猫の混合ワクチンについて

ワクチンって何?

どうぶつは細菌やウイルスなどの病原体に感染すると、その病原体をやっつけるための免疫が体の中にできて、同じ感染症にかかりにくくなったり、かかっても軽傷で済むようになります。ワクチンはこの免疫の仕組みを利用したもので病原体を無毒化または弱毒化したものを摂取することで人工的に免疫を作り出すというものです。
また、ワクチンには個々の免疫のほかに、みんなが予防接種をすることで集団の中で感染症が広がらないようにする集団免疫という側面もあります。
日本では、 3 種から 7 種(猫白血病のワクチンは 1 種のみもあります)の感染症を予防できる猫の混合ワクチンが市販されています。代表的なワクチンは 3 種混合ワクチンちと呼ばれるもので、「ネコウィルス性鼻気管炎」「ネコカリシウィルス感染症」「ネコ汎白血球減少症(ネコ伝染性腸炎)」を予防するワクチンが含まれています。大切な猫を感染症から守るため、ワクチン接種はとても重要です。

 

 

混合ワクチンの接種時期について

 

 

生まれたばかりの子猫は、生後まもなく飲む母乳(初乳)中に含まれる母猫からの免疫(移行抗体)により、様々な病気から守られています。しかし、この移行抗体は生後数ヶ月で消失してしまうといわれています(消失時期には個体差があります)。

したがって、子猫にワクチン接種を行い、子猫ちゃん自身に新しい免疫力をつけなくてはなりません。ワクチン接種を行ったときに、移行抗体が子猫の体に残っている場合には、ワクチンの効果が不十分となってしまいます。十分な効果を得るためには、母犬からの移行抗体が消失する時期に接種する必要がありますが、消失時期については、個体差が大きいため、初年度のワクチン接種は 2 回から 3 回に分けて追加接種を行います。また、次年度以降のワクチン接種についても、継続的な追加接種により免疫を維持できることが知られています。

ワクチン接種の適切な時期の判断については、猫の健康状態や体質などが大きく関係します。健康面の不安などで接種の判断に迷う場合には、抗体価検査という免疫力を調べる検査を行うことで接種の必要性を検討することもあります。かかりつけの動物病院によくご相談の上、接種されることをお勧め致します。

 

 

ワクチン接種時の注意点

 

 

・猫の健康状態が良好なときに接種を受けましょう。
・治療中の病気や服用中の薬などがある場合は、ワクチン接種についてかかりつけの先生によく相談をしましょう。
・接種後、副反応※がでる場合があります。ワクチンを接種した日は猫の様子をよく見てあげられるよう、飼い主の時間的余裕がある日に接種を行う必要があります。副反応は接種後、 24 時間以内に症状が現れることが多いので、特にこの期間は注意深く猫の様子をみてあげましょう。
・接種後、猫に異常を発見した場合は早急に動物病院へ相談をしましょう。
・接種後、 1 週間程度は猫を安静にしてストレスを避け、様子を注意深く見てあげましょう。
・ワクチン接種後は猫を興奮させず、運動も避けるようにしてください。また接種後 1 週間ほどはシャンプーをしないようにしましょう。ワクチンを接種した日は猫の様子をよく見てあげられるよう、飼い主さんの時間的余裕がある日に接種を行う必要があります。
・接種後、猫に免疫がつくられるまでには 2 週間から 3 週間かかる場合があります。


※ワクチン副反応・・・症状として次のような症状があります。
顔面の腫脹
皮膚の痒み、蕁麻疹
嘔吐、下痢
発熱、元気消失
呼吸困難、虚脱
注射部位に肉腫の発生(発生率は 10 万分の 1 から 100 万分の 1 程度と推測されています)


なお、即時型アレルギー反応のひとつにアナフィラキシーショックがあります。反応は非常に重度であり、体内に抗原物質が取りこまれてから数分-数十分以内にジンマシンや呼吸困難、チアノーゼ、嘔吐、血液低下などがみられて、ショック状態に陥ることもあります。命にかかわるケースもあるため、迅速な処置が必要です。早急に動物病院さんに診てもらいましょう。

 

 

猫の混合ワクチンで予防できる感染症

 

 

伝染性鼻気管炎(FVR)
猫伝染性鼻気管炎は、猫ヘルペスウイルスにより発症する病気で、猫の「風邪」ともいわれています。症状としては発熱、鼻水、くしゃみ、目ヤニ、食欲不振などがみられ、症状が慢性化する場合もあります。

汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)
猫汎白血球減少症は、猫パルボウイルスにより発症する病気で、感染力が強く、子猫が感染し発症した場合に重篤となることが多い病気です。症状としては白血球の減少、食欲不振、発熱、激しい嘔吐、下痢などがみられ、重篤になると死に至る場合もあります。

カリシウイルス感染症(FCV)
猫カリシウイルス感染症は、くしゃみ、鼻水、咳、発熱といった猫伝染性鼻気管炎とよく似た症状がみられます。さらに症状が進むと、舌や口の周辺に潰瘍ができます。

白血病ウイルス感染症(FeLV)
猫白血病ウイルス感染症は、白血病やリンパ腫など血液系の腫瘍を発生させることで 知られています。また、感染した猫の免疫力を低下させるため、貧血や腎炎、口内炎などさまざまな症状を引き起こし、重篤となることが多い病気です。

■クラミジア感染症
クラミジア感染症は、クラミジア菌の感染により発症する病気で、主な症状は持続性の結膜炎です。その他の症状として、くしゃみ、鼻水、咳などの症状がみられることもあります。

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト


 

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-10-14 11:21:51
>エツコ様
予防できる病気の種類が異なる場合は一定の効果を得られないことがありますが、どちらのワクチンも(C)猫カリシウイルス感染症、(R)猫伝染性鼻気管炎、(P)猫汎白血球減少症の3つの感染症の予防ができるワクチンです。ワクチンのメーカーが変わっても予防効果には問題ないですのでご安心ください。
また、ワクチンの回数は猫ちゃんの年齢や接種時期によって異なりますので、担当の先生にご確認ください。
エツコ
2021-10-10 17:09:39
保護猫を引き取り、この保護先でピュアバックスRCPを打っており、2回目の接種をしにいきました。ビルバゲンCRPでした。違うワクチンでも大丈夫ですか?3回目は必要ですか?
アニコム獣医師
2021-10-06 09:16:33
>はなきじ様
早急な返信が難しく、誠に申し訳ございません。子ネコちゃんの呼吸数は1分間に20~40回くらいと言われるため、運動後など以外で呼吸回数が明らかに多い場合には注意したほうが良いでしょう。特に、呼吸状態に異変がある場合には素早い判断が必要なことがございます。こちらでは回答までに時間がかかるため、どうぶつさんのご様子に異常がみられる際は、早めに獣医師にご相談なさることお勧めいたします。
アニコム獣医師
2021-10-04 10:29:53
>サチママさま
子猫さんでは免疫力がまだ弱いのですが、ワクチン接種によって特定の感染症からネコちゃんの命を守ることができるというメリットがあります。ただ、ワクチンアレルギーなどを発症するリスクもございます。ワクチンを打つ前や打った後に、アレルギーが出るのを抑える注射を追加で接種することでリスクを下げることができますので、かかりつけの病院にもご相談されることをお勧めいたします。
はなきじ
2021-10-01 11:06:00
感度もすみません。先程は呼吸数75回でした。日向ぼっこみたいに窓辺で寝てたので昼間は暑いから呼吸数が多かったのでしょうか?今は26℃ちょっとの部屋のケージに入れております。子猫の呼吸数とはどの程度程の数になると要注意、病院に相談した方がいいのかなと思ってます。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。