混合ワクチン(1) <犬>

ワクチンって何?

ワクチンは、病原体を無毒化または弱毒化したものを接種し、抗体(感染症という敵に対して防御する体の働き)を作り、感染症に対する免疫力をつけることで、予防や、感染した場合にも軽症で済むことを期待するものです。
なお、接種後、免疫ができるまでには2週間前後かかります。

 

混合ワクチンの中でも、特に、犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎のワクチンは「コアワクチン」と呼ばれ、重要度が高く、予防の核になると考えられています。
接種するワクチンは、犬の健康状態や体質、お住まいの地域性などのさまざまな点を考慮した上で選択されます。
感染症の予防には、定期的なワクチン接種が非常に重要です。
 

 

接種時期について

生まれたばかりの子犬は、生後まもなく飲む母乳(初乳)中に含まれる、母犬からの免疫(移行抗体)により、さまざまな病気から守られています。しかし、この移行抗体は生後数ヶ月で消失するといわれています(消失時期には個体差があります)。
そのため、子犬にワクチン接種を行い、新しい免疫力をつける必要がありますが、接種時に移行抗体が残っていると、ワクチンの効果が十分に期待できません。十分な効果を得るためには、母犬からの移行抗体が消失する時期に接種する必要がありますが、消失時期は個体差が大きいため、初年度のワクチン接種は複数回行うことが一般的です。

 

また、翌年以降も、継続的なワクチンの追加接種により免疫を維持できることが知られています。
ワクチン接種の時期は、犬の健康状態や体質などが大きく関係するため、事前に動物病院で相談しましょう。
 

 

ワクチン接種時、接種後の注意点

・原則、健康状態が良好な時に接種を行うため、病気や投薬中等の場合は、事前にかかりつけの先生に相談してください。
・接種後、副反応※が出る場合があります。副反応は、接種後 24 時間以内に現れることが多いので、特に注意深く様子をみてあげましょう。
・接種後は犬を興奮させたり、激しい運動をするのを避けてください。接種後 1 週間ほどはシャンプーをしないようにしましょう。接種後の様子をよく見られるよう、飼い主に時間的余裕がある日の接種が推奨されます。
・接種後、異常が見られた場合は、早急に接種した動物病院に相談してください。

 

※副反応の主な症状
顔面の腫脹、皮膚のかゆみ、じんましん、嘔吐、下痢、発熱、元気消失、呼吸困難、虚脱等

 

特に、急激なワクチンの副反応として、アナフィラキシーショックが知られています。
即時型アレルギー反応によって重篤な症状を起こした状態で、体内に抗原物質が取りこまれてから数分~数十分以内にじんましんや呼吸困難、チアノーゼ、嘔吐、血液低下などがみられ、ショック状態に陥ることもあります。命にかかわるケースもあるため、早急に動物病院に診てもらいましょう。
 

 

犬の混合ワクチン その2へ進む

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

 

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

みなさんからのコメント

Comment
しゅったん
2023-11-07 18:54:33
4歳ダックスフント女の子なのですが
今年の春狂犬病接種の数時間後、突然尿を粗相しました。
かかりつけ医に相談したら、トイレ行くのを忘れただけでは?と言われました。
11月4日ワクチンを打った後は気をつけてトイレに行くよう促していたので粗相しなかったのですが11月7日午前中に排尿したきり、トイレに行かず、夜に大量の尿を粗相をしました。普段こんな事はなく、思い当たるのは注射の後です。
マリーアン
2023-08-18 15:41:39
シニア犬推定10才のダックスです。
我が家に来て3度目の5種混合ワクチンをしたのですが、翌日から元気がなく、お昼過ぎに、てんかんの様な症状が出ました。瞳孔が開き、尿が漏らし、呼吸し難い様でした。
約2、3分間。その後はてんかんらしき症状になってないです。
病院に行くべきか、様子見どうすれば良いでしよう?
アニコム獣医師
2023-08-23 14:42:56
>マリーアン様
ワクチン接種後は副反応として嘔吐や下痢、発熱、顔面の腫れ、呼吸困難などの症状がみられることがあります。重度な場合にはアナフィラキシーショックによる痙攣が起こる場合もありますが、その場合には緊急性が高く、無治療のまま書状が落ち着くという可能性は低いです。今回のてんかん様症状の原因が、ワクチン以外である可能性もあるため、一度主治医様に症状について相談いただくことを推奨いたします。
チワワmomo&さくら
2023-06-20 10:53:06
今年9歳と10歳になります。2年前のワクチン接種で顔の腫れ・かゆみ・発熱があったので昨年は抗体検査を受けて抗体(+)だったのでワクチン接種しないで済みました。ただこの先ふたり共高齢となる為、抗体が(-)となった時に受けるワクチンの量を体重に合わせて少なく出来ないのでしょうか?体重はふたりとも2.5kg前後です。
アニコム獣医師
2023-06-23 09:51:27
>チワワmomo&さくら様
1回に接種するワクチンの量はワクチンごとに決まっており、それよりも少ない量を接種した場合、ワクチンの効果が十分得られない可能性もあります。副反応が心配な場合、抗体価の検査の他にも、ワクチンの種類を変更する、事前に副反応を抑えるお薬を投与する等の対策をすることがあります。病院やわんちゃんのご状況によっても変わりますので、かかりつけの先生にもご相談されてみてください。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。