ターミナル期の過ごし方 〜今、ここを大切に〜

 

私たち飼い主は誰しも「愛しいどうぶつたちと共に過ごす時間が、このままずっと続いてほしい」と願います。でも、私たちはヒトよりも速いスピードで凝縮した時を過ごすよう運命付けられたどうぶつたちを見送らなくてはなりません。どうぶつたちが命の炎を輝かせる時と同じように、炎が小さくなり消えゆくどうぶつを「ありがとう」という言葉とともに抱きしめてあげましょう。
いつか迎える「心痛むそのとき」をどのように過ごしたらいいのか、メンタルケアのスペシャリストでグリーフカウンセラーの稲本 有香さんからメッセージをいただきました。
 

ターミナル期の過ごし方
〜今、ここを大切に〜

                                        

 

稲本有香


                            
 「ターミナル」とは「末期」という意味の言葉です。大切なペットの病気が治る見込みがないと分かったとき、飼い主家族は大きな衝撃とともに、重大な決断を迫られます。
 一日でも長く延命を望み積極的な治療を続けるか、あるいはターミナル・ケアへと移行するか・・・。
ターミナル・ケアとは、末期医療ということです。時に苦痛を伴うこともある積極的な治療ではなく、むしろ痛みや苦痛の緩和に重点を置いた看護をさします。病院で死を迎えることが一般的になった人間の場合と異なり、ペットの場合、このターミナルの時期を在宅で介護し看取るケースも多いようです。
大切なペットとの別れに直面し介護を行う飼い主の皆様の悲しみや痛み・・・。それを少しでもやわらげるために、どのようなことが役立つか、以下にご紹介していきます。

 

 

今、ここを大切にする

 

 

QOL(クォリティーオブライフ)という言葉をご存じでしょうか。人生、生命、生活の質といった意味の言葉です。ターミナル期におけるQOLとは、痛みの緩和はもちろんのことですが、できるだけ"その子らしさ"を支えることと言っても良いかもしれません。では、"その子らしさ"を支えるとはどういうことでしょうか?ここであえて答えの一つをあげるとするなら、できるだけそれまでの日常と変わりなく、飼い主さんや家族、仲間とのふれあいの中に生き、その子本来の性質や性格が保たれるようにすること、と言えるでしょう。
私たち人間は、まだ来ぬ将来について考え、不安を感じたり、嘆いたりします。「この子がいなくなったらどうしたらよいのだろう?」と考え、悲しみにくれることは当然の感情です。しかし、ペットたちは、未来を恐れたり憂えたりすることはありません。彼らは「今、ここ」を懸命に生きているのです。彼らとともに、今、ここにある時間を大切にし、残された時をできるだけ悔いが残らないよう過ごすこと、それが何よりも大切なことではないでしょうか。

 

自分のできることを探す

 

ターミナル期のペットを介護する飼い主さんにとって、何よりもつらいことの一つは、日に日に弱って行く子を目の前にして、何もしてあげられることがないということです。悔いのない時間を過ごすためにも、自分ができることを見つけることは役立ちます。
あなたの大切なペットは何が好きですか?どんなことを喜びますか?どんなことを気持ちよいと感じますか?
ペットのQOLを維持するのに役立つそれらの答えを知っている(あるいは見つけられる)のは、飼い主であるご家族です。
食欲がない時でも、これだったら食べられる、というものを探すこともできるでしょう。ベッドの寝心地を良くするための工夫もできるかもしれません。不快感を軽減するために身体を清めてあげたり、マッサージをしたりすることで、ふれあいの時間を過ごすこともできます。
ターミナル期は愛するペットとともに歩んだ人生を振り返り、その子が自分に与えてくれた様々な価値や意味について考える大切な時間でもあります。ともに暮らした時間を思い出しながら、たくさんの「ありがとう」「愛しているよ」という想いを伝えること、それもまたペットのためにできることの一つではないでしょうか。

 

信頼できる相手に話を聞いてもらう

 

ターミナル期のペットの介護をする飼い主さんには、多くの身体的、心理的痛みが伴います。例えば、この子がいなくなったらどうしたらいいのだろうという不安や、この子がこうなってしまったのは自分のせいではないかという自責の念にかられることもあるかもしれません。治療方針の選択について、自分の選択が正しいのかという迷いが伴うこともあるでしょうし、また介護による睡眠不足や食欲不振から体調を崩すこともあるでしょう。
そのような状態の中で、ペットのQOLを維持するのはなかなか難しいことです。そのような時、とにかく一人で抱え込まず、信頼できる相手に話しを聞いてもらうことが役立ちます。家族でも、友人でも、ペット仲間でも、獣医さんでも・・・。自分が感じている痛み、様々な想いや悩みを理解してくれる人達のサポートが、ターミナル期のペットを支える助けとなります。介護に伴う負担は一人で負い切れるものではありません。ターミナル・ケアのためには、介護する家族自身の心のケアも必要だということを心にとめておいて下さい。
「相談したら迷惑になるのでは?」「こんなことを言ったら相手が困るかもしれない」「できるだけ人に頼らず自分の力で頑張らなければ」などという心理が働くかもしれません。しかし介護の時期は長い人生からみればひと時のことです。あなたと同じようにペットを愛し、あなたの気持ちを理解しようとしてくれる方々からのサポートを受け取ってください。そしていつかその方がサポートを必要とするときに、今度はあなたがその方の支えとなって下さい。
 

 

自分自身をいたわる

 

ペットの介護を一生懸命しているとき、忘れてしまいがちなのは自分自身をいたわるということです。介護が長引けばそれだけ身体的・心理的負担も増します。考えてみてください。もしあなたが介護の疲れで倒れてしまったら、あなたを頼りにしているペットはどうなるのでしょう?
 ターミナル期の介護を続けるためには、時にはリラックスできる時間を持つことも必要でしょう。ゆっくりと入浴したり、お気に入りの音楽に耳をかたむけたり・・・。マッサージやアロマテラピーなどを活用しても良いかもしれません。
また思い切ってペットのことをひと時、信頼できる相手----たとえば家族や友人、かかりつけの動物病院や馴染みのペットシッターさんなど----に看てもらい、その時間ゆっくりと休養を取るという選択肢もあるかもしれません。介護を手助けしてくれる協力者を探し、チームを作ること。(3)でも述べましたが、ペットのQOLを維持するためには介護している家族にもサポートやケアが必要だということを、ぜひ心にとめておいて下さい。

 

◇稲本 有香さんのご紹介

 

【資格】
●日本ペットカウンセラー協会認定  講師 1級ペットカウンセラー 1級ターミナルケアリスト
●GCC認定 グリーフカウンセラー
●財団法人メンタルケア協会認定 メンタルケア・スペシャリスト

【経歴】
日本語、人類学講師として長年留学生の指導に務める。家族およびペットとの死別をきっかけに死生学、ターミナルケア、グリーフケア、カウンセリング等を学ぶ。現在グリーフ教育の普及を目指し、HAAC(Human And Animal Community)において活動を行っている。

【飼っている動物】
猫 (アビシニアン ♂ 小太郎)

【ひと言】
人は互いに支え合う存在です。人生において他者からのサポートが必要な場面はいくつもありますが、大切な命を育てる責任を負っているとき、またその命との別れのとき、人はより多くのサポートを必要とするのではないでしょうか?そんなとき、周りにいる人々と自然に手をさしのべ合い、助け合うことができれば、これほど心強いことはないでしょう。人と動物がより絆を深め、ともに幸福であるために、私もまたそんな一人として、皆さんのお手伝いができればと願っております。

 

"ありがとう"の気持ちを込めて・・

 

どうぶつとそのご家族をサポートする情報サイト「アニコム メモリアル」

「アニコム メモリアル」は、どうぶつの安らかな旅立ちをサポートする情報サイトです。専門家のアドバイスを含め、そのときの対処方法から心のケアまで、幅広く情報を提供しています。
※アニコム メモリアルは、アニコム損害保険会社のグループ会社であるアニコムパフェ株式会社が運営しています。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

みなさんからのコメント

Comment
みっこ
2021-09-01 21:40:28
家には16歳の柴犬が居ます。今年の4月から痴呆が始まり、激しい夜泣きがあってどんどんと歩けなくなって、歩けない自分に怒ってるみたいでした。それが今週から歩けなくなってしまい、ずっと静かに横になって自分で寝返りも出来なくなっていて考えたくないけどもう最期が近付いているのかなと思うと涙が毎日溢れてきます。働いているので最期のときに付いていられるのか、ひとりぼっちで最期を迎えないかとても心配です。
モモちゃんと
2021-08-15 14:50:25
11歳、ミニチュアダックス
9歳ごろから心雑音ありましたが様子見…と言われて去年散歩中に脳震とうで転ぶまで精密検査や治療はしていませんでした。
心臓弁膜症と診断され投薬を続けていますが、もう良くなる事はなく負担を減らすだけなので最近は苦しそうにしていることが多く、見ていて辛いです。
もっと早く治療をしていれば長生きできたのでは、別の病院に行ったほうがいいのか等自分を責めてしまいます
悠々のママ
2021-08-10 14:01:45
オス猫。6歳。一昨日、動物病院の先生に悪性度の高い「リンパ腫」の可能性が高いと言われました。現在猫は入院治療中です。
まだ6歳で、これから5年、10年一緒に生きていこうと思っているのに。
悠々、大好きですよ!!!!悠々。元気になって!!!!!!!
もふもふ
2021-08-09 07:51:33
肺炎で自宅療養中の12歳コーギーの男の子の飼い主です。薬もなかなか効果を見せてくれない中で日に日に食欲も全くなく呼吸も荒くなってくる姿が可哀想で仕方がありません。ただ見ていることしかできないなんて辛すぎます。
もっと早く気付いてあげられればという自責の念に駆られながら、少しでも快適に居られるように温湿度管理や好きな物を与えてみたりとやっています。元気だった頃を思い出しては涙が止まりません。
訂正
2021-08-06 05:34:57
下の(マーブルの)写真は元気な頃のものです。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。