前庭疾患 <犬>

概要

Overview

鼓膜の奥にある内耳は大きく分けて蝸牛、前庭、三半規管の3つがあり、このうち前庭と三半規管は平衡感覚に関わる器官です。これらと小脳や延髄にある平衡感覚の中枢が神経でつながっていて、身体のバランスを保ったり、眼を正常な位置に保つ役割を果たしています。これら仕組みを前庭系と呼びます。

この前庭系のどこかに障害が起こると、バランスを保つことが難しくなります。

 

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

大きく末梢性と中枢性の2つに分けられますが、中には原因がはっきりと特定できないものもあります。

 

①末梢性
内耳やそこにつながる前庭神経が障害されて起こるものです。感染などによる中耳炎、内耳炎や前庭神経炎、異物や腫瘤、甲状腺機能低下症などが主な原因となります。

 

②中枢性
小脳や、延髄にある前庭系の中枢に障害が発生することで起こります。脳梗塞、脳出血、脳脊髄炎、頭部の外傷、脳腫瘍、中毒、ビタミンB1欠乏などが原因となります。

 

③特発性
各種検査によっても原因となる病気が特定できない前庭疾患です。特発性前庭症候群と呼ばれ、高齢ので比較的多く見られます。

症状

斜頸
片方の耳を地面に向けるような形で首をひねった姿勢になります。末梢性前庭疾患の場合は障害がある方の耳が下に向きます。

眼振
眼球が一定方向に小刻みに往復運動をする症状です。よく、目が回った状態と表現されます。地面に対して水平方向の眼振や、垂直方向の眼振、眼球が回転するような眼振がありますが、垂直方向の眼振は通常中枢性前庭疾患の場合だけでみられる症状です。

運動失調
平衡感覚が失われるのでまっすぐ歩くことが困難になります。左右どちらかに倒れこむように進んで行ったり、重度の場合には立つことも困難で一定方向に寝返りを打つようにぐるぐる回り続けることがあります。旋回運動といって、一定方向に歩き回り続ける症状が見られることもあります。

嘔吐、食欲不振
ヒトで言うめまいに近いような症状が続くことで、吐き気が出たり食欲がなくなってしまうことがあります。

治療

原因がはっきりしている場合は、原因となっている病気に対して治療を行うことで症状が改善することがあります。多くの場合はお薬での治療になりますが、腫瘍が原因の時などは手術が必要になることもあります。

特発性前庭症候群の場合は有効性がはっきりとした治療法が今のところはありません。吐き気などの症状がある場合は対症療法を行いながら、自然に回復を待つことも多いです。回復には数週間から数か月の時間がかかるといわれています。

いずれの場合でも、後遺症として上記の症状が残ることがあります。

 

予防

外耳炎を予防することで、内耳まで炎症が波及してしまうことを予防することができますので、前庭疾患の予防となります。日頃からこまめな耳のチェックを心がけ、耳垢の量や色、耳が臭うなどの異常がみられる場合は早めにかかりつけの動物病院さんに通院しましょう。(ケア方法につきましては、『おていれ「耳そうじ」』をご参照ください)。それ以外の原因による場合や特発性では前触れもなく突然症状が出ることが多くあります。上記のような症状がみられた場合早めに獣医師の診察を受けましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2022-05-10 09:33:41
>なかなか様
前庭疾患の治療は、原因となる疾患の治療や吐き気等症状への対症療法が主になります。例えば、中耳炎や内耳炎、神経系の炎症が原因であれば炎症を抑えるお薬を使用したり、吐き気がある場合には吐き気を抑えるお薬を使用することもあります。わんちゃんの先天性疾患の状態により、使用するお薬やリハビリの方法、食べられるものなども変わりますので、かかりつけの先生にご相談されることをお勧めいたします。
なかなか
2022-05-02 12:01:44
2年前ぐらいに、生まれつき障害があるイタグレの男の子の保護犬を家族として迎えました。

最初は立つ事も、なかなかできず、少しずつリハビリしながら、今では散歩もできます。ただ、やはり前庭疾患の症状であろう先天性疾患が、まだまだ目立ちます。治せるのかも分からず、アドバイスがあれば教えてほしいです。
来た時よりは遥かに良くなってきてる気がします。
薬や、食べ物、運動なども教えてください
もみたん
2022-01-06 21:40:56
12歳のミニシュナの女の子です。10月に血小板減少症になり輸血や投薬により安定していたのが12月の31日に下痢嘔吐の為行きつけの医院が休みの為他の医院でメトロニダゾール を打ちその後ふらつきから始まり斜頸、眼振、旋回迄する様になり始めは肝性脳症かと思い血中アンモニア濃度検査の結果異常なくやはり前庭疾患でしょうか?やっと血小板安定してホッとしていたのに良くなるのでしょうか?
アニコム獣医師
2021-06-02 09:18:29
>ハッピー様
何度も嘔吐が続く場合は異物誤飲、膵炎、胃炎、その他の臓器の機能不全や炎症等、様々な原因が考えられますが、それに加えて流涎や起立不全が認められる場合は水頭症、てんかん、中毒、その他神経疾患等が考えられます。
血液検査やレントゲン等、一般的な検査では原因を特定できない場合、治療への反応を見てさらなる精密検査を行うこともあるため、かかりつけの先生ともご相談なさってください。
ハッピー
2021-05-28 16:54:04
4才の雄のチワワです。一昨日まで食欲あったのですが昨日朝、未消化の嘔吐後が3箇所あり今朝も2箇所嘔吐ありました。ヨダレをたらしており、立たせてももがいて倒れてしまいます。表情は、悪くないのですが夕べから全く飲み食いできず昼動物病院にいきました。レントゲンで胸腹部問題なく様子観察のため入院になりました。原因に何が考えられるでしょうか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。