噛み癖(1) <子犬編>

噛んではいけないことを教えるための基本的な方法

(1)まず、叱る時の言葉をご家族同士で統一し、決めましょう。
叱る言葉は、「痛い」、「いけない」、「止め」など短く分かり易い言葉が良いでしょう。
女性やお子さんがワンちゃんを叱る場合の注意点ですが、叱っているつもりでも、声の高さやワンちゃんのテンションにのまれてしまったりすることが原因になり、「一緒になって遊んでくれる」とワンちゃんが勘違いしてしまうことが多いようです。家族全員が 同じ言葉で、声のトーンは低く、毅然とした調子で叱るのがポイントです。


(2)子犬が噛んではいけないものを噛んでしまった時は、子犬の目を見て、決めてある言葉でしっかりと叱ります。叱られて子犬がふっと口元を緩めたり、噛むのを止めたら褒めてあげます。


(3)飼い主さんが子犬の目の前に手を出しても、噛まなくなるまで何度も繰り返して行いましょう。


(4)それでも噛むのを止めなければ、視線も合わせず無視をして隣の部屋に姿を消してしまいます。数分、姿を消して子犬に考えさせます。少ししたら戻り、噛まないでいた時には、一転して褒めてあげてください。

「どんなに楽しい遊びをしていても噛んだら終わりだよ」「噛まないでいるといいことがあるよ」と教えてあげましょう。

 

注意

・ケージは子犬にとって安らぎの場所です。噛むのを止めないからといって、おしおきのためにケージに入れると、「ケージ=嫌な記憶」となってしまい、ケージに入るのを子犬が嫌がるようになるかもしれません。叱るときにケージの中に入れるのではなく、飼い主さんが全員、その場を離れてしまうか、あるいはケージ以外の安全な場所に子犬を入れたほうがよいでしょう。


・叱るときに人の手を使うと、人の手が恐いものとワンちゃんの記憶に残り、人の手を見たときに恐怖心から自分の身を守ろうとして人の手を噛んでしまうことにつながります。人とともにこれから長い年月を過ごすのですワンちゃんにとって、人の手に対する信頼感や安心感を喪失してしまうのは大変残念なことです。人の手はいいものだよ、としっかりと子犬のうちに教えてあげましょう。

 

なぜ噛むの?

こんな原因が挙げられます。
(1)永久歯への生え変わり時期であるため歯がむず痒く、手当たり次第に物を噛んだりしてしまう
(2)人の赤ちゃんと同じで、好奇心から何でも口に入れて、感触を学んでいこうとする
(3)遊ぼうよ、こっちに向いてよとコミュニケーションを取ろうとしている
(4)ヒラヒラと動く手や腕が子犬にとって魅力的なおもちゃに見えてしまっている
(5)噛めば飼い主さんが構ってくれると思ってしまっている

甘噛みは子犬が経験する成長過程の一つといわれています。
ワンちゃんは、母犬や兄弟犬のとじゃれあいながら、母犬や兄弟犬を噛んでは「うーっ」と叱られたり噛まれたりすることで噛んではいけないことを学んでいきます。


家族の一員になった子犬には、飼い主さんが「人間に可愛がってもらうためには、噛まずに人と接しなければいけないよ。」ということを教えていく必要があります。「噛んで良いもの・悪いもの」を子犬のうちからしっかりと教えてあげましょう。

しつけに特効薬はありません。
興奮する子犬を前にしても落ち着いて対応する頼もしい飼い主さんの姿を、また子犬に根気強く同じことを繰り返して教え続ける飼い主さんの真摯な姿をワンちゃんに見せることこそ、信頼の礎であり、しつけそのものなのです。あせらずに目の前の子犬を信じましょう。

 

噛んでいる原因に対する対処法

(1)と(2)に対して
噛んでも良いおもちゃを与えてあげましょう。
※注意
おもちゃを使って一緒に遊んであげることで、子犬ちゃんがそのおもちゃに興味を抱き易くなるでしょう。いっしょに遊ぶときは、飼い主さんに主導権があることをワンちゃんに伝えるためにも、おもちゃを与えっぱなしにせず、また遊びの初めと終わりは飼い主さんが決めるようにしましょう。また、おもちゃを与える際には、飲み込んだり、食べてしまったりする危険性のないものを選びましょう。

(3)に対して
飼い主様は、「子犬ちゃんと過ごす時間を楽しもう」という気持ちでブラッシングやお散歩の時間を積極的に活用してコミュニケーションをとるようにしましょう。ワンちゃんと遊ぶとき、声をかけるときは、ワンちゃんが噛まないでいるときや落ち着いているときにするようにしましょう。子犬ちゃんが騒いでいるときや噛んでいるときは知らん顔をして、落ち着いたときに遊んであげるようにすると、ワンちゃんは「静かにしているといいことがある」「噛まないでいると遊んでもらえる」ということを覚えるでしょう。

(4)に対して
出来るだけワンちゃんの目の前で飼い主様は手足をヒラヒラと動かさないようにしましょう。

(5)に対して
たまたま噛んでしまった時に、飼い主さんが噛まれた痛みから騒いだり叱っているつもりで言葉を掛けてしまうことを子犬ちゃんが「遊んでもらっている」と勘違いをしてしまうことがあります。しっかりと子犬ちゃんに「噛んではいけないよ」と伝えるためには、感情的にならず、叱るための言葉だけを掛けるようにしましょう。

 

【関連記事】

噛む <成犬編>

 

【関連リンク】

【みんなどうやって解決してる?】甘噛み対策3つのワザ|アニコムユー

コメント欄は経験談、同じ病気で闘病中等、飼い主様同士のコミュニケーションにご利用ください!
 記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。

 

 

みなさんからのコメント

Comment
2021-04-12 18:08:52
アニコム獣医師
2021-03-31 12:47:32
>よこごろう様
噛み癖がどのくらいの期間をかけて軽減するかは、お迎えしてからの日数にもよります。短い言葉で叱っても噛むのを止めなければ、視線も合わせず無視をして隣の部屋に姿を消してしまい、数分ワンちゃんに考える時間を与えます。少ししたら戻り、噛まないでいた時には、一転して褒めてあげる方法もあります。よろしければ記事に記載の方法もお試しいただければと思います。
よこごろう
2021-03-27 17:57:35
生後2ヶ月半のメスの仔犬を家族に迎えました。トイレは8割シートで成功、普段はとてもお利口さんですが日に何回か狂ったように大暴れして足元に噛みつき離れません。短い言葉で怒っても無視しても効き目がなく、興奮して何度も飛びついてきます。靴下、スリッパ、ズボンの裾などに噛みつき、しまいには足にガブリ! どうしたら治るかアドバイスお願いします。
アニコム獣医師
2021-03-16 10:01:18
>とらちゃんママさま
まずはわんちゃんの噛みたい気持ちを満たすためにしっかりおもちゃを使って遊んであげることが大切です。上手におもちゃで遊んでいる時は褒め、噛まれた時はできるだけ無反応で噛まれた手を隠し、背を向けて部屋を出て行くという行動をこころがけ、人を噛んだら遊び相手がいなくなってしまう、面白くないと覚えてもらいましょう。
1歳くらいで落ち着きますので、長い目で対応してあげてください。
とらちゃんママ
2021-03-11 07:57:14
3ヶ月の秋田犬を先日、家族に迎えました。
最初の頃はほぼ吠えることもなくお利口だなーと思っていたのですが2、3日すると家の雰囲気にも慣れてきたのか、噛むようになってきました。
最初は甘噛み程度だったのですが、度を越してきて噛まれたところがみみず腫れのようになるくらいまで噛まれるようになりました。
歯が生えてきてる時期で仕方がないのかな?とも思っているのですが、辞めさせる方法はないでしょうか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。