コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師・南場
2020-07-28 10:32:16
>愛犬クボッス様
一般的に甲状腺低下症に使用されるホルモン剤は使用する甲状腺ホルモンの種類とメーカーさんの違い等により複数あります。
基本的にはホルモンを補充する治療がメインとなるため、ステロイドを使用するかどうかは合併している疾患の有無によります。
適した薬については、甲状腺の数値やどうぶつさんの体調等から総合的に判断されるため定期的な受診がおすすめです。
愛犬家クボッス
2020-07-22 18:51:34
甲状腺低下のホルモン補充では、薬は何種類くらいあるのですか?
ステロイド系は良くないとクチコミで聞いたことがありますが、血液検査で合った薬が特定出来るのでしょうか?
inane
2020-06-17 16:15:50

そうなんですね。

次回の診察時に相談してみます。

ありがとうございました。
アニコム獣医師 馬場
2020-06-17 04:35:04
>inane様
ソロキシンの副作用としては一般的には食欲が強くなる、活動量が増えるといった症状が多く、元気がなくなるというのは少ないかもしれません。頸部にも病気があるようですし、甲状腺ホルモン濃度の低下はほかの病気が原因で起こることもあります。お薬で体調が良くならないようでしたら、今一度、動物病院でよくご相談いただいたくことをお勧めします。
inane
2020-06-15 08:28:39
10歳の柴ビーです。
フィラリアの血液検査の時に21項目の検査をしてもらったら甲状腺ホルモンの数値が低すぎと再度検査したところ、甲状腺機能低下症と言われました。
少し前に首ヘルニアとも言われメコバラミンとアリナミンを服用しています。
今回の診断でソロキシンも服用するようになって1週間更に元気が無いような気がします。副作用で元気がなくなることがありますか?

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。