犬の副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の原因や症状、治療法を解説!

概要

Overview

「クッシング症候群」と呼ばれることもあります。副腎は、左右の腎臓の近くにある、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)を分泌する内分泌器官です。このコルチゾールは、糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝、体の免疫系やストレスに対する作用などさまざまな働きを担っています。副腎皮質機能亢進症は、この副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されることにより、さまざまな症状が引き起こされた状態をいいます。中高齢の犬ではしばしば見られる病気です。

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)の診療フローチャート

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

 

原因

副腎皮質機能亢進症の発症の原因には、次の 3 つがあるといわれています。

1.下垂体依存性副腎皮質機能亢進症
 脳の下垂体と呼ばれる内分泌器官に腫瘍化などの異常が生じ、副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌され、その結果、副腎皮質ホルモンが多量に分泌されることで発症します。
 犬ではこの原因での発症が多いとされています。

2.副腎腫瘍
 副腎の腫瘍化などにより副腎皮質ホルモンが多量に分泌されることで発症します。

3.医原性副腎皮質機能亢進症
 治療のためにステロイド薬(副腎皮質ホルモン剤)を長期間、多量に投与した場合などに発症します。

症状

副腎皮質ホルモンは、体に対して多くの影響を与えるホルモンとなるため、副腎皮質機能亢進症ではさまざまな症状がみられます。
・ 多飲多尿(飲水量が増え、尿量が増す状態)
・ 食欲が異常に増加し、肥満になる
・ 腹部膨満(お腹が膨らむ)
・ 皮膚の非薄化(皮膚の厚さが薄くなる)
・ 痒みを伴わない左右対称性の脱毛
・ 皮膚の色素沈着(皮膚は色素が沈着して黒く変化します)
・ 筋力の低下(動きが鈍くなる)
・ 嗜眠(しみん:睡眠を続け、強い刺激を与えなければ目覚めて反応しない状態)
また、これらの症状のほかに合併症として糖尿病や尿路感染症などがみられることがあります。

治療

犬の症状や状態、飼い主の希望などによっても治療法は異なりますが、一般的には、内科的治療と外科的治療があります。

●内科的治療
原因が医原性にステロイドの投薬で引き起こされている場合には、ステロイド剤の投与を徐々に中止します。その他の原因による場合には、薬の投与を行ないますが、基本的には、生涯を通しての投与となります。薬には、副腎皮質ホルモンを分泌する副腎皮質の細胞を壊す薬や副腎皮質ホルモンの分泌自体をコントロールする薬などがあります。投薬にあたっては、まずホルモンの分泌が過剰となっている原因を確定します。次に、薬の必要量を確認するために、投薬前後の血液検査(血中の副腎皮質ホルモン濃度の測定)を行ないます。投与量が多い場合には副腎皮質機能低下症を引き起こす可能性があるため、注意が必要となります。また、薬の投与量や回数などについては犬の症状や副腎皮質ホルモン濃度により異なるため、定期的な検査を含め、動物病院にご相談ください。内科的治療で症状が緩和されるケースもありますが、症状が重度な場合や内科的治療を行って症状の改善がみられない場合などは、外科的治療を行うことがあります。

●外科的治療
副腎腫瘍が原因の場合は、切除可能ならば外科手術が第一選択となり、副腎を取り出す手術を行います。また、脳の下垂体腫瘍が原因の場合、手術により切除する方法がありますが、非常に困難で危険性が高い手術といわれています。外科手術については犬の症状や状態などによって、適応時期や手術方法が異なります。また、外科的治療を行う場合は、麻酔のリスクや手術後の安静期間、ケア方法、費用につきましても、かかりつけの動物病院とよくご相談ください。

予防

早期発見、早期治療が大切です。動物病院でのこまめな検診をお勧めします。ご自宅では、犬の行動や飲水量、尿量、皮膚の状態や脱毛の有無などのチェックを行ないましょう。また、上記に記載の症状が見られる場合は、早めに動物病院へご通院ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
未来
2024-02-24 15:42:04
続きです
今、食欲が戻るまで薬はなしで、戻ったら1日5mgを一回と言われました
年齢もあるので足のふらつきは年なのかな?とも思ったり色々調べてみたら薬の副作用で、足のふらつきもあるみたいなので今は薬は飲んでませんが、副作用だったら何日位で副作用は治りますか?
食欲は戻ってきてるのですが、また薬を飲み始めたらふらつきが酷くなったらどうしよう?と不安です
アニコム獣医師
2024-02-28 09:26:34
>未来様
副作用によるふらつきの場合には休薬から1~2日ほどで症状が改善することが多いですが、ワンちゃんの状態や体質、代謝によっても多少前後します。長期の投薬によって副腎皮質ホルモン不足状態になってしまっている場合には、休薬だけでなくホルモン補充が必要な場合もあるため、改善が無い場合にはご受診いただくことをおすすめします。
未来
2024-03-02 14:22:08
返信ありがとうございました
食欲も戻り元気ですが
やはりふらつきは治まってないのでまた病院に行ってみます
ありがとうございました
未来
2024-02-24 15:33:12
今年で14歳のマルプー♂、クッシングと診断されてアドレスタン1日置きに15㎎を飲み続けて五年位経ちます。特に異常はなく生活してましたが、先週急に食欲が無くなり2、3日様子を見ていたら後ろ足が震えていて今まで普通に登っていたソファーや階段が上れなかったり、片足上げてのおしっこもふらついていたり様子がおかしいので病院に行き血液検査をしたら異常はなく、先生の診断はアドレスタンが強すぎ?かもしれないとの事
チャク
2024-02-15 17:54:30
クッシング症候群でトリロスタンを内服中です。少しずつ増量して8か月になります。最近飲水量が安定してきたのですが、今日嘔吐しました。嘔吐物は茶色で食事を消化できてないようなドロっとした感じです。食後10時間くらいで嘔吐しました。食事をいつも通り与えていいのでしょうか。また、薬は与えていいのでしょうか。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。