。