毛引き症・自咬症 <鳥>

概要

Overview

鳥は羽をきれいに保つため毛づくろいをします。ところが、異常な羽があるなどで、この行動が過剰になると、羽を抜くばかりでなく、皮膚や肉が傷つくまでエスカレートしてしまうことがあります。自分の羽を引き抜いてしまうのが毛引き症、皮膚や肉をかじってしまうのが自咬症です。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

原因

環境の変化などのストレス、退屈で周囲の気をひこうとしたりするなどの心因的なもの、ワクモ等のダニなどの外部寄生虫やヘキサミタなどの消化管内寄生虫、ウイルスの感染によるもの、栄養障害、皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害、外傷など、多くの原因が考えられるといわれています。

症状

一般的にくちばしが届く範囲での羽毛の引き抜きが見られます。また、皮膚を傷つけるため出血します。毛引き症の場合には頭部の羽毛は正常に生えそろっていることが多く、頭部の羽毛にも脱毛が見られるときには毛引き症ではない可能性があります。

治療

原因となる病気やケガの治療を行います。皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害が原因の場合にはビタミン剤や脂肪酸の投与を、寄生虫が原因の場合は駆除を行います。環境の変化等、ストレスとなっていることに心当たりがあれば、取り除いてあげましょう。飼い主さんの気を引くためにしているようであれば、ケージを不透明な板や紙などで覆い、飼い主さんの行動が見えないようにすることもあります。また、毛づくろいをしていてものぞき込まず、無視することで、羽毛の引き抜きを止めさせます。クセになっている場合には、気を紛らせるようにするとよいでしょう。精神安定剤やホルモン注射などを用いて内科的治療を行う場合もあります。自咬する場合、出血などにより命にかかわりますので、カラーをつけて防いだりします。

予防

日常生活の注意点としては、ビタミン等の不足が起こらないように食事管理に気をつけるとともに、ダニ等の感染が起こらないよう飼育環境に注意し、糞便検査などを定期的に行うことが必要です。また、飼い主さんへの強い依存が原因で毛引き症が起こっている場合には、鳥との関係の改善が大切となってきます。羽づくろいを行なっているときには鳥を無視し、ストレスなどの解消のためにおもちゃなどを与えてあげることも予防につながります。ケージから猫の姿が見えないようにする、仲の悪い鳥とケージを分ける、構いすぎたり、構わなかったりの差ができないように、ある程度の距離をおいて接するなども大切でしょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2022-04-04 09:49:55
>ムギ様
毛引きの原因には①発情期等の生理的なもの②環境の変化や不適切な環境によるストレス③ダニ等の外部寄生虫・細菌・ウイルスの感染④栄養障害⑤皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害⑥外傷⑦肝機能障害等の疾患によるもの等が考えられます。原因によって対処方法が異なるため、まずは病的な原因が隠れていないか、かかりつけの病院にてチェックしていただくことをお勧めいたします。
アニコム獣医師
2022-03-30 10:15:01
>シゲ様
お写真のような脱羽の原因には①発情等の生理的なもの②環境の変化や不適切な環境によるストレス③ダニ等の外部寄生虫・細菌・ウイルスの感染④栄養障害⑤皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害⑥外傷⑦肝機能障害等の疾患によるもの等が考えられます。原因によって対処方法が異なるため、まずは病的な原因が隠れていないかチェックしていただくことをお勧めいたします。
ムギ
2022-03-30 08:22:50
2ヶ月前にお迎えした十姉妹♂生後8ヶ月の毛引きに関する質問です。多動飼育で各ケージに1羽ずつ、毎日複数回同時放鳥、水浴びは毎日、餌はミックスシード×ペレット×ボレー粉×青菜時々。荒鳥の半手乗りで、性格は積極的で探検好き。おハゲは無し、ウイングの羽根の外側から1枚ずつ噛む→引っ張る→駄目にするか抜くの繰り返しで、今まで6~7枚毛引きしています。報われない恋をしており毎日賑やかに歌っているので発情期?
シゲ
2022-03-27 12:54:47
一週間前くらいから頭の周りの毛が抜けましたけど、悪い病気ですか?
アニコム獣医師
2022-02-24 10:52:06
>みさ様
毛引きの原因には①発情や毛繕い等の生理的なもの、②環境の変化や不適切な環境によるストレス・退屈等の心因的なもの、③ダニ等の外部寄生虫・細菌・ウイルスの感染、栄養障害、皮下脂肪の過剰な沈着による血行障害、外傷、肝機能障害や気嚢炎等の疾患によるもの等が考えられます。症状が長期間持続していることを踏まえ、まずは病的な原因が隠れていないかチェックしていただくことをお勧めいたします。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。