コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
獣医師 米里
2020-10-15 11:17:03
>あまてる様
インターフェロンはウィルス感染等の治療に使用され、免疫力や抵抗力を高めウィルスによる症状を抑制する効果があるとされています。また、ネコ風邪と言われる呼吸器症状を引き起こすウィルスに対しては有効性が確認されていますが、FIPに関してはどの程度状況が改善するか、ネコちゃんの状態により異なります。一度かかりつけの先生にもご相談いただければと思います。
あまてる
2020-10-14 15:17:14
約4か月の保護猫の預かりをしています。黄疸が出て強制給餌を始めました。最初の診察から4日後、他の病院でマンソン裂頭条虫ということで注射を。貧血や血小板の著しい低下がありました。変わらず今日まで強制給餌をしています。マンソン裂頭条虫の治療から3日後、猫風邪ということで抗生剤が処方されましたが、本日腹水がありFIPと言われました。インターフェロンはどのくらい効果がありますか?
ちぃたん11
2020-10-13 18:02:40
もっと早くに治療できていたら。薬がちゃんと海外から届いていたら。
後悔や悲しい想いは1年経ってもまだ全然消えませんが、短い命であってもちくわが残してくれたことはたくさんあり、この病気を知らない猫を飼ってる方にも知って欲しいと思いました。
高額で治療のハードルは高いけど希望はありました。
獣医さんや多頭飼育や猫を飼ってみたいと思っている方にも届いたらと思います。
長くなりすみません。
ちぃたん10
2020-10-13 17:40:24
胸水により心臓が止まってしまったのか、との推定でした。
薬の名前は検索するとすぐ出てくるのであえて書きませんが、獣医さんでもこの未承認の薬のことを知らない方が多いと聞きました。地元のかかりつけ獣医さんは初めて知ったようでした。
投与された数日間は何度も書きますが本当に治る、と思えたのは事実です。
ちぃたん9
2020-10-13 17:35:24
前日もごはんも食べ元気に過ごしていたのに、突然のことに悲しくて悲しくて・・・
あの薬の注射で、あんなに元気のなかったちくわが治る確信を持てるほど元気になってたのに、もし海外からの薬が通常通り届いていたならと思うと、本当に悲しくて苦しいです。死因ははっきりわかりませんが、腹水や胸水が溜まっていたので、一時的に薬で抑えられていたのに、薬がなく数日間開いてしまい、ウイルスが一気に増えてしまったのか、

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。