尿毒症 <犬>

概要

Overview

腎臓は、犬の体の中で不要になった老廃物や毒素を尿の中に排出を行っている臓器ですが、この腎臓が障害を受けて十分に機能しなくなると、老廃物や毒素が体内に蓄積し、様々な障害を生じます。この状態を尿毒症といいます。

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

原因

尿毒症は腎機能が障害され、有害な物質が体内に蓄積することで起こります。腎機能障害には、細菌やウイルスの感染による腎炎や外傷・薬物などによる中毒、心不全やショックなどによる腎血流量の低下、免疫疾患などによる腎炎、尿路結石症などによる尿路の閉塞などさまざまな原因があげられます。

症状

食欲不振や嘔吐、下痢、元気消失、体重減少、口臭などの症状があらわれ、重症になると意識の混濁や痙攣などの神経障害が起き、死に至ることもあります。

治療

尿毒症の治療では、体内に蓄積した老廃物を尿と一緒に除去することが主体となります。
その方法としては、点滴(静脈点滴や皮下点滴など)や利尿剤の投与により尿量を増やすことや、腹膜透析などを行うことで、老廃物の排出を促します。
また、腎障害の原因となっている疾患がある場合はその治療も同時に行います。

予防

尿毒症を引き起こす腎障害の原因となる疾患の早期発見、早期治療が重要となります。定期的な血液検査や尿検査などの健康診断を受けることも大切です。腎障害を起こすと、多飲多尿の症状を示すことが多く、尿路結石などによる尿道閉塞では排尿障害が起こることから、ご自宅では、犬の飲水量・排尿の状態のチェックをこまめに行ないましょう。上記のような症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
クーのお父さんより
2021-03-09 20:40:24
3月に入り突然ぐったりとしてしまい食事もしなくなったので獣医さんに診てもらいました、結果は腎臓病(尿毒症)で数値もかなり高くなっていてあまりよくないとのことでした。数回点滴をしましたが5日後には旅立ってしまいました。思えば1月頃から以上に水を飲むようになったことです。尿毒症になっていることにきずかなかったことが今、悔やまれてなりません。1月~2月初めまでは元気に散歩していましたので。早い時期にきず
ラッキーママ
2020-11-27 14:57:34
返信ありがとうございました。今、シリンジで水や腎臓を患う子用の粉を溶かして飲ませ摂取してます。少しずつですが増やし毎日を過ごしてます。しかし昼と夜が逆転してきて不安です。
アニコム獣医師
2020-11-24 11:03:53
>ラッキーママ様
ご家庭で出来ることとしては、栄養食やお水をシリンジで口の横から少しずつ与えたりする方法があります。また、動けなくなると褥瘡になることがあるため、反発性のあるマットレスを設置したり、無理のない範囲で体勢を変えることを推奨する場合もありますが、状況にもよりますので病院の先生にもご相談いただくと良いかと思います。
ラッキーママ
2020-11-19 13:51:05
14歳のダックスフンドです。5年前にヘルニアになり下半身不随、おしっこは自分では出せず膀胱圧迫や病院でのカテーテルでの尿を出していました。最近膵炎を患いましたがなんとか退院しましたが今度は尿毒症になり一切食事も取れない、水は自分では取れない状況です。病院で皮下注射で水分は取れてますが少しでも楽にさせてやりたい。病院ではもう皮下注射ぐらいしかしてやれないと。何か家族に少しで出来る事はないでしょうか?
ぷーちゃん
2020-08-19 16:35:50
ありがとうございます❣
病院を変えてみました。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。