免疫介在性溶血性貧血(IMHA) <犬>

概要

Overview

免疫介在性溶血性貧血は、自己免疫性溶血性貧血と呼ばれることもあり、何かしらのきっかけによって犬の免疫機能に異常がおこり、自身の赤血球を破壊してしまうことから貧血の症状を示す病気です。男の子の犬より女の子の犬の発症が多いことで知られています。

 

犬の免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の診療フローチャート

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

発生の原因ははっきりわかっていませんが、感染や遺伝的な素因も原因の一つではないかといわれています。自身の免疫機能が何らかのきっかけで自分自身の赤血球に抗体を作ってしまい、その抗体によって、血管、脾臓、肝臓、骨髄などにある自分自身の赤血球を破壊してしまうことが原因となります。感染症や悪性腫瘍など他の病気が引き金となって起こる二次性のものもあります。
この病気がよく見られる犬種としては、マルチーズ、シー・ズー、プードル、コッカー・スパニエル、アイリッシュ・セッターなどが挙げられます。

症状

食欲不振や元気喪失、また、疲れやすくなり動くと息切れをするなどの一般的な貧血の症状がみられます。貧血によって舌やお口の粘膜などが血色を失い、白っぽく見えるようになります。その他に赤血球の色素が尿に溶け、赤い尿としてみられる血色素尿や黄疸などの症状が起こります。

治療

お薬で異常な免疫機能を抑える治療をして、赤血球の破壊を食い止めます。一般的にはステロイドが使用されることが多いですが、症状の強さによりシクロスポリンなど他の免疫抑制剤を合わせて使用することもあります。また、重度の場合には、QOLを向上させるために、輸血療法や酸素室の利用を行うことがあります。

お薬での治療で十分な効果が得られない場合には、赤血球が破壊される場所の一つである脾臓を手術で摘出することもあります。

感染症などが原因で二次性に免疫介在性溶血性貧血になっている場合には原因に対する治療を同時に行います。

治療は数ヶ月かかることが多く、いったん完治した場合でも再発することがあるので注意が必要です。また、近年、再生医療、細胞治療の研究がさかんになされており、病院によっては有効な治療方法の一つとして実用化されています。

予防

発症の原因がはっきりしていないので、予防することは難しい病気です。治療が遅れると重症になることもあるため、早期発見・治療が重要です。上記のような症状がみられたら、早めにかかりつけの先生に相談してください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
はなもも
2021-09-16 21:18:17
13歳10ヶ月のキャバリアのはなが免疫介在性溶血性貧血にかかりました。ある日赤みの強いオレンジ色のおしっこをして、すぐ病院に連れていき即入院。1週間がヤマだと言われました。はなの生命力で1週間で無事ヤマを乗り越え退院出来ましたが、自宅で過ごして1週間。急変して翌日病院で旅立ってしまいました。本当にあっという間でした…。最後は合併症を起こしてました。色々後悔もありますが幸せな思い出ばかりです。
E
2021-09-09 00:06:02
今12歳になったシーズー女の子は6歳で免疫介在性溶血性貧血と診断され三回の輸血、容態が悪くなり免疫グロブリン投与、脾臓摘出して2年半病院に通い薬もやめられて今は普通に元気になりました。希望は捨てないでください。今日その子の子供今10歳が同じ病気だと診断され入院しました。母犬同様これから頑張って治したいです。
ももなっちゃん
2021-09-05 09:45:49
6月27日、虹の橋を渡って行きました。
おしっこの色がオレンジのように濃くて、おかしいなと思い病院に連れていったら、先生が『重症かも!』で即入院。前日は普通に散歩行ってご飯も食べて。結果『免疫介在性溶血性貧血』急変したので自宅で看取りたいと連れて帰り、一晩苦しさと闘い、早朝のお別れでした。
こんな悲しく怖い病気があるなんて、、こちらのコメントで同じ病気で亡くなった子達が多いのにも驚きました。
あい
2021-09-02 21:36:43
昨日今日で2回の輸血、薬の投与でようやく赤血球の減少が緩やかになりました。
ほんのわずかな希望かもしれませんが諦めたくない。
あげられるなら血を全部あげたい。

体力の面も見てこれ以上の輸血はできない、とのことで後は神様に祈るだけ。
どうか助けてください。
あい
2021-09-01 23:30:50
一昨日診断されて今日輸血をしました。
正直今夜超えられるかわかりません、時間がないですと先生に言われとても苦しいです。
学生のときから社会人の今まで寄り添ってくれた大事な子です。

なんとか、なんとか乗り越えてほしい。
神様がこの世界にいるなら助けてほしい。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。