膵炎 <犬>

概要

Overview

膵臓は「タンパク質や脂肪、炭水化物を分解する消化液を出し、血糖値をコントロールするためにインスリンを出す」などの役割を担っている臓器です。急性の膵炎と慢性の膵炎があり、急性膵炎は膵臓の消化酵素が何らかの原因で活性化されたことで膵臓自体が自己消化されてしまうことで様々な症状を引き起こします。慢性膵炎は進行性の膵繊維化に伴う膵機能障害で、消化吸収に影響を及ぼします。

膵炎の診療フローチャート

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

はっきりとした発症の原因は不明ですが、肥満、高脂肪食、高カルシウム血症や尿毒症、腹部の外傷や手術、ウィルスや寄生虫の感染、免疫介在性疾患、薬物の投与によるものなど多くの要因が考えられています。中高齢の肥満した女の子に多く発症する傾向があります。

症状

消化不良や下痢、嘔吐、体重減少の症状を示します。腹部に激痛を伴うことによりショック症状を起こすこともあります。

治療

痛みやショック症状を抑えるため、補液や鎮痛剤の投与を行い、絶食により膵臓の働きを抑制します。絶食中の犬には静脈注射で栄養を与えます。嘔吐が抑えられるようになったら低脂肪の維持食を少しずつ何回かに分けて与えます。

予防

高脂肪食が発生の要因になるといわれています。おやつなど高脂肪食の与えすぎに注意しましょう。また、肥満の犬に多く発生する傾向があるため、肥満にならないよう体重管理をしっかり行いましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-07-05 14:26:14
>アキ様
膵炎には急性膵炎と慢性膵炎があります。ワンちゃんの膵炎は急性膵炎である場合が多く、適切な治療をすれば良化することが多いです。治療として、吐き気止めや抗生剤など薬剤の内服や注射、補液をしつつ、食事制限などにより、膵臓を休ませながら炎症をおさえていくことになります。
ワンちゃんのご状況によっても治療法や治療期間は異なってまいりますので、かかりつけの先生ともご相談いただければと思います。
アキ
2021-06-30 21:30:10
軟便が続き便を固くする薬を処方してもらっていましたが改善せず。膵炎の疑いと言われました。ステロイドの注射、抗生物質の薬が追加されました。これで良くならなかったら点滴治療が必要と言われています。もし、膵炎なら治療すれば治りますか?まだ2歳です。とても心配です。
アニコム獣医師
2021-06-22 13:11:12
>ちょ様
早急な返信が難しく、誠に申し訳ございません。すでにかかりつけの病院へ受診なさったことと思われますが、ご様子いかがでしょうか。特に、呼吸状態に異変がある場合などは素早い判断が必要なことがございます。こちらでは回答までに時間がかかるため、どうぶつさんのご様子に異常がみられる際は、早めに獣医師にご相談されることをお勧めいたします。
ちよ
2021-06-17 13:36:24
朝から何度も嘔吐。
もともとCRP数値が高い。
かかりつけの動物病院が休診のため、別の病院へ診察に行った。
膵炎との診断結果で吐き気止めの皮下点滴をしたが、元気がなく呼吸も早い。
明日、かかりつけの病院へ連れて行く予定だが、このまま出て明日まです大丈夫なのか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。