前庭疾患 <犬>

概要

Overview

鼓膜の奥にある内耳は大きく分けて蝸牛、前庭、三半規管の3つがあり、このうち前庭と三半規管は平衡感覚に関わる器官です。これらと小脳や延髄にある平衡感覚の中枢が神経でつながっていて、身体のバランスを保ったり、眼を正常な位置に保つ役割を果たしています。これら仕組みを前庭系と呼びます。

この前庭系のどこかに障害が起こると、バランスを保つことが難しくなります。

原因

大きく末梢性と中枢性の2つに分けられますが、中には原因がはっきりと特定できないものもあります。

 

①末梢性
内耳やそこにつながる前庭神経が障害されて起こるものです。感染などによる中耳炎、内耳炎や前庭神経炎、異物や腫瘤、甲状腺機能低下症などが主な原因となります。

 

②中枢性
小脳や、延髄にある前庭系の中枢に障害が発生することで起こります。脳梗塞、脳出血、脳脊髄炎、頭部の外傷、脳腫瘍、中毒、ビタミンB1欠乏などが原因となります。

 

③特発性
各種検査によっても原因となる病気が特定できない前庭疾患です。特発性前庭症候群と呼ばれ、高齢のワンちゃんで比較的多く見られます。

症状

斜頸
片方の耳を地面に向けるような形で首をひねった姿勢になります。末梢性前庭疾患の場合は障害がある方の耳が下に向きます。

眼振
眼球が一定方向に小刻みに往復運動をする症状です。よく、目が回った状態と表現されます。地面に対して水平方向の眼振や、垂直方向の眼振、眼球が回転するような眼振がありますが、垂直方向の眼振は通常中枢性前庭疾患の場合だけでみられる症状です。

運動失調
平衡感覚が失われるのでまっすぐ歩くことが困難になります。左右どちらかに倒れこむように進んで行ったり、重度の場合には立つことも困難で一定方向に寝返りを打つようにぐるぐる回り続けることがあります。旋回運動といって、一定方向に歩き回り続ける症状が見られることもあります。

嘔吐、食欲不振
ヒトで言うめまいに近いような症状が続くことで、吐き気が出たり食欲がなくなってしまうことがあります。

治療

原因がはっきりしている場合は、原因となっている病気に対して治療を行うことで症状が改善することがあります。多くの場合はお薬での治療になりますが、腫瘍が原因の時などは手術が必要になることもあります。

特発性前庭症候群の場合は有効性がはっきりとした治療法が今のところはありません。吐き気などの症状がある場合は対症療法を行いながら、自然に回復を待つことも多いです。回復には数週間から数か月の時間がかかるといわれています。

いずれの場合でも、後遺症として上記の症状が残ることがあります。

 

予防

外耳炎を予防することで、内耳まで炎症が波及してしまうことを予防することができますので、前庭疾患の予防となります。日頃からこまめな耳のチェックを心がけ、耳垢の量や色、耳が臭うなどの異常がみられる場合は早めにかかりつけの動物病院さんに通院しましょう。(ケア方法につきましては、『おていれ「耳そうじ」』をご参照ください)。それ以外の原因による場合や特発性では前触れもなく突然症状が出ることが多くあります。上記のような症状がみられた場合早めに獣医師の診察を受けましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師・渡邉
2020-10-12 14:20:47
>風太様
突発性前庭症の治療中ということですね。個体差もありますが、治療の反応が出て眼振が収まるまでに、数日~数週間かかることもございますし、首の傾きは後遺症として残る場合もございます。神経的な症状はゆっくりと改善していくので引き続き様子を観て貰い、症状が悪化するようでしたら再診を待たずにかかりつけの先生にご相談頂ければと思います。
風太
2020-10-11 07:12:17
14歳柴犬男の子。
2日前に眼振、首の傾きが見られ歩けなくなったので病院に電話で相談したところ突発性前庭症と診断されました。今は自宅療養です。1日目はほとんど寝たきりでしたが、2日目になると、 数時間に1度、立とうとして足をばたつかせるようになりました。10分程‪で落ち着きますが、症状が改善されているのか悪化しているのか分からず心配です。食欲はあり嘔吐はなし、眼振や首の傾きは初日と変わらずです。
アニコム獣医師 新山
2020-09-18 12:53:56
>柴犬げんき様
前庭疾患の原因は末梢性、中枢性、特発性とあり、症状やその程度は様々です。原因に対する治療を行うことで症状の改善がみられる場合もありますが、後遺症として症状が残ることもございます。そのため、治療をお受けいただきながら、経過を見ていただけたらと思います。
柴犬げんき
2020-09-17 17:26:09
17歳柴犬男の子。先日、前庭疾患と診断されステロイドの点滴を3日連続でしています。かかりつけの病院は入院設備がなく夜間は誰もいなくなってしまうので朝一病院に預け夜迎えに行っています。今後は投薬で様子を見ていくようですが眼振があるのですが左を下にして寝ると止まりそれ以外は左右に揺れているのですが食慾も水もしっかり飲みます。今後長い目で見ていて治るものなのでしょうか?治療は時間が勝負と言われ不安です。
アニコム獣医師 米山
2020-08-11 12:44:17
>さくら様
斜頸や眼振により起立歩行できない場合、前庭疾患が疑われます。原因は、腫瘍や出血、炎症、中毒、老齢性などさまざまですが、確定するためにはCTやMRIの検査を行うこともあります。原因によって、改善するまでの時間、治療方法が異なりますので、一度かかりつけの先生にご相談いただくことをおすすめいたします。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。