鼻炎 <犬>

概要

Overview

鼻炎とは鼻腔内(鼻の穴)の粘膜に炎症が起こった状態のことをいいます。犬の鼻炎は、ウイルスや細菌、真菌など感染症によるもの、アレルギーや鼻腔内の腫瘍によるもの、また、異物の吸引や口腔内の疾患に続いてして発生するものなど様々な原因があります。

※コメント欄は、同じ病気で闘病中など、飼い主様同士のコミュニケーションにご活用ください!記事へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※個別のご相談をいただいても、ご回答にはお時間を頂戴する場合がございます。どうぶつに異常がみられる際は、時間が経つにつれて状態が悪化してしまうこともございますので、お早目にかかりつけの動物病院にご相談ください。

お近くの動物病院をお探しの方はこちらアニコム損保動物病院検索サイト

鼻炎の診療フローチャート

原因

子犬では鼻炎を起こす原因は感染症によるものが多く、細菌、ウイルス、真菌の鼻腔内の感染によって発症します。鼻炎を起こす代表的なウイルス感染症の中には犬ジステンパー感染症があります。感染症の他に、最近ではヒトと同様、花粉やハウスダスト、イエダニ等によるアレルギー性鼻炎や刺激性の薬品・煙・異物の吸引によっても鼻炎を起こすことがあります。また、歯の根元に炎症がおこり、鼻まで炎症が波及する場合や、口蓋裂など口腔内の疾患に起因する場合などもあり、また、鼻腔内に腫瘍が発生して、鼻炎が起こることもあります。

症状

主な症状は、くしゃみや鼻汁です。悪化すると鼻づまりの症状や粘液性の膿のような鼻汁がみられ、血液が混ざることもあります。そうなると、犬は鼻で呼吸することが難しくなり、口をあけて呼吸したりする症状がみられます。

治療

まず、鼻炎の原因を見極めていくことが治療への第一歩となります。鼻炎を起こしている原因の治療を行い、症状によっては、抗生剤や消炎剤などを投与します。症状が軽ければ数日で改善が見られますが、原因によっては慢性化してしまい、改善まで長い時間がかかることもあります。

予防

犬ジステンパー感染症は感染症予防のためのワクチンを定期的に接種しましょう。感染症予防のためには寒さや乾燥した環境にも注意が必要です。その他、口腔内の歯周炎などの炎症を予防するためには歯磨きが効果的ですので、犬に歯磨きの習慣をつけましょう。また、鼻水、くしゃみなど鼻炎の症状がみられたら慢性化する前に早めの通院、治療をしましょう。

病気のデータ

Disease data

病気のかかりやすさ(%)

平均年間通院回数
通院1回あたりの平均単価
他の動物種のデータを見る

病気のデータ

他の動物種のデータを見る

みなさんからのコメント

Comment
ちぃやんれ
2024-04-09 20:33:35
15歳半、チワワ、オスです。
CT検査で腫瘍や異物ではないことは判明しており、鼻水は透明で粘り気があるためアレルギー性ではないかとのことです。
抗生剤の服用も効果がなく、腎臓・肝臓の値が悪いため、ステロイドを使うのをためらっています。
長い間、アタラックスを服用していますが、最近は効果を実感しておりません。
なるべく薬を減らしたいのですが、アタラックスは慢性鼻炎に効果があるのでしょうか?
アニコム獣医師
2024-04-12 10:08:44
>ちぃやんれ様
抗ヒスタミン薬のアタラックスには、アレルギー反応を抑える作用があり、何らかのアレルゲン物質によるくしゃみ・鼻水や鼻炎、席の症状を改善すると言われています。ただ、鼻炎の原因はウィルス感染、細菌や真菌感染、アレルゲンによるものなど様々あり、効果の有無は原因によっても変わります。投薬しても変化が見られず、効果が分かりにくい場合は、一度かかりつけの先生にご相談ください。
FB福
2022-07-26 18:43:47
すみません。続きです。
消炎剤(プレビコックス)を服用している間は逆くしゃみが1日1回程度に治りますが服用を止めると一日中逆くしゃみをしていて辛そうです。篩板が壊されてるので完治は出来ないのでしょうか?消炎剤を服用し続けていて副作用なども心配です。
何かアドバイスなどありましたら宜しくお願いします。
アニコム獣医師
2022-07-29 09:43:17
>FB福様
細菌感染などの場合、治療に数か月かかることも多いです。逆くしゃみは短頭種さんでは非常に多くみられるものであり、CT検査でも異常なしとなると、今後は完治というよりは症状と付き合っていくといったイメージになります。
なお、消炎剤(プレビコックス)は比較的長期間使用できるお薬ですが、どのお薬にも長期使用による内臓数値の上昇などの副作用は存在しますので、今後も定期的な身体検査は必要です。
FB福
2022-07-26 18:37:29
フレンチブルドッグ10歳です。
逆くしゃみを頻繁にするようになり様子見していましたが鼻水を噴射した時に鼻血(鮮血)を出した為、病院でCT検査してもらいました。異物や腫瘍などは見つからず左の鼻の穴の奥が炎症していたのと細菌感染していたのと篩板が壊されてるとの診断でした。
抗生剤を1ヶ月、消炎剤(プレビコックス)を間隔あけながら服用し続けていますが逆くしゃみが治りません。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。