ワンちゃんの発情について知ろう!

 

あどけない表情の子犬ちゃんが、いつの間にか性成熟期を迎えると、「大きくなったね」と感激しながらも、戸惑ってしまいますね。発情のしくみや性周期などはどうぶつ種により大きく異なります。今月はワンちゃんの性周期についてご案内しましょう。

 

 

ワンちゃんの性成熟期とは?

 

 

性成熟とは、一般的にはワンちゃんの体が生殖可能な状態になったことをいいます。
ワンちゃんの性成熟期は、犬種や個体などによる差はありますが、一般的に生後6〜12ヶ月頃に訪れます。小型犬の性成熟は比較的早いのですが、ゆっくりオトナになる大型犬では遅く訪れます。大型犬の初めての発情は生後12ヶ月〜24ヶ月にみられる場合もあります。

 

 

性成熟の目安

 

 

女の子では、初めての発情の到来が目安となります。
男の子では、女の子ほどハッキリしませんが、「片足を上げて排尿をするようになること」が目安となります。他にもクッションやぬいぐるみなどの上に乗っかって腰を振るような行動(マウンティング)がみられるようになります。

 

 

ワンちゃんの発情の特徴

 

 

ワンちゃんの場合、発情は通常女の子にみられるものです。
発情中の女の子の尿中には男の子をひきつけるフェロモンが含まれており、男の子は発情中の女の子に誘発される形で反応が起こります。男の子は数キロ離れていても発情中の女の子の匂いを察知できるといわれ、誘発された男の子は発情した女の子を必死に追いかけるようになったり、男の子同士でケンカになったりすることもあります。
ワンちゃんの発情は、6〜10ヶ月の周期で起こり、1年に約1〜2回の周期で発情を繰り返します。初めての発情は発情徴候が目立たないこともあり、飼い主さんが気付かない  うちに終わってしまっていることもあるようです。
小型犬の発情周期は短く、大型犬は長い傾向があるといわれており、ほとんどの犬種では1年に2回の発情を迎えますが、1年に1度、秋に発情を示すバセンジーなどのような犬種もいます。

 

 

ワンちゃんの発情周期

 

 

ワンちゃんの発情のことをヒートと呼ぶことがあります。ワンちゃんの発情周期は、次のように4つに分けられます。
◇発情前期(期間:約3〜27日間、平均約9日間)
発情出血が確認できる時期です。なお、ワンちゃんの発情出血は、人の生理とメカニズムが異なります。人の生理は、妊娠が成立せず、排卵後に子宮内膜がはがれ落ちた際にみられる出血であるのに対して、ワンちゃんの場合は、妊娠の準備のために厚くなった子宮内膜が充血し、血液がにじみ出たことによる出血です。したがって、ワンちゃんでは発情出血後に排卵がおき、交配が可能な時期を迎えます。この時期の陰部は、ぽっこりと腫れた状態(腫脹)になり、ワンちゃんは陰部をなめるような仕草をみせます。尿の量が多くなるのに伴い、排尿の頻度が高くなります。

◇発情期(期間:約5〜20日間、平均約10日間)
女の子のワンちゃんが交尾を許容する時期にあたります。発情期に入ってから約3日目になると排卵が起こります。交配適期は、発情出血が始まってから約15〜17日目にあたる排卵後約60〜108時間の間とされ、排卵後約4日間は受精が可能です。陰部が腫脹した状態が続きます。

◇発情休止期(期間:約2ヶ月間)
発情休止期の卵巣では受精卵の着床や妊娠の維持に重要な働きをする黄体が形成され、発情休止期を黄体期ともいいます。妊娠が成立していなくても黄体は2ヶ月間ほど機能しますが、しばらくすると退行し、次の排卵に備えて新たな卵胞が育ちます。
この時期に偽妊娠の症状がみられることがあります。

◇無発情期 (期間:約4〜8ヶ月間)
発情休止期とその後迎える発情前期の間にあたる時期が無発情期です。卵巣の活動など、繁殖に関する機能は休止しています。

 

 

偽妊娠って何?

 

 

発情出血も随分前に終わり、妊娠していないにもかかわらず、女の子がぬいぐるみなどをケージに持ちこんで、まるで子育てをしているような仕草をみせることがあります。このような巣作り行動以外にも、乳腺の張りや乳汁の分泌といった妊娠に似た症状がみられることもあり、このような症状を偽妊娠といいます。発情休止期にみられます。
排卵後に卵巣に形成される黄体が、ワンちゃんでは妊娠していた場合と同じ期間(約63日)機能し、プロジェステロン(黄体ホルモン)と呼ばれるホルモンを分泌します。このプロジェステロンは妊娠維持の作用をもつホルモンであり、プロジェステロンの分泌が低下した頃に乳腺を刺激するホルモンが分泌されますので、乳腺の張りなどの、妊娠時のような兆候がみられることになります。
偽妊娠は治療を行わなくても時間の経過とともに落ち着く場合がほとんどですが、中には食欲や元気が無くなることもあります。発情の度に重い偽妊娠の症状がみられる女の子ですと、避妊手術をすることが望ましい場合もあります。

 

 

発情に際して注意したいこと

 

 

1.発情時の体調の変化
陰部の腫脹や発情出血などの体の変化だけではなく、頻尿、食欲不振、消化器症状などを示すワンちゃんもいます。発情に伴う体調の変化が大きい場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

2.周囲への配慮
未去勢の男の子は発情中の女の子の匂いに敏感に反応します。
お散歩など、男の子との接触が考えられる場合には、追いかけ回される、ケンカに巻き込まれるなどのトラブルが考えられます。ワンちゃんの受胎可能な期間は長く、約7日間(排卵2、3日前〜排卵後4、5日)とされており、望まぬ妊娠を防ぐ意味でも、お散歩に出かける際には、リードや首輪が外れやすくなっていないかをしっかりとチェックしましょう。また、「ワンちゃんが今、発情中であること」を周囲の飼い主さんに伝え、相手のワンちゃんとの距離をとるなど、しっかりとした注意が必要です。

3.偽妊娠の注意
偽妊娠の状態が長く続くことにより、乳腺炎などを引き起こすことがありますので、避妊手術をすることが望ましい場合もあります。偽妊娠の症状が重かったり、長く続いたりする場合は、動物病院さんに相談をしましょう。

4.発情休止期の注意
発情休止期は、黄体から分泌されるホルモンであるプロジェステロンの作用により、免疫力が低下して細菌感染を起こしやすい状態になります。そのため、この時期には細菌が侵入し、子宮蓄膿症を発症するリスクが高まります。陰部などを清潔に保つように心掛け、「元気、食欲、飲水量が普段と変わりないか」、「お腹が異常に膨らんでいないか」、「陰部から膿が出ていないか」、「異常に陰部をなめていないか」などを注意してみるようにしましょう。

コメント欄は経験談、同じ病気で闘病中等、飼い主様同士のコミュニケーションにご利用ください!
 記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。

 

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-04-01 09:36:51
>さくらのママ様
偽妊娠の場合、ワンちゃんが乳腺の拡大を気にしたり、食欲低下や嘔吐のような症状が見られることがあります。通常、健康状態に影響する場合は、ぬいぐるみなどを撤収することで偽妊娠期間を短くすることが出来ますので、お試しいただいてもよいでしょう。
さくらのママ
2021-03-28 20:03:16
偽妊娠の症状で、ぬいぐるみをなめまくってます。ムリにとりあげない方がいいのでしょうか?
アニコム獣医師
2021-03-25 14:43:21
>はま様
女の子は発情期が終了しても乳腺の腫れが継続したり、発情に引き続き想像妊娠を起こす場合もあります。また、乳腺疾患や発情に関連して、左右5つずつある乳腺の一部分だけが腫れることもあります。発情後に通常の食欲に戻るまでは個体差があり、食欲不振が続く場合は、想像妊娠していたり、子宮卵巣の疾患や乳腺炎などの疾患にかかっている可能性もあります。一度かかりつけの先生にもご相談いただくと安心でしょう。
アニコム獣医師
2021-03-23 11:30:25
>ハッピーママ様
ワンちゃんは出血量が減ってきたころに排卵が起こり、発情期を迎え、おしっこの回数が増えるなど行動の変化が見られます。今回の行動の変化がそういった生理的な反応であればおおよそ2週間を目安に落ち着いてくることが予想されます。ホルモンの変化で体調を崩しやすい時期でもございますし、膀胱炎や結石症などで不適切な排泄をしている可能性もありますので、続くようでしたら受診をおすすめいたします。
はま
2021-03-22 01:24:41
大型犬を飼っています。
現在1歳3ヶ月でヒートが終わって約2ヶ月経ちますが、乳が少し張っているような感じがあります。
全てではなく2箇所ほど張ってる乳があるだけですがこれは通常でもありますか?
また、食にもムラがありおやつはすごく欲しがりますがドライフードはあまり食べたがりません。
これも関係するのか、トッピングなどを入れて甘やかしてしまったからなのか、、
ご回答よろしくお願いします。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。