いつもより多い、かまえるのに出ていない…猫のおしっこの頻度、量がいつもと違うとき

概要

Overview

1日に何回、トータルでどのくらいの量のおしっこをするのかを把握しておくことは、わが子の健康管理をしていく上で、とても重要なことです。おしっこの量だけでなく、どのくらい飲んでいるのか、飲水量もあわせて把握しておくとよいでしょう。ここでは、おしっこの頻度や量がいつもと違うというときに、考えられる病気とその診断までの流れ、さらに自宅でできる対策方法についてご紹介します。

【「おしっこの頻度、量がおかしいとき」の症状フローチャート】

猫 おしっこ頻度 フロチャ

「症状フローチャート」では、動物病院に行った際、どのような検査をして診断を受けるかが一目でわかります。
わが子のいつもと異なる行動や状態に気づいたら、「主訴」から順に症状をたどってみてください。ごく軽度の場合はご自宅で様子を見ることもできますが、状態がひどかったり、軽度でも数日続くようなら動物病院での受診をお勧めします。

※「症状フローチャート」は、一般的な獣医療における診断を図式化しています。

 

それぞれの病気についてはこちらから

▶腎不全

【おしっこの回数が多いが、量は少ない】
▶膀胱炎
▶ 尿石症

【おしっこの回数が多く、量も多い】
▶糖尿病
▶子宮蓄膿症
▶腫瘍
▶慢性腎障害

 

おしっこの正常な回数・量を知ろう!

猫種によって体重は異なります。体重1㎏あたりのおしっこの量、1日に飲む水の量の目安を以下に紹介します。ぜひ参考にしてください。

猫 おしっこ頻度

 

自宅でできるケアのポイント

おしっこに異常が起きる前に、また、何かあっても早期発見ができるように、普段から気をつけておきたいポイントをご紹介します。

 

■普段から尿の回数や量をチェック

冒頭でも触れましたが、普段の回数や量を把握していれば、ちょっとした変化に気がつきやすく、早期発見につながります。季節によって、回数や量は変化するので、季節ごとに把握するようにしましょう。

 

■おしっこをするときの様子もチェック

おしっこをしているときの様子も確認しましょう。いつもの様子を知っておくことで、「おしっこをしようとしているけれどおしっこが出ない」「おしっこをしたそうだけれど痛がっている」といった変化にも気がつきやすくなります。おしっこがほとんど出ていない場合には、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

 

■飲み水の量もチェック

水を飲まずにいると、尿の濃度が高まり、病気につながります。逆に、病気によっては、飲む水の量が異常に増えることもあります。飲み水は計量カップやペットボトルなどを使って与える量を把握しておくと、飲んだ量がわかるので異常に気づきやすくおすすめです。

 

■トイレは清潔に!

トイレが汚いと、おしっこやうんちをしなくなってしまう子もいます。汚れた猫砂をこまめに変えたり、トイレトレーを定期的に洗うなどで、清潔に保ちましょう。

 

■なかなか飲んでくれないときは…

なかなか水を飲んでくれない場合には、ごはんをふやかしてあげたり、ウェットタイプのごはんを与えるのもよいかもしれません。冬場には冷たい水を飲みたがらない子もいるので、少し温めてあげるなど、工夫をしてみましょう。

 

■肥満にならないように

肥満になると、おしっこを作る腎臓に負担がかかり、腎臓の病気になりやすくなります。また、心臓やその他の臓器に負担をかけることにもつながるので、適切な量のごはんと運動を心がけましょう。猫が若いうちは、上下運動ができるような環境を作ってあげるとよいでしょう。

 

飼い主さん自身も正しい知識を

おしっこの回数や量の変化に気づくことで、隠れていた病気を見つけられることもあります。普段からわが子の様子を観察するようにしましょう。

わが子のことを誰よりも分かっている飼い主の皆さまが、この流れを知ることで、病院の先生とわが子との『三人四脚』で最適な治療を選ぶ一助にしていただければ幸いです。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

 

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
猫耳
2024-02-14 21:01:43
雌猫の7歳で未避妊なのですが、
発情期中はおしっこの回数が5回くらいになるのですが大丈夫なのでしょうか?
アニコム獣医師
2024-02-20 15:38:56
>猫耳様
ネコちゃんの平均排尿回数は1日2~3回ですが、発情期になると通常より回数が多くなることがあります。ただし発情とは別に、膀胱炎や膀胱結石に罹患して排尿回数が増えることもあるため、血尿や濁った色の尿が出る、尿が出にくそう・毎回少量しか出ない、発情期が終了しても症状が変わらないなど、一つでも気になることがありましたら、早めに病院にご相談いただくことをお勧めします。
茶々
2024-01-01 20:59:19
数日前から トイレの砂の散らばり方が気になったり おしっこの量が少なく観察していました。何度もトイレに行きますがごく少量の排尿しか出ません。出ない時もありました。まだ 血尿は見られていません。受診したいのですが お正月でどこもやってません。4日までこのまま 様子を見ても大丈夫でしょうか。食欲は減少してません。 
アニコム獣医師
2024-01-09 16:32:11
>茶々様
膀胱炎により頻尿を起こしている可能性もあれば、結石などにより尿道閉塞を起こしてしまっている可能性もあります。万が一尿道閉塞を起こしてしまっていると、腎臓へのダメージから急に体調が悪化してしまう場合もあるため、ねこちゃんのおしっこが出づらい様子がある場合には、近隣の診療している病院や夜間救急病院へお早めに受診されることをお勧めいたします。
匿名
2023-12-16 20:49:54
メス猫なのですが、
1日の尿量が少なかったり普通だったりするのは異常なのでしょうか?
大体1日の排尿回数は2回〜3回、
時たまに4回する日もあります。
ついこの間は1日5回してたのですが、
2回程は尿量が少なめでした。
臭いは変わりません。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。