猫同士のケンカ傷について|病院に行くべき?予防できることはある?

概要

Overview

猫の歯や爪は先が細く鋭いのが特徴です。猫同士のケンカによる傷口は、小さくても奥深くまで損傷していることが多く、数日経過してから飼い主さんが傷の存在に気がつくこともあります。

 

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

原因

外の環境に出る猫の場合、猫同士のケンカがとても多くなります。男の子同士の縄張り争いや発情期の女の子の取り合いなどがケンカ原因となるので、去勢手術をしていない男の子ほどケンカ傷が絶えません。また、猫が複数で同居している場合には、嫉妬や順位の決定等でケンカすることもあります。

症状

傷口からの出血・熱感・腫れ・痛み等が症状として現れます。また、猫の歯や爪は先が細く鋭いため、皮膚の奥まで到達することがあり、傷口から細菌が感染し、数日後に患部が腫れ、膿の排出がみられることがあるため、飼い主さんがその時点で傷に気がつくことがあります。
傷の程度によっては痛みや食欲の低下、発熱、元気消失などの症状がみられることがあります。

治療

浅い傷であれば、消毒や外用薬で治療します。しかし、猫の傷は深い場合や細菌の感染を伴う場合が多く、消毒等とあわせて抗生物質や抗炎症薬の投与などを行なうことも多いです。また、皮膚が大きく裂けてしまったり、傷口が広範囲な場合には、外科的に縫合を行なったりすることもあります。

予防

猫がケンカをする機会を減らすことが予防となります。男の子の猫には去勢手術をすると、ある程度は縄張り争いの本能や行動範囲を制限することが出来ます。また、猫を室内飼いに徹することで、他の猫とのトラブルを回避することができ、予防につながります。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
こじまま
2024-03-22 07:41:01
室内飼いの猫が3匹いるのですが、別の猫が爪が引っかかり興奮しているところに近寄って鼻の頭をひっかかれたようです。傷は浅めですが病院に行った方がいいでしょうか?
アニコム獣医師
2024-03-27 10:41:13
>こじまま様
一般的にネコちゃんがひっかかれて傷ができてしまった場合には、小さく浅い傷であれば患部を清潔に保つことで自然と治ることもあります。気にして触ってしまうことで二次感染を起こす可能性もあるため、判断が難しい場合には、早めに受診いただき、傷口の状態をかかりつけの先生にも診察してもらうと安心です。
たくちゃん
2024-03-20 10:38:05
9歳くらいの元野良猫のオス猫。粗相がひどく家のどこにでも粗相します。トイレが気に入らないのでしょうか?砂も時々種類を替えています。トイレでおしっこする時もありますがほとんどトイレ以外の場所で粗相します。粗相を完全にやめさせる事はできないのでしょうか?本当に困っています。何かいい方法があったら教えて下さい。よろしくお願いします。
アニコム獣医師
2024-03-25 11:48:48
>たくちゃん様
ネコちゃんがトイレ以外で排尿してしまう原因はマーキングやストレス、泌尿器疾患などの病気、トイレの形状・配置・砂の種類などが気に入らないといったことが考えられ、原因によって対処方法が異なります。まずは動物病院で健康状態を確認してもらい、問題がない場合はトイレの配置を変更する、個数を増やす、トイレサイズを大きくする等もお勧めです。未去勢の場合は去勢手術について主治医と相談しましょう。
たくちゃん
2024-03-25 17:58:03
ありがとうございます。たくちゃんは尿石症の持病があり、今も3週間に1度通院治療中ですが粗相するのは尿石症は関係ありますか?去勢手術をさせようにもオスですが元々睾丸が無いようです。こんな事はあるのでしょうか?以前野良猫に襲われて大ケガをしたので外に出すのをやめました。そしたら粗相するようになってしまったようです。今でも外にすごく出たがりますが出していません。外に出られない事によるストレスでしょうか?

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。