コメント読み込み

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2023-02-01 11:08:09
>さんちゃん様
膝蓋骨脱臼によって痛みがある場合や主治医から安静指示がある場合は、ケージレストがお勧めです。痛みがなく運動制限も必要ない場合は、太ももの筋肉を鍛えたり、マッサージをすることで症状の悪化を防ぐことができます。(参考ページ:https://mag.anicom-sompo.co.jp/8089)
運動やマッサージをしても良いか、実施前に必ずかかりつけの先生ともご相談ください。
さんちゃん
2023-02-04 09:56:24
ありがとうございます。
動画、大変参考になりました。
かかりつけ医の先生のもと、しっかりケアしてあげたいと思います。
トイプー2匹の兄
2023-01-17 20:58:51
トイプードルの3歳の子が本日、膝蓋骨脱臼と診断されました。左足が常に外れた状態で、手術の判断をするまでとりあえずケージレストをしています。現在ケージは底上げして四足で歩くと頭がぎりぎり当たらないくらいの高さにしているのですが(二足で立たせないため)、トイレをしません。ケージから出してトイレの上で放したりもしましたが、足を引きずりどこかへ行こうとします。どうしたらいいのでしょうか、、、。
アニコム獣医師
2023-01-20 10:17:42
>トイプー2匹の兄様
厳密なケージレストを必要とする場合、ケージ内にペットシーツを敷き、わんちゃんが排泄を我慢できなくなるまで待つこともございます。安静指示の程度によっては排泄を促すために少し歩かせることもありますが、わんちゃんの状況によってはおすすめできません。主治医の先生にもいまのご状況についてご相談していただき、指示に従っていただくことをお勧めいたします。
ここあパパ
2023-01-13 22:26:57
うちも4歳が近いトイプードルでしたが、右後ろ足を着かない動かないグレード4でした。
突然なったため、慌てて診察しましたが、レントゲンを見せられ直ぐにでも手術をと言う病院と、両足の触診だけで手術などしないで治る。手術したければすれば良い。私はしない。と言う先生と180度違う事に。
結果、手術したがる妻を説得し、2ヶ月安静とサポーター付けて散歩したら、完全復活。慌てない判断を。犬の回復力も凄いです

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。