オウム類嘴(くちばし)羽毛病(PBFD) <鳥>

概要

Overview

PBFDウイルスの感染により羽毛障害やくちばしの形成異常、免疫不全を起こすオウム・インコ類に認められる感染症です。
PBFDウイルスはサーコウイルス科(Circoviridae)に分類されていますので、サーコウィルス病ともいわれます。3歳頃までに罹患することが多いようです。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

原因

PBFDウイルスは感染力が強く、感染した鳥の排泄物や分泌物、羽毛などが感染源となり、汚染された水などからの経口感染や空気感染が伝播ルートであると考えられています。

症状

オウム類嘴羽毛病(PBFD)は症状等により、甚急性型、急性型、慢性型に分けられます。
甚急性型は、ふ化したばかりのヒナで認められ、ほとんどの場合、症状が現れる前に死亡してしまいます。
急性型は14~16週齢の幼若期にみられ、食欲不振、下痢、羽毛の異常、昏睡症状がみられます。
また、免疫力が低下するので、二次感染をおこしやすくなります。
慢性型は若鳥から成鳥の時期にみられ、羽毛の折れ、羽軸のよじれ、出血、羽根のくびれなどの羽毛障害が換羽ごとに進行します。いずれの型においても死亡率の高い感染症です。

治療

有効な治療法は未だ確立されていませんが、「症状に応じた対症療法を行うこと」、「飼育環境でストレスをなくすこと」、「二次感染に注意して飼育環境を衛生的に保つこと」などで羽毛障害の改善が見込まれます。

予防

ワクチンはないため「感染した鳥を隔離する」、「ケージを消毒する」などにより感染の広がりを防ぐようにしましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2021-06-16 09:24:27
>小桜様
一般にPBFDでは、羽軸の異常や脱羽といった症状が見られますが、小鳥さんでは若齢で発症し、風切羽や尾羽から羽毛障害が生じることが多く、その点では典型的ではないと考えられます。脱羽の原因には、ほかのウイルス性疾患も含め、真菌性、毛引きなどさまざまなものが可能性として考えられます。脱毛部が広がっていらっしゃるご様子ということですので、早めに受診なさることをお勧めいたします。
小桜
2021-06-11 16:03:01
14歳のコザクラインコを飼っているものです。
一月ほど前に左足付け根付近にハゲを確認し、換毛期によるものかもしれないという母の言葉もあり様子を見ていたのですが、いまも治る様子がなく、右クビ付け根付近にもハゲできました。また、抜けた羽根の軸や肌にも黒い部分があり、何かの病気ではないかと思っているのですがPBFDの可能性はあるのでしょうか?
動物病気ビックリおやじ
2021-03-11 18:33:43
どうしよう😱💧
困りすぎて吹っ飛んじゃう
寝れない⁉️
やだー
助けて
  はやはなきたなたあたなや

たま和、ん縄早は矢田はたま
Chuchu train
2020-08-13 19:39:44
解答ありがとうございます。仰る通り原因確定の為にもお医者さんに診てもらおうと思います。PBFDじゃ無い事を願いたいです。
Chuchu train
2020-08-13 14:37:49
書き忘れていたのですが羽根がよく震えたりもしています。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。