肛門嚢(腺)炎 <猫>

概要

Overview

には、肛門の左右に肛門嚢(腺)という袋が一対あります。その中に悪臭のする貯留物(液体もしくはペースト状)が入っています。この肛門嚢(腺)が何らかの原因で炎症を起こしてしまうことを肛門嚢(腺)炎といいます。犬では多く発症する病気ですが、でもまれにみられます。

 

肛門嚢(腺)炎/肛門嚢(腺)破裂の診療フローチャート


肛門嚢(腺)炎

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

肛門嚢は肛門を時計盤の中心とすると、肛門粘膜の 4 時と 8 時の位置に開口し、排便時に貯留物を排出しています。その開口部がなんらかの原因で閉塞してしまったり、貯留物を排出する力が弱い場合などに貯留物が溜まり過ぎてしまい、さらに細菌感染が生じることで肛門嚢(腺)炎が発症します。

症状

多くの場合肛門に不快感を覚えて気になるため、肛門を舐めたり、咬んだり、床に擦りつけたりするなどの仕草をします。肛門嚢炎が進行すると嚢内が化膿し、肛門付近の皮膚が破れて出血してしまう場合もあります。

治療

肛門嚢を優しく絞って、たまり過ぎた肛門腺液を排出させます。肛門嚢の出口が詰まっている場合には、細いカテーテルなどでつまりを取り除いたり、皮膚と肛門嚢を切開して排出させることもあります。そのうえで炎症を抑えるために、抗生物質や消炎剤のお薬を投与します。
破裂によって皮膚が大きくさけてしまったときには、皮膚の縫合を行います。また、炎症を頻繁に繰り返す場合やお薬での治療で様ならない場合には肛門嚢を摘出する手術を行うこともあります。

予防

肛門を気にするような仕草をする場合には、肛門嚢がたまっている可能性があります。絞り方には少しコツがいりますので、上手く絞れない時には、トリミングサロンや動物病院などにお願いするか、絞り方を教えてもらいましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ぽっぽ
2021-09-12 15:11:35
雌猫8歳です。8月に肛門から膿が出たので慌てて病院へ行きました。肛門絞りをしてもらい右側の肛門線が膿んでいました。
定期的に肛門絞りをしましょうと言う話で終わりましたが3週間後にまた膿が出ました。再度病院へ行くとまた右側の肛門線に膿が溜まっていました。溜まりやすいかもしれないので2週間後に見せにきたと言われましたが、1週間後にまた膿が溜まっている感じがしています。自宅で肛門絞りをマスターします
アニコム獣医師
2021-08-18 09:38:15
>ちび様
男の子のネコちゃんで肛門の下にふくらみがある場合、成長した精巣である可能性が高いです。清掃が月齢と共に大きくなり、6カ月くらいで成長が止まりますが、小さいころとは大きさや印象が異なるので、目立って見えることもございます。ただ、実際にネコちゃんを拝見しているわけではないため、皮膚疾患など他の原因の場合もあります。一度かかりつけの先生に診ていただけると安心だと思います。
ちび
2021-08-13 21:01:07
肛門の下になにか膨らみがあります。2ヶ月の雄猫です。
睾丸の病気でしょうか?
くーにゃん
2021-08-13 20:55:12
2日前、獣医さんに肛門腺を絞っていただいたばかりなのに肛門腺が破裂してしまいました。絞りきれていなかったのか別の炎症なのか、また今診て頂いている獣医さんにこのままお願いしていいのか迷っています。
ケイ
2021-06-04 21:54:07
12歳の猫ちゃんメス
肛門嚢炎二回もなってしまいました。
最近様子を見ていたのですが肛門ら辺がまた腫れ出してきてもしかして…と思い触ると嫌がります。元気もあまりないです。
ならないための対策や治療法はないですか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。