猫伝染性腹膜炎(FIP) <猫>

概要

Overview

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫コロナウィルスが原因となり、腹膜(胃や肝臓など臓器の表面とそれらの臓器がおさまっている腹腔を包んでいる膜)に炎症が起こる病気です。このウィルスに感染しても猫伝染性腹膜炎が発症しないこともありますが、一度発症してしまうと完治が難しい病気です。

原因

猫コロナウィルスによって起こる病気です。猫コロナウイルスに感染しても多くの場合は無症状ですが、時々呼吸器症状腸炎を引き起こすことがあります。猫コロナウイルスの一部が突然変異を起こすと、猫伝染性腹膜炎を引き起こす病原性を持つようになると考えられています。

猫コロナウイルスは感染したネコちゃんの糞便や尿、分泌物に排出され、これらに触れることで口や鼻から感染します。

症状

猫伝染性腹膜炎の症状は、「ウェットタイプ」「ドライタイプ」の 2 つの症状に分類されます。感染したネコちゃんの大部分が「ウェットタイプ」の症状を示し、体重減少・元気減退・発熱等の症状とともにお腹や胸に水が溜まり(お腹に溜まった場合は腹水、胸に溜まった場合は胸水と呼ばれます)、腹水や胸水が肺を圧迫することにより呼吸困難などの症状を起こします。また、「ドライタイプ」では、体重減少・元気減退・発熱等の症状とともに眼にぶどう膜炎や虹彩炎などの症状を起こしたり脳内に炎症を起こし神経症状を起こします。その他、腎臓や肝臓・腸にも異常が現れることがあります。
どちらのタイプも、初期症状は発熱や食欲低下等が主なため、発見しにくい病気の一つです。

治療

現在のところ、猫伝染性腹膜炎を完全に治す治療法はありません。有効であったとされる治療の報告も散見されますが、十分な検証がなされておらず、いまだ確立された治療法がないのが実情です。実際の治療としては抗生物質や抗炎症剤、インターフェロン等を用いた対症療法を行いネコちゃんの症状を緩和してあげることが主体となります。ネコちゃんがこの病気を発症すると、多くの場合、数日から数ヶ月で命を落とします。

予防

猫伝染性腹膜炎のワクチンは、まだ日本にはありません。海外にはワクチンがありますが、その有効性ははっきりわかっていません。そのため、ネコちゃんを猫コロナウィルスの感染から守るために、感染ネコちゃんとの接触を避け、室内飼いに徹しましょう。また、ストレスのかからない快適な環境を作り、普段から上記のような症状がないか健康管理に気を配ることも大切です。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
獣医師 米里
2020-10-15 11:17:03
>あまてる様
インターフェロンはウィルス感染等の治療に使用され、免疫力や抵抗力を高めウィルスによる症状を抑制する効果があるとされています。また、ネコ風邪と言われる呼吸器症状を引き起こすウィルスに対しては有効性が確認されていますが、FIPに関してはどの程度状況が改善するか、ネコちゃんの状態により異なります。一度かかりつけの先生にもご相談いただければと思います。
あまてる
2020-10-14 15:17:14
約4か月の保護猫の預かりをしています。黄疸が出て強制給餌を始めました。最初の診察から4日後、他の病院でマンソン裂頭条虫ということで注射を。貧血や血小板の著しい低下がありました。変わらず今日まで強制給餌をしています。マンソン裂頭条虫の治療から3日後、猫風邪ということで抗生剤が処方されましたが、本日腹水がありFIPと言われました。インターフェロンはどのくらい効果がありますか?
ちぃたん11
2020-10-13 18:02:40
もっと早くに治療できていたら。薬がちゃんと海外から届いていたら。
後悔や悲しい想いは1年経ってもまだ全然消えませんが、短い命であってもちくわが残してくれたことはたくさんあり、この病気を知らない猫を飼ってる方にも知って欲しいと思いました。
高額で治療のハードルは高いけど希望はありました。
獣医さんや多頭飼育や猫を飼ってみたいと思っている方にも届いたらと思います。
長くなりすみません。
ちぃたん10
2020-10-13 17:40:24
胸水により心臓が止まってしまったのか、との推定でした。
薬の名前は検索するとすぐ出てくるのであえて書きませんが、獣医さんでもこの未承認の薬のことを知らない方が多いと聞きました。地元のかかりつけ獣医さんは初めて知ったようでした。
投与された数日間は何度も書きますが本当に治る、と思えたのは事実です。
ちぃたん9
2020-10-13 17:35:24
前日もごはんも食べ元気に過ごしていたのに、突然のことに悲しくて悲しくて・・・
あの薬の注射で、あんなに元気のなかったちくわが治る確信を持てるほど元気になってたのに、もし海外からの薬が通常通り届いていたならと思うと、本当に悲しくて苦しいです。死因ははっきりわかりませんが、腹水や胸水が溜まっていたので、一時的に薬で抑えられていたのに、薬がなく数日間開いてしまい、ウイルスが一気に増えてしまったのか、

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。