胃拡張(胃拡張胃捻転) <犬>

概要

Overview

胃が拡張し、ねじれ(捻転)を起こすことで発生します。胃や周囲の血流が遮断されることから、急激にショック状態に陥るため、著しく緊急性の高い病気です。発生後数時間で死に至ることも多くあります。

特にグレート・デーン、ボクサー、ジャーマン・シェパード、セント・バーナード、ドーベルマンなどの大型犬や超大型犬で、胸が深い犬種に多く発生する病気です。

再発することもあります。

原因

はっきりとした原因は不明ですが、胃内に停滞する液体やガスの増加や食後の過度の運動による胃拡張が主な原因となり、胃拡張に伴って胃捻転を起こします。多量のドライフードを食べた後に水を飲むことにより、胃の内容物が膨張することが胃拡張の要因の一つなることもありますので食事の与え方には注意が必要です。

症状

胃が拡張するため、胸~腹部が大きく膨らみます。そのほとんどは空気であるため、指でたたくとサッカーボールをたたいた時のような感触があります。

急激にぐったりとしはじめ、嘔吐をしたくても吐物がでない状態になり、多量のよだれを流します。その後、呼吸困難、目に見える部分の粘膜が白く退色する、脈圧が低下する、などのショック症状を起こします。そのまま治療をしないで放置しておくと数時間で死亡する場合がありますので、早急の治療が必要です。

治療

胃の空気を抜き、減圧処置を行うことで、捻転を解除する処置が重要です。口から胃にチューブを挿入したり、皮膚の上から太めの注射針を胃内に刺すことで、内部のガスを排出し、減圧します。

同時に、ショック状態の治療を行います。ショック状態の治療にはステロイドの投薬や、静脈への点滴、酸素吸入などあらゆる救急治療を行います。

ショック状態が落ち着いたら開腹手術による外科的治療を行うこともあります。一般的な手術は、捻転している胃を元の位置に戻し、再発を防ぐために胃を腹壁(お腹側の膜)に縫合糸で固定する手術となります。

予防

1回の食事で沢山の量を与えすぎたり、食後すぐに運動をしたりしないようにしましょう。特に、暑い時期は、胃内で食物が発酵するスピードが早いため、ガスの発生が起きやすく、注意が必要です。

特に大型犬で胸の深いワンちゃんは注意をしてください。食事の回数を1回だけでなく、2回以上に分けることなども予防になります。

胃拡張胃捻転症候群は健康なワンちゃんであっても、急にかかってしまう命にかかわる大変怖い病気です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
びと
2021-01-22 20:33:10
10歳のドーベルマンです。最近、拡張型心筋症と診断され、肺水腫で入院。退院した矢先、今度は胃捻転を起こしました。なんとなくお腹が張っていて具合が悪そうだなと夜間に病院へ連れて行きました。初期の段階で自力歩行でき、複数の獣医師が在院中など手術できる環境だった事が幸いし、一命を取りとめました。まだ予断を許しませんが日頃から体調など注意深く観察することの大事さを身に染みて感じました。
アニコム獣医師 工藤
2020-09-23 18:11:13
>ももちゃん様
胃捻転で脾臓まで巻き込む場合は大型犬ではまれにありますが、ダックスちゃんはめったにない状況と思います。現在は手術が終わり頑張っている状況なのですね。捻転が大きく生じ、急変したときしか大きな症状が見られないことが多いので、分かりにくかった可能性もあります。17歳で手術を乗り越えられたのは素晴らしいことですし、早く元気になってくれるよう願っております。
ももちゃん
2020-09-22 13:11:58
17歳ミニチュアダックスを飼っているものです。慢性的な胃捻転を起こしており、発見したのはつい最近のことでした。だいぶ前から起こしていたとのこと。慢性化するのはまれのまれ。しかし、ついに脾臓を巻き込んでさらに捻転してしまいました。即手術とのことで今は一応、一命はとりとめました。頑張ったと思います。年齢的にも厳しいとのことだったので、早いうちに発見してあげればよかったと申し訳ない気持ちです。
ミニチュアダック17歳〈白内障で失明中〉
2020-03-20 13:51:27
一週間前から食欲が落ち 食べ物を受け付けない様子でした。ミルサーで液体状にした食べ物を注入器で あげていたのが悪かったみたいで〈全く素人判断で反省です〉…。お腹がパンパン!慌てて動物病院へ で、朝まで持つかどうかの宣告…奇跡が起こりました。超音波やレントゲン…で左右動かせたために ガスが抜けました。今は元気です。うちの子はまれのまれです!どうか注意事項を守ってあげてください。素人判断はだめですね。
アニコム獣医師・鈴木
2019-12-24 18:04:54
ぽこぽこ様、緊張感のある報告をありがとうございます。
大型犬のリスクばかりが前面に出てしまいますが、たしかに、食後・飲水後すぐに運動したり、早食いをしたり、高齢になるとリスクが高まる病気です。
ぽこぽこ様の言う通り、受診までの早さが鍵の病気です。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。