炎症性腸疾患(IBD) <犬>

概要

Overview

炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)は、炎症細胞の腸粘膜への浸潤を特徴とする原因不明の慢性消化器疾患です。IBDは浸潤する炎症細胞の種類や部位によって、「リンパ球プラズマ細胞性腸炎」、「リンパ球プラズマ細胞性結腸炎」、「好酸球性胃腸炎」、「肉芽腫性腸炎」、「組織球性潰瘍性腸炎」などに分類されています。バセンジーでは「免疫増殖性腸炎」と呼ばれる遺伝性症候群がみられます。

 

炎症性腸疾患(IBD)の診療フローチャート

原因

原因は不明とされていますが、免疫学的反応が関与していると考えられています。また、その背景には腸内細菌や過剰な食物抗原への免疫反応、腸管免疫調節の異常や腸のバリア機能の低下などが関与しているといわれています。

症状

慢性的な嘔吐や下痢、食欲不振や体重減少などの症状がみられます。軽症例ではほとんど症状を示さない場合もありますが、重症例では蛋白漏出性腸症※を示す場合もあります。
  ※蛋白漏出性腸症とは消化管粘膜から血漿蛋白が胃腸管腔へ大量に漏出することにより低タンパク血症を起こす病態をいいます。

治療

原因が食物によるものであれば、原因物質を除去した消化の良いフードに切り替えることが有効です。軽症であれば食事療法のみでコントロールができることもあります。症状が中度から重度の場合は、抗菌剤や消炎剤などの投与を行います。また、消炎剤による効果だけでは不十分な場合は免疫抑制剤を併用する場合もあります。
この病気は原因が複雑であるため、外科的に解決できるものを除いて、適切に病気を管理することが重要です。また、近年、再生医療、細胞治療の研究がさかんになされており、病院によっては有効な治療方法の一つとして実用化されています。

予防

原因がはっきりしていない病気であるため予防は難しいですが、下痢や嘔吐が続くなどの症状が見られた場合には、早めに動物病院での診察を受けましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-04-14 09:46:58
>イチロー様
内視鏡による組織検査を行った場合、消化管の細胞の一部を摘出した病理結果により、治療を行うことが多いです。現在ステロイド剤を投与しているとのことですが、投与量と期間によっては、ワンちゃんの健康状態に影響が出る場合もあります。また、抗がん剤の作用も同様ですので、再度かかりつけの先生にご相談いただくことをお勧めします。
イチロー
2021-04-09 18:43:23
我が家の柴犬11歳です。
数ヶ月前から下痢の症状があり、全身麻酔で内視鏡検査をしたところ炎症性腸疾患だと診断されて、ステロイドを使いながら治療しているのですが改善せず、担当医がリンパ腫の可能性もあるからと今週から抗がん剤のお薬も飲んでいます。
ステロイドのせいか体重はどんどん減っていき、食欲もまったくなくなり、一日中震えています。この薬の飲ませ方は合っているのでしょうか?
麦ちゃん
2021-03-11 12:14:57
1か月程前より吐き下しし始め、点滴投薬を続けています。
拾い食いはしませんが、外に散歩に行って鳥の糞とかの匂いを嗅いだ日は、特によくない気がします。
最初に胃液を吐きはじめた後、一晩中何回も下し出るものが無くなると落ち着きます。
いったん収まると手作りご飯(胸肉、鶏レバー少しとご飯)を良く食べます。
その繰り返しです。
早く良くなるようにと祈るばかりです。
ベルも大変でした
2020-10-18 23:32:27
手作り食をいろいろ試し、我が家のフレブルは、ゆでた国産ブロッコリーと、ゆでた鳥ムネ肉に、オリーブ油を少し、が基本のご飯に落ち着いてます。

もし組織球性潰瘍性大腸炎かと思われる症状があったら試してみてください。
ベルも大変でした
2020-10-18 23:23:07
組織球性潰瘍性大腸炎とはわからず。
その頃はネットでも情報が得られずに、本当に悩みました。便が水の状態で。見ていても可哀想でした。手作り食を勧めてもらい、だめ元で始め、今では嘘みたく改善され身体も変わりました。
ベルは半年くらい続いてしまった下痢だったので、、下痢に混じった粘液もたくさん見てきました。もうてだてが無いのかも。。と。思いました。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。