混合ワクチン(1) <犬>

ワクチンって何?

ワクチンとは感染症を予防するために、病原体を無毒化または弱毒化したものを体に接種し、感染症への抗体(感染症という敵に対して防御する体の働き)を作ることで、感染症に対する免疫力をつけるためのものです。
なおワクチンを接種してから病気への免疫ができるようになるまでには 1 週間から 2 週間かかります。

混合ワクチンは、にとって致死率の高いいくつかの感染症に対して免疫力をつけ、たとえ感染しても軽症で済むようにするためのものです。現在日本では、 2 種混合ワクチンから 9 種混合ワクチンまでのいくつかの種類が販売されています。(犬パルボウイルス感染症に対しては単体のワクチンもあります。)
通常 5 種混合ワクチンには通常、犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス感染症、犬パルボウイルス感染症、犬パラインフルエンザウイルス感染症の予防ワクチンが含まれています。
何種のワクチンを接種するか等については、の体調やお住まいの地域性などのさまざまな点を考慮の上、決定することが多いようです。
いずれにせよ、大切なを感染症から守るため、定期的なワクチン接種はたいへん重要です。

 

 

接種時期について

 

 

生まれたばかりの子犬は、生後まもなく飲む母乳(初乳)中に含まれる母犬からの免疫(移行抗体)により、さまざまな病気から守られています。しかし、この移行抗体は生後数か月で消失してしまうといわれています(消失時期には個体差があります)。

抗体が消失してからは、子犬にワクチン接種を行い、子犬自身に新しい免疫力をつけなくてはなりませんが、ワクチン接種を行ったときに、移行抗体が子犬の体に残っている場合には、ワクチンの効果が不十分となってしまいます。十分な効果を得るためには、母犬からの移行抗体が消失する時期に接種する必要がありますが、消失時期については、個体差が大きいため、初年度のワクチン接種は 2 回から 3 回に分けて追加接種を行います。

また、次年度以降のワクチン接種についても、継続的な追加接種により  免疫を維持できることが知られています。
ワクチン接種の時期については、の健康状態や体質などが大きく関係するため、かかりつけの動物病院によくご相談の上、接種されることをお勧めいたします。

 

 

ワクチン接種時、接種後の注意点

 

 

の健康状態が良好なときに接種を受けましょう。
・病気や服用中の薬などがある場合のワクチン接種の時期については、かかりつけの先生によく相談しましょう。
・接種後、ワクチンの副反応※が出る場合があります。副反応は、接種後 24 時間以内に症状が現れることが多いので、特にこの間は注意深くの様子をみてあげましょう。
・ワクチン接種後はを興奮させないようにしてください。運動も避けるようにしてください。また接種後 1 週間ほどはシャンプーをしないようにしましょう。ワクチンを接種した日はの様子をよく見てあげられるよう、飼い主の時間的余裕がある日に接種を行う必要があります。
・接種後、に異常を発見した場合は早急に接種した動物病院に相談をしましょう。
・接種後、 1 週間程度はを安静にしてストレスを避け、様子を注意深くみてあげましょう。

※ワクチン副反応の症状として次のような症状があります。
顔面の腫脹、皮膚のかゆみ、じんましん、嘔吐、下痢、発熱、元気消失、呼吸困難、虚脱

なお、即時型アレルギー反応のひとつにアナフィラキシーショックがあります。
反応が非常に重度であり、体内に抗原物質が取りこまれてから数分から数十分以内にジンマシンや呼吸困難、チアノーゼ、嘔吐、血液低下などがみられて、ショック状態に陥ることもあります。命にかかわるケースもあるため、迅速な処置が必要です。早急に動物病院さんに診てもらいましょう。

 

 

犬の混合ワクチン その2へ進む

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

 

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

 

みなさんからのコメント

Comment
琥珀
2021-10-08 14:51:28
3回目のワクチン接種後、脱力様、空嘔を始め点滴をしてもらい元気になりかけた時に顔が見る見る腫れだして可愛そうな目に合わせました。来年の接種を悩む所です
アニコム獣医師
2021-10-06 09:23:16
>かん太様
混合ワクチンの主な副反応は接種後1時間以内の嘔吐・顔の腫れ・虚脱です。又、接種後48時間以内に下痢や食欲不振などの消化器症状、元気消失、発熱、皮膚の痒みや過敏症様反応、発赤等の症状が遅れて出てくることもございます。
接種部位を触ると痛がることが多いため、接種当日は触らないようにして頂き、翌日以降、接種部位にしこりや上記のような症状が見られる場合はご通院ください。
かん太
2021-10-02 20:14:25
2回目の混合ワクチンを接種したのですが、その後、家で注射した部位を気にするようにいつも以上に鳴いています。安静にということだったのでケージからは出さずにしているのですが、患部を触ったりして確認した方が良いのでしょうか。鳴き続けているわけではなく、静かに寝ているタイミングもありますが、どのような状態であればすぐに病院に見せるべきなのでしょうか。
アニコム獣医師
2021-09-08 11:16:26
>あずきな様
ワクチンアレルギーの主な症状は顔の腫れ、消化器症状、虚脱や接種部位のみの腫れや疼痛等、様々です。注射のあとは疲れて寝たりするどうぶつさんも多いため、アレルギーではないと診断されれれば、翌年も同じ種類のワクチンを打つことが一般的ですが、獣医師の判断でワクチンの種類を変えることもあります。お住まいの地域の環境にもよるため、次回の接種時に先生とご相談頂くことをおすすめします。
あずきな
2021-09-05 09:20:54
10種混合ワクチンを接種後、接種部分が少し腫れていて触ると痛がりました。
1日観察で、いつもより、寝ている時間も多かったように感じます。今日(次の日)は元気です。
来年は、種を減らして打った方がいいですか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。