コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
ちぃたん3
2020-10-13 16:33:09
胸水を抜いてもらうと呼吸が楽になったのか、呼吸も普通になっていました。
しかし獣医師は、大量の胸水(真っ黄色で無臭の粘着質)や今までの症状から、猫伝染性腹膜炎FIPである可能性が非常に高いと言われました。
聞いたことない病名で驚いたのですが、説明を受け余命は1週間とその場で言われ、ショックで崩れ落ちました。
致死率99.9%で治療法はなく、症状を緩和する対処療法しかないとの説明を受けました。
ちぃたん2
2020-10-13 16:18:58
薬をもらい投薬を続けたけど、症状が改善されることはなく、1週間くらい経つ頃には呼吸がどんどん速くなっていきました。
この呼吸は普通ではないと思ったのですが、別の病院へ行っても風邪かなとのことでした。
ある日仕事から帰宅すると、口呼吸でよだれを垂らして苦しそうに私の傍へやってきました。
ただ事ではないと思い、夜間診療へ駆けつけました。
すぐに酸素室へ通され、胸水が溜まっていました。(続
ちぃたん
2020-10-13 16:13:22
昨年ですがうちの猫ちくわがFIPと診断され、1歳5ヶ月の短い猫生を終えました。
本当に賢くて可愛い子でした。
誰かの参考になればと思い書きたいと思います。
初めはなぜかよく眠るようになり、あまりごはんを食べなくなりました。
少し熱っぽいけど眠いからかなと特段気にすることはなかったのですが、
呼吸が深いような気もしていました。
念のためかかりつけの動物病院へ行き風邪と言われたので(続
アニコムどうぶつ病気大百科編集部
2020-08-25 11:15:51
保険に関するご質問は、以下で承っております。
お手数おかけいたしますが、お問合せいただけますようお願い申し上げます。

https://faq.anicom-sompo.co.jp/faq/show/2617?site_domain=default
popo
2020-08-23 16:01:37
保険の加入を検討しています。多くの保険会社では保険期間中にFIPを発症した場合、保険期間に限り保険金を支払うとしています。つまりは更新後は保険金が支払われないという事ですが、アニコムさんも同様でしょうか?

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。