脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう) <犬>

概要

Overview

脊髄は脳と繋がっている神経の束で、脳からの指令を体に伝えたり、体からの情報を脳に伝えたりする役割を担っています。脊髄は内側から軟膜、クモ膜、硬膜という3つの膜で包まれており、軟膜とクモ膜の間をクモ膜下腔(くもまくかくう)といいます。
このクモ膜下腔は脳脊髄液で満たされており、外部からの衝撃から脊髄を守るクッションのような役割をしています。脳脊髄液は脳室で産生され、少しずつ吸収されながら脳や 脊髄の周りをゆっくり流れています。
先天性、あるいは後天性の原因により脊髄内に空洞が生じ、その空洞内に脳脊髄液と同様の液体が満たされ、脊髄を内側から圧迫してしまうことがあります。そのため脊髄の機能に障害が生じ、さまざまな症状をおこす病気が脊髄空洞症です。

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

原因

脊髄空洞症の原因には先天性と後天性があります。先天性では、頭蓋後部を形成する後頭骨の奇形(キアリ様奇形)により小脳後部が頭側に圧迫されて、脊髄空洞症を引き起こします。また、小脳が脊柱管内に突出しているような奇形でも脊髄空洞症を引き起こします。
後天性の原因は腫瘍や炎症、外傷などに関連して発症します。
いずれにしても脳脊髄液の流れが変化した結果、脊髄内に液体を含む空洞が形成されると考えられていますが、その詳細なメカニズムは未だ不明です。脊髄空洞症から水頭症を引き起こすこともあります。

症状

空洞の部位と広がり具合により、無症状から重度の四肢麻痺までさまざまです。
また、症状が進行する場合としない場合があります。
軽度の場合には感覚障害として首、体幹部(胸腹部・胴体部分)の引っかき行動、手足の先端を舐める行動、仰向けになって背中を床にこすり付ける行動が見られます。ただし、初期の症状は健康な犬にも見られる行動ですので、いつもの様子と何か違うような気がする時には、あわてず、まずかかりつけの病院さんに相談してみましょう。他にも「どこかに痛みがあるようだ」、「跛行※(はこう)する」、「足を挙げたまま地面に着けようとしない」、「体に触れられるのを嫌がる」、「音や振動に過敏に反応する」などの症状を認めることもあります。
症状が進行し重度になると、四肢の不全麻痺(わずかに動かしたり、わずかに感覚が残っている状態)がみられたり、「首の側弯(そくわん)」がみられたりします。「首の側弯」とは、上から犬をみたとき、正常ではまっすぐな首が曲がってしまっている状態を指します。先天的な後頭骨の形成不全を伴う場合は、犬の首が片方に傾いたままになる「捻転斜頸(ねんてんしゃけい)」や筋肉の収縮が長く続いて筋肉がこわばった状態になる「強直性痙攣(きょうちょくせいけいれん)」などを起こすこともあります。
※何らかの疾患や怪我がもとで正常な歩行ができない様子が跛行です。

治療

治療には内科治療と外科治療があります。
内科治療の目的は症状の軽減と空洞の拡大による進行を抑制することとなります。症状にもよりますが、消炎鎮痛剤や脳脊髄液産生抑制剤、ステロイド剤を用いることが一般的です。
外科治療の目的は、髄液の動態の異常を改善する目的で行われます。手術の様式は「後頭骨を部分切除する方法」や、脳室からお腹に余分な脳脊髄液を排出するため、「弁の付いた管を設置する手術」を行うこともあります。
手術により脊髄の圧迫を速やかに軽減することができるため、重度の麻痺がある犬には手術を実施することがあります。
外科的治療を行う場合は、麻酔のリスクや手術後の安静期間、ケア方法、費用等につきましても、かかりつけの動物病院さんによくご相談ください。

予防

予防をすることは困難です。早期発見、早期治療が重要になりますので、上述のような症状がみられた場合には早めに動物病院を受診しましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ボーン
2022-07-09 22:27:25
3月から家中をウロウロして全く落ち着かず時にはボーっとして10分くらい動きません 後ろ足がヨロヨロして途中で急に動かなくなります お尻の辺りに軽く触れるだけで異常に怒ります又ビクッとした発作でお尻をすぼめて飛び起きます一日中10回ほど今月に入り異常に搔きまくり常に描きまくっています脊髄空洞症でしょうか?
アニコム獣医師
2022-07-13 09:32:43
>ボーン様
後肢のふらつきや触られるのを嫌がる、痒がる様子などがある場合、脳や神経、筋肉、骨の異常、皮膚の異常などにより、体のどこかに違和感や痛み、痒みなどがある可能性もあります。原因を調べるには、視診や触診、画像検査など詳しい検査が必要になりますので、かかりつけの先生にもご相談ください。
チィチィのパパ3
2022-07-06 21:58:13
4歳半の子がこんな大手術を頑張ってくれました。術後1週間で今日は抱かせてくれました。完治はないとネットで見ましたが、少しでも良くなるよう祈ってます。
チィチィのパパ2
2022-07-06 21:52:19
容態は変わらす、先生が精密検査もあるとのことで、別の病院でMRIとCTを撮ったところ脊椎空洞症と診断されました。家で1週間内科的治療を希望したものの変わりませんでした。すぐ病院へ行ったところ、手術しかないとのアドバイスでした。1週間後の手術は喉を切開し、空洞にセメントを流し、それが動かないようビスのような金属7本で止めた という大手術だったとのことを写真で見せてくれました。
チィチィのパパ
2022-07-06 21:33:25
こういう投稿欄があること励みになります。我が家のチワワのチィちゃんは後ろ足がよろけるようになり、急いでかかりつけ医に診て貰い、眼振があったのでステロイド剤が処方されました。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。