尿毒症 <犬>

概要

Overview

腎臓は、ワンちゃんの体の中で不要になった老廃物や毒素を尿の中に排出を行っている臓器ですが、この腎臓が障害を受けて十分に機能しなくなると、老廃物や毒素が体内に蓄積し、様々な障害を生じます。この状態を尿毒症といいます。

原因

尿毒症は腎機能が障害され、有害な物質が体内に蓄積することで起こります。腎機能障害には、細菌やウイルスの感染による腎炎や外傷・薬物などによる中毒、心不全やショックなどによる腎血流量の低下、免疫疾患などによる腎炎、尿路結石症などによる尿路の閉塞などさまざまな原因があげられます。

症状

食欲不振や嘔吐、下痢、元気消失、体重減少、口臭などの症状があらわれ、重症になると意識の混濁や痙攣などの神経障害が起き、死に至ることもあります。

治療

尿毒症の治療では、体内に蓄積した老廃物を尿と一緒に除去することが主体となります。
その方法としては、点滴(静脈点滴や皮下点滴など)や利尿剤の投与により尿量を増やすことや、腹膜透析などを行うことで、老廃物の排出を促します。
また、腎障害の原因となっている疾患がある場合はその治療も同時に行います。

予防

尿毒症を引き起こす腎障害の原因となる疾患の早期発見、早期治療が重要となります。定期的な血液検査や尿検査などの健康診断を受けることも大切です。腎障害を起こすと、多飲多尿の症状を示すことが多く、尿路結石などによる尿道閉塞では排尿障害が起こることから、ご自宅では、ワンちゃんの飲水量・排尿の状態のチェックをこまめに行ないましょう。上記のような症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ぷーちゃん
2020-08-19 16:35:50
ありがとうございます❣
病院を変えてみました。
アニコム獣医師 佐藤
2020-08-18 11:39:12
>ぷーちゃん様
栄養を取る為に食事が可能なのであれば、少しずつでも構いませんので、液体状の療法食等を与えてみてください。(例えばですが、小さなシリンジに入れて口の横から入れる等の方法があります。)それでもやはりお水しか飲めないのであれば、点滴にて栄養補給するといった処置が必要になる可能性もありますので、かかりつけの先生にも、食事の与え方についてご相談をしていただければと思います。
ぷーちゃん
2020-08-17 16:59:47
ご返信ありがとうございます。お盆中に検査をしたところBUNが又214という人間では生きているのが不思議な高値に上がっていて、殆どお水だけしか口にしなくなりました。獣医さんも下痢止めと胃薬だけで食べれる物をとしか、ステージ4だからと言われてます。
療養食を無理やり口の横から入れたりした方がいいのでしょうか?
衰弱していくのを見ていられないです。可哀想で…
アニコム獣医師・山田
2020-08-17 14:39:04
>ぷーちゃん様
尿毒症を発症すると口腔内や胃などの粘膜が荒れ、吐き気、脱水が起こることで食欲が出ず、食べても吐いてしまうという症状がみられることがあります。食欲が著しく低下している場合は、食べれるものを優先していただきながら、上記の症状を緩和する治療により少しずつ食欲の改善が認められるケースもあります。現在の治療に加えて行えることがないかかかりつけの先生とも再度ご相談いただければと思います。
ぷーちゃん
2020-08-14 16:46:15
去年の3月より腎不全尿毒症発症腎臓食を食べていたのですが、今は全く食べず、鶏むね肉さつまいもの湯がいた物しか食べず、今ではおやつのボーロしか食べません、BUN180という数値で、食べたら吐くの繰り返しです。獣医からは看護しかないと言われてます。今はジュレとボーロと桃しか食べないのですが、このまま衰弱していくのを見届けるだけしか出来ないのでしょうか?
お水は飲みます。アドバイスお願い致します。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。