ワンちゃんのフィラリア予防

フィラリア(犬糸状虫)症ってどんな病気?

フィラリア症は犬糸状虫症ともいわれ、ワンちゃんにとって非常に重要な病気です。蚊の吸血で感染することが知られていますが、予防法が確立されているのでしっかりと予防をすることが重要です。

1.フィラリア感染しているワンちゃんを蚊が吸血すると幼虫(ミクロフィラリア)が体内に侵入
2.蚊の体内でミクロフィラリアは感染能力のある幼虫に成長
3.吸血の際にワンちゃんに感染、皮膚から入り込んだミクロフィラリアが皮下や筋肉で成長
4.心臓や肺動脈に到達し、感染後 6 - 7 ヶ月で成虫となり、たくさんのミクロフィラリアを産む

 

【対象どうぶつ】

 

ワンちゃん(ネコちゃん、フェレットさんなども感染することがあります)

 

【原因】

 

フィラリアに感染することで起こる病気です。既にフィラリアに感染しているワンちゃんの血液を吸った蚊が、他のワンちゃんを吸血することにより感染します。
感染したフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)はワンちゃんの体の中を移動し、 6 - 7 ヶ月間かけてワンちゃんの体内でそうめん状の白い細長い成虫となり、心臓または肺動脈に寄生します。この成虫の寄生が原因となり体にさまざまな異常を引き起こします。

 

【症状】

 

一般的に感染初期は無症状なことが多く、その後、元気がなく疲れやすい、咳、体重減少などの症状が起こります。末期の状態となると腹水や黄疸、血色素尿、呼吸困難、失神などの症状が現れ、死に至ることもあります。

 

【治療】

 

成虫の駆虫薬を注射する方法や手術で血管から成虫を摘出する方法、フィラリア予防薬を何年間か一定の間隔で投与する方法など、寄生した成虫を駆除することが根本的な治療法となります。

 

【予防】

 

予防期間に予防薬を投与することで確実に予防ができます。しかし、予防薬の投与期間は蚊の発生期間が地域によって異なるため注意が必要です。また、フィラリア感染時には投薬による副作用が起こることがありますので、予防薬を投与する前に、フィラリア感染の有無を検査することが重要です。フィラリア予防を始める際には、予防期間や検査などについてかかりつけの動物病院にご相談ください。また、防蚊対策を行うことも重要です。
 

 

 

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。