ワンちゃんの肛門腺のお手入れ

肛門腺とは

肛門の左右(時計に例えれば4時と8時の位置)にある一対の袋を肛門嚢(腺)といいますが、この中に悪臭がする分泌物(液体〜ペースト状)が入っています。
この分泌物が「肛門嚢液」、あるいは「肛門腺液」などと呼ばれているものです。
通常、ウンチをする時に肛門腺が圧迫されて、ウンチと共にこの分泌物が排泄されます。
ところが、生まれつきこの肛門腺が出にくいワンちゃんや、下痢などによる炎症が原因で排出する穴がふさがってしまっているワンちゃんの場合は、肛門腺液が溜まり続けてしまいますので定期的に絞ってあげることが必要です。分泌物はワンちゃんによって液状であったり、粘土状であったりと様々です。色も薄黄色から黒茶色、灰色とバラエティーに富んでいます。

【関連記事】

肛門嚢(腺)炎<犬>


肛門腺絞り

 

肛門腺の役割

ワンちゃんやネコちゃんはこの肛門腺の臭いで自分以外の相手を識別したり、縄張りの臭い付けに利用したりしています。

 

肛門腺絞りの目安

肛門腺がたまってしまうワンちゃんは、個体差もありますが、月一回程度絞ってあげることが必要です。シャンプーの時などに絞ると、お尻の汚れや臭いをそのまま洗い流せるのでお勧めです。月に1回程度は絞り出してあげてください。

若いころにはたまらなかったワンちゃんでも年齢とともに分泌液の状態が変化してきて貯まりやすくことがありますので、時々貯まっていないか触って確認してあげるとよいです。
大型犬に比べると、小型犬や中型犬、または肥満犬の方が、肛門腺が溜まりやすいと言われています。肛門腺がたまってくると、ワンちゃんは気になるため肛門を舐めたり、お尻を床に擦りつけたり、自分の尾を追いかけたりします。

 

肛門腺の絞り方

1.ビニール、ティッシュ、ウエットティッシュなどを用意します。

肛門腺絞り

2.しっぽを持ち上げて肛門が見えるようにします。

肛門腺絞り

3.肛門から押し出すように絞りだします。
この時に、勢い良く出てくる可能性もありますので、肛門をティッシュで覆い、絞るようにすると良いでしょう。(飛び散ると非常に臭いです。)

4.絞った後、お尻の汚れを拭きましょう。

肛門腺絞り

たまった肛門腺を絞らないとどうなるの?

肛門腺がうまく出ないでどんどんたまり続けてしまうと、炎症をおこしてしまい化膿しやすくなります。また、悪化するとお尻の皮膚が破けてしまうこともあります。
このように炎症が起こっている状態を肛門腺炎、さらに悪化して皮膚が破けると肛門腺破裂と呼んでいます。

 

肛門腺炎・破裂の症状は?

ワンちゃんは肛門に不快感を覚え、肛門を舐めたり、咬んだり肛門を床に擦りつけたりします。
自分の尾を追いかけるなどの仕草をすることもあります。また、肛門付近の皮膚が破れると出血したり、そこから膿が出てきたりする場合もあります。

【関連記事】

肛門嚢(腺)炎<犬>

 

どんな風に治療をするの?

肛門腺を絞ってたまりすぎている分泌物を排出させます。また炎症がひどい場合や化膿が起こっている場合には化膿止めなどの薬(外用薬・内用薬)の投与を行います。
皮膚が破けてしまっている場合には消毒や外科的に縫合が必要なこともあります。

肛門腺絞り

 

予防方法は?

肛門腺がたまりやすいワンちゃんは、定期的に絞ってあげましょう。

 

自宅での肛門腺絞りが難しい場合は?

コツをつかむと簡単な肛門腺絞りですが、それまではなかなか上手に出来ないものです。
コツといっても千差万別、ワンちゃんの顔が皆違うように、肛門腺のある位置もそれぞれ異なります。また、絞りやすい子もいれば、絞りづらい子もいますし、中には肛門腺の分泌物が固くて絞ることが難しい場合もあります。肛門嚢の位置によってはかからだの外からでは絞れないこともあります。
このようなときは獣医さんやトリミングなどで絞ってもらい、肛門腺絞りのコツを教えてもらっても良いでしょう。

 

【関連記事】

肛門嚢(腺)炎<犬>

【関連リンク】

スカンクと犬猫の共通点を知ろう|アニコムユー

みなさんからのコメント

Comment
アニコム獣医師
2020-11-25 11:02:00
>さらさ様
肛門腺に液体が溜まるまでの期間はワンちゃんによって様々ですので、溜まりやすい場合は1週間から10日に1回絞ることもありますし、溜まりにくい子は2~3カ月に1回の場合もあります。また、お尻をこすったり気にする場合は、肛門腺が溜まっていることもありますし、皮膚炎など他の原因もありますので、一度かかりつけの先生にもご相談ください。
さらさ
2020-11-21 23:55:50
初めまして。我が家のチワワが、散歩中にお尻を道路になすりつけます。肛門絞りはどのくらいの頻度でするべきでしょうか?
えーっ
2020-11-02 00:35:25
えーっ、2頭15年約30年飼って看取りましたが、初めて知りました。
今思うと2代目の柴が恐らく肛門腺が原因で化膿してしまったようです。母親が行った獣医からは塗り薬しか貰って居なかったと記憶しています。肛門絞りは初めて聴きました。外犬で庭で駆けずり回り元気な子でしたが、長い事肛門の化膿には悩まされていた子だったので気の毒でした。
今は御社のようなサイトがあって良い時代ですね。
アニコム獣医師・米田
2020-10-19 10:35:12
>わんこ様
肛門腺の中の分泌物は毎日生成され、量はワンちゃんによって異なります。状況によっては頻回肛門腺しぼりを行うこともありますが、毎日行うと皮膚が赤くなるなど症状が出る場合もあります。また肛門腺を毎日絞らないといけないほど多量に溜まる場合は炎症を起こして膿や血液が溜まっている可能性がありますので、再度かかりつけの先生に問い合わせいただくことをお勧めします。
アニコム獣医師・米田
2020-10-19 10:09:18
>ノッティングヒル様
肛門腺が貯留するペースは個体差があり、1週間に1回から、2~3ヶ月に1回の子までいます。フードを変更しても変化が無い場合、これまでと同様にこまめに絞っていただく事が多いですが、お尻を引きずることで肛門腺の炎症をくり返したり、用手にて絞れない場合、腫瘍ができた場合は摘出手術を勧めることもありますので、今後の方法はワンちゃんの状態により変わりますので再度先生とご相談ください。

コメントを書く

※20文字以内で入力してください
※200文字以内で入力してください
画像
最大3ファイル / 64 MB 制限 / 許可されたタイプ: png gif jpg jpeg

アニコム損害保険株式会社

アニコム損害保険は、ペット保険を通じて、飼い主様の涙を減らし笑顔を生み出す保険会社を目指しています。

保険金支払データの分析を通じ、どうぶつがケガをしない、 病気にならないための情報の提供など、予防促進に取り組んでまいります。