肥満細胞腫 <猫>

概要

Overview

肥満細胞腫は、肥満細胞という免疫に大きく関与する細胞が腫瘍化する病気です。
猫の肥満細胞腫は、皮膚に発生する「皮膚型」と、脾臓・肝臓・腸などに発生する「内臓型」があります。「皮膚型」は比較的良性の腫瘍が多いのですが、「内臓型」の場合、悪性度が高く転移しやすいといわれています。

肥満細胞腫(猫) 診療フローチャート

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト
 

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、中高齢の猫に多く発症する傾向があります。

症状

肥満細胞腫の悪性度やできた場所によって症状は異なります。
「皮膚型」の場合、顔や耳介に発症することが多く、単独に発生する場合と多発性の場合があります。脱毛や炎症を伴うことも多く、外見上皮膚病に似ている場合もあります。「内臓型」の場合、体内に腫瘍ができるので、嘔吐や下痢、食欲不振などの症状を引き起こすことがあります。「内臓型」の肥満細胞腫は転移することも多く、転移の場所によって様々な症状を引き起こし、死にいたることもあります。

治療

肥満細胞腫の悪性度やできている部分、転移があるかどうかによって治療は異なってきます。
「皮膚型」で悪性度が低く、転移がない場合には、転移や再発を予防するために腫瘍周辺の正常組織ごと外科的に摘出し、摘出後に多くの場合ステロイドの投薬を行います。「内臓型」で脾臓に発生している場合には脾臓摘出を行いますが、その他の場所に転移などがあり摘出が難しい場合には、抗がん剤やステロイド剤を投与する化学療法を行ったり、放射線療法を行いますが、完治は難しいといわれています。

予防

発症原因がはっきりわからないので、発症自体を予防することは難しいです。しかしながら、早期発見による早期治療が重要となりますので、定期的に検診を行うことや、日頃から猫の体をこまめに触ることを心がけ、「しこり」や上記のような症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ネコ大好き
2024-01-20 11:03:55
今日アメショのオス13才の子が左後ろ足の踵を舐めていたので良く見ると少し赤くハゲており、触ると柔らかく1cmくらいの腫瘍になっていました
食欲はいつもと変わらず元気にみえます、歩き方は特に普通で触っても痛そうにはしていません
病院へ行って診てもらった方が良いでしょうか?
アニコム獣医師
2024-01-24 09:51:50
>ネコ大好き様
一般的に患部を舐めている場合には痒みや痛み、違和感などがある可能性があり、皮膚に赤みがある場合には炎症が起きている可能性があります。今回のようにできものがある場合には腫瘍の他にも血液のような液体や膿などが溜まっている可能性もあります。何らかの異常が疑われるため、早めにご受診いただくことをおすすめいたします。
太郎
2024-01-12 16:32:43
13歳のメスのにゃんこ(FIVキャリア未発症)です。
首周りや尻尾の付け根、脇下などにできものがあったため受診しました。
首周りや付け根は脂肪腫と言われたのですが、脇下のもの(直径5mmほど)だけが肥満細胞腫と言われ、外科手術を行う手筈になっているのですが、指定された日程的に予後の看護に不安があり、2週間〜1ヶ月後にずらすのは有りでしょうか?
それとも即座に取った方が良いのでしょうか?
アニコム獣医師
2024-01-17 09:37:22
>太郎様
肥満細胞腫の場合、悪性度(転移や再発のしやすさ)により治療方針が変わることもあり、本当に肥満細胞腫か、悪性度がどのくらいかを判断する病理検査を行うためにも早めの手術が推奨されることが多いです。大きくなるスピードや転移の有無など実際の腫瘍の状態やねこちゃんの健康状態などによっても手術時期の判断が異なるため、ご不安な場合にはまずはかかりつけの先生にもご相談くださいね。
マル
2023-12-05 21:31:55
はじめまして。3ヶ月前に耳の近いところにイボを発見して病院へ受診しようと再度、イボがどこにあるのか確認をしたら見当たらず受診をしませんでした。その後先日、トリミングへ行った際、以前確認した場所にイボがあると言われそこでようやく受診し肥満細胞腫との事で即切除をしてもらいステロイド剤の処方を受けました。先生からは、この先転移する可能性があると言われ
3ヶ月前に受診していればと悔いが残ります。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。